スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★新曲「Sweet Refrain」フルOA!


 ついに新曲「Sweet Refrain」が、PerfumeLocksでフルOAされた!

 いやあ、やっぱり素晴らしいです、この曲は。

 ドラマの主題歌にふさわしいキャッチーで素晴らしいメロディを持ちながらも、思わずフロアを蹴って踊りたくなるようなダンスミュージックにもしっかりとなっている。

 まさに、カラオケで歌って良し、クラブで踊って良し、ライブで騒いで良しの、万能Perfume印ポップミュージック。

 「Magic of Love」がリリースされた時、多くのファンが「王道Perfumeソングが戻って来た」という感想を持ったようだけれど、今の時点で振り返ると、あの曲はちょっと大人し過ぎたかなあ‥‥。
 ‥‥そんな風に思わせるほど、この新曲は、僕の心と身体を熱くしてくれます。

    ★

 Perfumeのいわゆるシングル曲で、これほど興奮させられたのは、なんだか随分と久しぶりのような気がします(笑)。

 「悪くはないんだけど、カップリング(B面)曲の方が、興味深いよなあ」
 「やっぱ、Perfumeはシングルよりもアルバム曲だよなあ」

 ‥‥なんていう感想を、ずっと抱き続けてきたような気もしますわ。


 一方で、ヤスタカ先生はきゃりーに対して、「ファンションモンスター」のような、百点満点の「ポップ」ミュージックを提供していたわけで、
 それを横目で見ながら、
 「もうヤスタカ先生は、「ポップ」はきゃりーに任せて、Perfumeは「アート」方向なんかなあ」
 とちょっと諦め(?)に似た感情を、感じていたのも事実です(笑)。

    ★

 でも、ここに来て‥‥

 というか、あの「LEVEL3」を発表した直後というタイミングで、こんな「ド」の字が着くポップな曲を、ガツーンとかまして来てくれるなんて、相変わらず先の読めないお方です、ヤスタカ先生は‥‥。


 ラジオでPerfumeが、

 「長澤まさみさんの主演ドラマの曲だから、ヤスタカ先生が張り切って作った」

 なんていう冗談を言っておりましたが、それに乗っかると、なるほど、「長澤さん」に刺激されたヤスタカ先生の男性ホルモンが、この曲の素晴らしい推進力を生み出したのかもしれないです。
 
 ‥‥なんてね、ははは(笑)。


 ‥‥というか、マジでそういうことなのかもしれない、という気もちょっとはするのが、怖い(笑&汗)。

スポンサーサイト

CAPSULE★NEWアルバム「CAPS LOCK」レビュー

 これまで、PerfumeのアルバムとCAPSULEのアルバムが、ほぼ同じ時期に発表されるということは無かったわけです。
 
 めったにない、この2大ヤスタカワークスの天文学的大接近(?)に、僕は大いなる興味を抱いていたのですが、果たして‥‥

    ★

 正直言って、Perfumeの「LEVEL3」の発売直後は、「「LEVEL3」と「CAPS LOCK」は、非常に似た雰囲気の作品になるのでは?」と推測しておりました。

 なぜなら「L3」は、ここ数作のCASULEのアルバムで得た成果を、ごそっと盛り込んだような内容になっていたからです。
 それにより、ついに(?)PerfumeとCAPSULEの世界は共通項を見出し、兄弟(姉妹)のような関係を結ぶのではないか、と。


 ‥‥ところが、目(耳)の前に現れた「CAPS LOCK」は、「L3」とは似ても似つかぬ音世界を持った作品だったわけです、これが。

    ★

 正直、衝撃的でありました。

 アルバムを埋め尽くすのは、余分なものを全てそぎ取ってしまったような、「純音楽」とでも呼びたくなるようなコアな作品群。


 「きゃりー」がヤスタカワールドに登場してから、ヤスタカ先生はその内なるポップな部分というか、コマーシャル(商業主義)な部分のほとんどを、彼女に捧げてしまったのは、分かっておりました。

 一方で、クラブミュージック(ダンスミュージック)の追求は、ずっとCAPSULEの役目だった訳で、ここ最近、Perfumeはその中間地点のような場所で、振り子のように揺れ動いていたようにも感じます。


 しかし、ヤスタカ先生は「LEVEL3」で、そのクラブミュージックな部分すらも、Perfumeに全て投げ与えてしまったのか。

 そうとでも思いたくなるほど、「CAPS LOCK」の音楽たちは、ライブ会場やらクラブでかかることなど全く想定されていない、恐ろしくパーソナルな「作品」になっている。

 そうなんですよね、「歌」とか「曲」ではなく、「作品」と呼びたくなるような音楽ばかり。

   ★

 今や、J-POP界の2大モンスターとなってしまった、きゃりーとPerfume。

 その双方に楽曲を提供し続けるということがどんなことなのか、素人のボクには完全には想像がつきませんが、恐らくいろんな人間が、いろんなことを言ってくるだろうということは、分かるような気がする。

「ああ、分かってますよ。あの白い犬のCMに打ち勝つような、キャッチーなCMソングが必要なんですよね」
「2大ドーム公演で盛り上がるような楽曲が欲しい? OK,、OK、任せて」

 ‥‥なんて言うのは、まだいい方で、いらないプレッシャーをかけるようなことを言ってくる人間だって、きっといるはず(笑)。

 そういう外野の声を消化しつつ、それらの「仕事」をきちんとやり終えたあと、

「もういいだろ。好きに、やりたいようにやらせてくれよ」

 とばかりに、楽器(PC)の前に座り込んだ結果、この「CAPS LOCK」は出来上がった。
 ‥‥なんて、勝手に僕は想像しています(笑)。

 いわゆる「ポップミュージック」やら「ダンスミュージック」の縛りからは完全に開放されて‥‥
 どころか、「CAPSULE」であることからも、自らを開放してしまったようにさえ、ボクは感じる。
 (だから、こしじまとしこさんのヴォーカルさえ、もはや楽器の一部)

 ただの「音楽作品」がそこにあるだけ。

 あれだけおしゃれに決めていたジャケットも、今回はだたの白黒の「C」一文字。
 曲名も、「SHIFT」「ESC」「SPACE」と続くように、もはや意味を成していない。
 付けただけで、曲名と内容は、もはや何の関係も無し。

 まるでそれ以上は「音楽の邪魔になる」とでも言うように。

 そして、「音楽家」中田ヤスタカのコアにあるものがどんなものなのか、僕らは知らされる。

    ★


 ここからは「感想」。

 この「CAPS LOCK」に含まれている「音楽作品」群が、どれもこれも、僕の耳にはとても心地よい。

 正直に告白してしまおう。

 純粋に「聴く」音楽アルバムとしてなら、「LEVEL3」よりも、この「CAPS LOCK」の方が、僕にとっては遥かに刺激的で、同時に気持ちがいい、です。

 (まあ、Perfumeのアルバムというのは、所詮「ライブのためのサウンドトラック」であり、恐らく「LEVEL3」の真価は、12月の京セラドームで観せてもらうことになるんだろうけれど)

 もし、Perfumeの三人だけでなく、中田ヤスタカという人が作る音楽に少しでも興味のある人ならば、このアルバムは必聴です。

Perfume★新曲「Sweet Refrain」は「LEVEL4」!?

 「LEVEL3」の発売やら、それに合わせたTV出演だのなんだので、新曲「Sweet Refrain」のことは、すっかり忘れておりました(笑)

 「都市伝説の女」というなんだかよく分からない(笑)タイトルのドラマの主題歌だそうだし、そもそもPerfumeが関わる「~の主題歌」にあまりイイ記憶が無い(?)ことも、なんとなくこの新曲のことを忘れさせる一因になっていたかもしれませんが‥‥。

 けれど、ドラマの放送開始と共に公開された、この曲のショートバージョンを聞いたのだけれど‥‥

 ええ? ちょっと、いいんじゃない、これ!

    ★

 AメロもBメロも、とてもキャッチーで美しいメロディ。

 ちょっとダブステップ風の味付けの箇所もあるけれど、全体的にはCapsuleの「クライダー」を思わせるような、爽やかなサウンド。

 そしてリフ部は、思わず床を蹴って躍り上がりたくなるほどダンサブル。

 こいつはヤスタカ印の、完全なる上質なポップミュージックだ。
 (まだ2分弱のショートバージョンだけど(笑))

    ★

 明らかに、「LEVEL3」とは方向性が違う。

 というより、重厚作「LEVEL3」を眉間にしわを寄せて聴いていた自分の身体から、ふっと力が抜けて、青い空に向かって登っていくような開放感すら感じさせてくれる。

 「ボクらを「LEVEL4」に連れて行ってくれる曲」というのは、ちょっと気が早いか(笑)。

    ★

 別に「LEVEL3」を否定するわけではないけれど、あのアルバムに欠けていたものが何かを、改めて気づかせてくれるなあ、この曲は。

 いや、「LEVEL3」からの、この振れ幅自体が、気持ちいいのかもしれない。

 それもまた、Perfumeファンの醍醐味、ということで(笑)


 で、完全版の発売はいつ?
 早く全曲が聞きたい!

Perfume★「LIVEL3」アルバムレビュー!

 前作「JPN」の成功(作品的にも商業的にも)を受けての、2年ぶりのフルアルバム。

 「歌って踊る」グループが(K-POPを含め)世に溢れ返っていて、その全てが「キャッチーで明るく楽しく、みんなで踊ろ」の旗を立てて、ひとかたまりに進んでいっている流れのなか、このブームを作り出したと言っても過言でなく、かつ「JPN」でその先頭を突き進んでいたはずのPerfumeが、ポンとその潮流から飛び降りて、再び前人未到の荒野を進み始めた。

 ‥‥のかもしれないです。
 この「LEVEL3」で。

    ★

 「JPNが大好き」
 「JPNでPerfumeのファンになった」
  という人たちは、このアルバムに拒否反応を示すかもしれないなあ。

 ほんの小さな隙間さえ許さない、とばかりに、ぎっちぎちに詰め込まれた、肉厚で硬質なエレクトロサウンド。

 おそらくこのアルバムの中で最も知られているはずのポップな「Spring of Life」も、エレキでぎっちりサンドイッチされている。
 何も手が加えられていないはずの「未来のミュージック」でさえ、このアルバムの中に入っていると、その軽いメロディーとサウンドが、かえって無機質に聞こえてしまう。

 「JPN」全編に溢れかえっていたあの「甘さ」は一体どこへ? と問いたくなるほど。
 (僕個人はPerfumeに「甘さ」なんてまったく求めていないので、まったく構わないのだけれど(笑))

      ★

 CDの帯には「Perfmeが満を持して放つ、史上最強のダンスアルバム」とある(笑)。

 まあ、「ダンスアルバム」として扱っても、問題はないと思います(笑)。

 でも、昨今のEDM系アルバムのような、「みんなでビーチでアゲアゲに盛り上がろうぜ」的なノリは皆無。

 身体はビートに反応するかもしれないけれど、その硬質なサウンドで神経はヒリヒリと灼かれ、内省的な詩とメロディに、精神は気持ちのいい孤独感に落ち込んでいくみたい。

 「JPN」との落差に驚くと同時に、「サウンド自体は変化したかもしれないけれど、ヤスタカ先生の作り出すPerfumeミュージックって、本来そういうものじゃなかったかな」とも、ふと思う。


      ★

 唯一の例外は「PartyMaker」かもしれない。

 けれど、この曲はちょっとクセもの。

 決して「Perfumeと中田ヤスタカがEDMに挑戦」なんて代物じゃない(笑)。

 というか、僕はその中間部のあまりの類型的なEDM的展開に、思わず笑ってしまいました(笑)
 これはもう、パロディかジョークじゃないかと、初めは思ったくらい。

 聞けばこの長尺の曲は、Perfume側からヤスタカ先生に
 「ドーム公演でみんなに、踊って盛り上がる楽しさを知ってもらうため」
 に依頼されたものだということ。

 それで納得。
 つまり中間部のEDMパートは、「ここ最近の、流行りのクラブのノリは、こんな感じですよ」ということを、観客に知らせるための、いわば「劇中劇」ならぬ「音楽中音楽」。
 だから前半後半は、きっちりとヤスタカエレクトロで押さえられているんだよね。

     ★

 今回のアルバムで、僕のお気に入りは「Clockwork」と「DreamLand」。

 「Clockwork」は、コンクリート打ちっぱなしの部屋で、大音響に包まれながら、一人孤独に踊っていたい、と思わせるような、(さっきも書いたけれど)内省的ダンスミュージックの佳作。
 僕の中の理想のPerfumeミュージックというのは、もしかしたら、こういう曲かもしれないなあ。

     ★

 「DreamLand」は、これまでのPerfumeには無かった、壮大で美しい楽曲。

 ちょっとアレンジが大仰かな、という気もするけど、それも恐らく「ドーム公演」仕様なんでしょう。

 僕は「ドーム」という場所が大嫌いなんだけれど、もしあの空間で、この曲をしっかりと鳴り響かせてくれるというのなら、もう四の五の言わず、Perfumeの下に馳せ参じます(笑)。

  だってそれは、きっとエピックな瞬間になるに違いないから。

   ★    ★    ★

 このアルバムにちょっとマイナス点を付けるとしたら、ヤスタカ先生の肩にあまりに力が入り過ぎているように感じられること。

 いや、Perfumeに対して、これだけ熱を入れてくれるというのは、個人的にはとても嬉しいんですけれどね。

 でも、アルバムを一気に聴いて、すっかり疲れてしまったのも事実。

 それに、ヤスタカ先生がふっと力を抜いてくれた時の方が、案外「名曲」と呼ばれる曲が生まれているような気もするし。

 とにかくビートを強調したアルバムなんで、これの「ダンスリミック盤」など、出る訳はないですが、逆に「サイレントリミックス盤」なんていう、それこそミニマルミュージック風にリミックされたものを出してくれたら、面白いなあ‥‥
 ‥‥というのは、完全なる個人的嗜好です(笑)。

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。