スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAPSULE★NEWアルバム「CAPS LOCK」レビュー

 これまで、PerfumeのアルバムとCAPSULEのアルバムが、ほぼ同じ時期に発表されるということは無かったわけです。
 
 めったにない、この2大ヤスタカワークスの天文学的大接近(?)に、僕は大いなる興味を抱いていたのですが、果たして‥‥

    ★

 正直言って、Perfumeの「LEVEL3」の発売直後は、「「LEVEL3」と「CAPS LOCK」は、非常に似た雰囲気の作品になるのでは?」と推測しておりました。

 なぜなら「L3」は、ここ数作のCASULEのアルバムで得た成果を、ごそっと盛り込んだような内容になっていたからです。
 それにより、ついに(?)PerfumeとCAPSULEの世界は共通項を見出し、兄弟(姉妹)のような関係を結ぶのではないか、と。


 ‥‥ところが、目(耳)の前に現れた「CAPS LOCK」は、「L3」とは似ても似つかぬ音世界を持った作品だったわけです、これが。

    ★

 正直、衝撃的でありました。

 アルバムを埋め尽くすのは、余分なものを全てそぎ取ってしまったような、「純音楽」とでも呼びたくなるようなコアな作品群。


 「きゃりー」がヤスタカワールドに登場してから、ヤスタカ先生はその内なるポップな部分というか、コマーシャル(商業主義)な部分のほとんどを、彼女に捧げてしまったのは、分かっておりました。

 一方で、クラブミュージック(ダンスミュージック)の追求は、ずっとCAPSULEの役目だった訳で、ここ最近、Perfumeはその中間地点のような場所で、振り子のように揺れ動いていたようにも感じます。


 しかし、ヤスタカ先生は「LEVEL3」で、そのクラブミュージックな部分すらも、Perfumeに全て投げ与えてしまったのか。

 そうとでも思いたくなるほど、「CAPS LOCK」の音楽たちは、ライブ会場やらクラブでかかることなど全く想定されていない、恐ろしくパーソナルな「作品」になっている。

 そうなんですよね、「歌」とか「曲」ではなく、「作品」と呼びたくなるような音楽ばかり。

   ★

 今や、J-POP界の2大モンスターとなってしまった、きゃりーとPerfume。

 その双方に楽曲を提供し続けるということがどんなことなのか、素人のボクには完全には想像がつきませんが、恐らくいろんな人間が、いろんなことを言ってくるだろうということは、分かるような気がする。

「ああ、分かってますよ。あの白い犬のCMに打ち勝つような、キャッチーなCMソングが必要なんですよね」
「2大ドーム公演で盛り上がるような楽曲が欲しい? OK,、OK、任せて」

 ‥‥なんて言うのは、まだいい方で、いらないプレッシャーをかけるようなことを言ってくる人間だって、きっといるはず(笑)。

 そういう外野の声を消化しつつ、それらの「仕事」をきちんとやり終えたあと、

「もういいだろ。好きに、やりたいようにやらせてくれよ」

 とばかりに、楽器(PC)の前に座り込んだ結果、この「CAPS LOCK」は出来上がった。
 ‥‥なんて、勝手に僕は想像しています(笑)。

 いわゆる「ポップミュージック」やら「ダンスミュージック」の縛りからは完全に開放されて‥‥
 どころか、「CAPSULE」であることからも、自らを開放してしまったようにさえ、ボクは感じる。
 (だから、こしじまとしこさんのヴォーカルさえ、もはや楽器の一部)

 ただの「音楽作品」がそこにあるだけ。

 あれだけおしゃれに決めていたジャケットも、今回はだたの白黒の「C」一文字。
 曲名も、「SHIFT」「ESC」「SPACE」と続くように、もはや意味を成していない。
 付けただけで、曲名と内容は、もはや何の関係も無し。

 まるでそれ以上は「音楽の邪魔になる」とでも言うように。

 そして、「音楽家」中田ヤスタカのコアにあるものがどんなものなのか、僕らは知らされる。

    ★


 ここからは「感想」。

 この「CAPS LOCK」に含まれている「音楽作品」群が、どれもこれも、僕の耳にはとても心地よい。

 正直に告白してしまおう。

 純粋に「聴く」音楽アルバムとしてなら、「LEVEL3」よりも、この「CAPS LOCK」の方が、僕にとっては遥かに刺激的で、同時に気持ちがいい、です。

 (まあ、Perfumeのアルバムというのは、所詮「ライブのためのサウンドトラック」であり、恐らく「LEVEL3」の真価は、12月の京セラドームで観せてもらうことになるんだろうけれど)

 もし、Perfumeの三人だけでなく、中田ヤスタカという人が作る音楽に少しでも興味のある人ならば、このアルバムは必聴です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。