スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★ニューアルバム「LEVEL3」ティザー映像公開

 「LEVEL3」のティザー映像が,Youtubeで公開されています。

 とは言っても、先行曲「1mm」のPVの撮影風景を撮ったもののようですが。

   ★

 あまりに短い映像なんで、気の早い感想などは気をつけなければいけませんが。
 
 ‥‥でも、それにしても、かなりかっこよさそう(笑)。

 すごくシンプルそうだけど、でも最高にクール。
 関監督&MIKIKO先生が、「1mm」のサウンド世界を、見事に視覚的に表現してくれているようだけれど、果たして完全版はどうだろう。

   ★

 それにしても、ティザーでさえこれなんで、今回の「LEVEL3」は、完全に「クール」で押し通してくるようですね、チームPerfumeは。


「可愛い」「キュート」でいくべきなのか、それとも「カッコイイ」「クール」でいくべきなのか。
「J-POP」でいくべきなのか、それとも「エレクトリック」でいくべきなのか。
「アイドル」でいくべきなのか、それとも「アーティスト」でいくべきなのか。

 ファンの間でも、そういう論争は、常に絶えないわけです。

 Perfume側自身も、インタビュー等を読む限り、そのあたりは自覚的で、多少の揺れ幅をキープしつつ、これまでバランスを取ってきたように思えます。

 今回の「LEVEL3」は、上記で言えば、ぐっと右側に寄ってきていそう、ということなんだけれど‥‥。


 それがPerfume側の「変化(様々な意味での)」によるものであり、今後の方向性を示したものなのか、それとも単純に、前作の「JPN」が左側にかなり寄っていたことの反動であるのかは、さすがに今の時点では判別はつきません。

 個人的には「面白いっ」って膝を叩かせてもらえれば、どちらでもいいんだけど(笑)。
 まあ、たかだか短いティザー映像だけで、「どうなんだ、どうなんだ」とやきもきさせられている時点で、すでにチームPerfume側の術中にはまっているのかもしれません(笑)。

      ★

 (P.S)

 なんでもヤスタカ先生が、あのガールズバンドのスキャンダルの新曲をプロデュースするとか。

 こいつはまったくの予想外。

 こちらも「LEVEL3」というわけか(笑)



スポンサーサイト

Perfume★ニューアルバムから新曲「1mm」OA!

 PerfumeLOCKSで、ついにニューアルバムからの先行曲がOA。

 そのタイトルは「1mm」。

   ★

 う~ん‥‥

 ‥‥結論から書くと、いいんじゃない?。

 驚くほど無駄な音が一つも無い。ストイックで重めのサウンド。
 音響それ自体の存在感が、曲の意味の全てを語っているような感じ。

 ここ最近の「きゃりーmusic」にあった、意図的な軽薄さや商業主義的な匂いは、微塵も無い。

 いや、そういう装飾的なものを、逆に全て剥ぎ取ってしまったのか、とさえ思えるくらい、「音」の本質に迫ったような作品。

 FM放送なんかで聴くのはもったいない。
 優れた音響システムで、最大ボリュームで、全身で受け止めるようにして聴くのが、恐らくこの曲を最高に楽しむやり方なんじゃないかな。

 「だいじょばない」「HandyMan」そしてこの「1mm」という流れを考えると、「JPN」で完全に「歌モノ」に走っていたPerfumeサウンドが、再びエレクトリックミュージックに戻ってきたのか、とさえ思えてしまう。
 (まあ、そう結論づけるのはまだ早いですが(笑))

    ★

 すっきりとした音の構造が見渡せるようなサウンドは、どこか80年代のブリティッシュエレクトリックあたりをさせるけど、そういえば、その代表格のペットショップボーイズと、この前のソニマニで、Perfumeは同じステージに立ったばかり、というのは恐らくただの偶然(笑)。

 「PartyMaker」が(まだ全曲は聴けていないけど)どこかEDM風だったので、ちょっと不安だったのですが、個人的にはひと安心です。

    ★

 ただねえ‥‥

 これ、ビデオクリップもあるということで、いわゆる先行シングル扱いですか?
 
 老婆心ながら、大丈夫かな?(笑)
 なんでまた、これを選んだのだろう。
 (散々、楽曲を褒めておいて、なんですが(笑))

 J-POPの流行りの路線からは完全に外れているし、歌詞もさっぱり頭に入ってこなかったし、EDM的なアゲアゲな感じも皆無だし‥‥。
 これ聴いて、「LEVEL3を買ってみよう」と思う人が、今の日本にどれだけいるか‥‥。

 たまにチームPerfumeは考えすぎる傾向があるので、単純に一般受けのしそうな曲よりも、「新しいPerfumeをアピールするなら、これ」って感じで、「1mm」を選んじゃった気もしないではないですが(笑)。

 まあ、個人的には全然構わないです(笑)。

    ★

 で、Perfumeのホームページを見てみると、いつの間にやら「LEVEL3」のジャケ写や収録曲等の情報が解禁されています。

 いいですねえ。
 新曲が7曲も含まれているし、既発表のシングルも、しっかりREMIXがかけられていて、こちらも期待大。

 一曲目の「Enter the Sphere」は、もしかしたらアルバムイントロ的な楽曲なのかもしれませんが、それに続いて「SOL」と「MOL」のREMIXとは、あの「JPN」の冒頭の興奮を連想させますが、果たして?‥‥

    ★

 ちょっと驚きなのは、「HuryBury」が落とされて「ポイント」が入っていること。

 いや、去年にこのブログで、僕は2012年のPerfumeベストソングに「HuryBury」を上げてしまっていたので、これだとちょっと立場が無い‥‥(笑)。

 ‥‥というのは冗談ですが、「HB」はともかく、「ポイント」はライブでもまったくやる気配が無かったので(笑)、「23:30」のように忘れ去られた曲になってしまうのかと、ちょっと恐れていたんですよね。

 でも、こうしてアルバムリストに堂々と名を連ねてくれるとなると、ドーム公演で披露される可能性も、高くなってきたかな。


 さて、気がつけば、「LEVEL3」の発売まで、あとひと月と少し。

 夏フェスも終わって、自分の中のPerfumeスイッチをちょっとOFFにしていたのですが、そろそろテンションを上げる準備を始めておいた方が、良いようです。

Perfume★夏フェス観戦で、ちょっと思ったこと


 ソニックマニアのレポートなどを書こうかなとも思ったのですが、RIJ観戦も含めて、ちょっと感じたことがことがあったので、それを簡単に‥‥

    ★

 RIJのレポートで、僕はかなりステージ近くにいたにも関わらず、「ハーフ地蔵」状態だったと書きました(笑)。
 まあ、周囲の大騒ぎの中で、それほど縦ノリもせず、ステージを眺めていたわけです。

 それは、ソニックマニアでも同じだったし、春のメトロックもまあ、そんな感じでした。

 要するに僕のPerfume「フェス」ライブの観戦スタイルが変わったわけですが、僕はそれを自分の中の変化かなあ、と思っていたわけです。
 クラブの通い過ぎで、ライブではすっかり踊り&大騒ぎへの欲望みたいなものが、薄れてしまったのだろうと(笑)。

    ★

 でも、どうもそれだけでも無さそうだと、最近、ちょっと思っています。
 つまり、受けて側の自分だけでなく、発信側、つまりPerfumeのステージングの変化でもあるのかと。

 先日、WOWOWで、例のBBQのライブ(僕は行かなかったのですが)の模様が放送されました。
 それを観ていて、僕はちょっと妙な違和感を感じました。そしてそれは、RIJでもソニマニの会場でも感じたものだ、ということに気づきました。

 ステージ前の観客たちは、どの会場でも、腕を突き上げ、縦ノリで盛り上がっています。
 でも、ステージの上のPerfumeに視線を移すと、そこには、「エレガンス」とでも表現するのが最適な「Magic of Love」のパフォーマンスが繰り広げられています。
 ステージの上と下で、まったく空気感が異なっている、この違和感。

    ★

 ももクロやBABYMETALは、その若い肉体から自然と溢れ出てくる、弾けるような熱いエネルギーで、観客を熱狂させています。
 かつてのPerfumeも、そういう時代があったような気がします。

 でも、彼女たちも今年で25歳。
 その肉体は、弾けるようなエネルギーよりは、いつのまにか優美さを表現するのに、適したものになっているように見えます。

 それでも「FAKE IT」や「だいじょばない」にかつてのエネルギー爆発の残滓は感じられるものの、昔よりはずっと重量感を伴ったものになっているし、もうそれはPerfumeのステージの真ん中に位置するものでは無いような気さえします。
 RIJでは「エレクトロワールド」をやってくれたけど、誤解を承知で書けば、僕はまるで良質なクラシックでも聴いているような気分で、それに身を任せていました。
 けれど、リアルタイムで僕の身体を揺らしてくれる音楽では、もう無かった‥‥

     ★

 最近で最も印象に残ったPerfumeのパフォーマンスは、例のカンヌ、そしてヨーロッパツアーのプロジェクションマッピングを使用したやつでした。
 あれは久々に、「身体が勝手に動くのを止められない」ステージでした。(映像で体験しただけですけどね)

 でも、よく観てみると、あのパフォーマンスではPerfumeは、半分近く身体を動かしていない(笑)。
 それでも、リアルタイムで僕を熱くさせてくれるビートを、Perfumeはまだ保ち続けている。
 
「弾けるような若さ」を失った代わりに、テクノロジーと大胆に一体化することにより、新たな感動を創造して、それを観客に届ける‥‥。
 それが「LEVEL3」なら、僕はこれまでのPerfumeライブの先入観を捨てて、まっさらな状態でドーム公演に挑まなければまずいよなあ‥‥。


Perfume★「ROCK IN JAPAN 2013」Perfume以外その他あれこれ

 今回の「RIJ」は、8/3、4の二日間に参加してまいりました。

 その中で、(Perfume以外の)気になったいくつかのアクトのレポートを書いておきます。

      ★

【BABYMETAL】

 今回の「RIJ」で、個人的にはベストインパクトでありました(笑)。
 以前にPerfume司会のMJで観たことはあったのだけど、その時は、
「ああ、なるほどね、メタルをやるアイドル。確かにその通りですね」
 くらいの感想しかなかったのですが‥‥
 
 いやあ、やばいです。
 いわゆる「ライブを観ると印象が完全に変わる、」というタイプです、この子たちは。
 とにかくステージングの印象は強烈。
 ちょっとゴスロリ風の格好をした14、5歳の女の子たちが、ステージを駆け巡ったり、メタルビートに合わせてヘッドバンキングするなんていう姿を、「ちょっといけない感じもするけど、面白い」なんて思ってしまうと、ツボにはまってしまって、やばそうです。
 かなり中毒性が高いことは、間違いなさそう。

 「それにしても、ステージ上のアクション(ダンス)がいいなあ」
 と思ったら、振り付けはなんと、MIKIKO先生(笑)。
 実はアミューズだし、三人組だしで、Perfumeファンには、やばいやばい(笑)。

 個人的には「もうすぐブレイクしそうなグループ」だと感じましたが、一方で「期間限定活動」だという話も。
 だとしたらもったいないなあ‥‥。

 ちなみに、「ベィビィメタル」ではなく「ベビ-メタル」と発音するそうですよ、樫野さん(笑)。


【9nine】

 BABYMETALに続いて、9nineを観戦。
 こうなってくると、自分がロックフェスにいるんだかなんだか分からなくなってきますが(笑)。

 ただ、BABYMETALと違って、こちらは意外と正統派アイドルのライブ。
 「きっと大昔のPerfumeも、こんなステージをやっていたんだろうなあ」と思いながら、ステージを眺めておりました。
 Perfumeは、そこから突然変位のような進化を遂げて、「RIJ」の大トリの舞台に立ったわけで、そう考えると、もうひとつ、なにかインパクトが欲しいかなあ。
 (まあ、海荷ちゃんとちゃあぽんは、可愛かったですよ(笑))


【SPECIAL OTHERS】

 知る人ぞ知る、大本さんのフェイバリットバンド。
 かつてPerfumeと「対バン」ライブをやったことがあるなんて、最近のPerfumeファンは知らないかもなあ。
 個人的には、グラスステージの大味なPAよりも、もう少し小さめのステージで聴きたかったけど、まあいいでしょう(笑)。
 蛇足ですけど、グラスステージの巨大なPAは、近いと耳が痛いくらいに音がでかいし割れるし、離れると風の影響で音が揺れる、という「音」を楽しむにはちょっとやっかいな代物なんですよね。
 (Perfumeの時は、もろPAの前にいたので、もう音楽を聴くなんていう状況じゃなかった‥‥)
 まあ、それを割引いても、スペアザさんのサウンドはやっぱ良い。
 ちょっとジャズっぽい、16ビートで踊る、その心地よさ。


【平井堅】
 「RIJ」のステージに立つのは、数年ぶりのことだとか。
 ステージの上のご本人は「アウェイと思っています」とおっしゃっていたが、いやいや、いいライブでした。
 というか、さすが。
 歌声ひとつだけで、数万人の観客を魅了してしまう、その実力。
 何も拳を突き上げて、踊りまくるだけが、音楽の楽しみかたじゃないよなあ。
 グラスステージの草に上に腰を下ろして、ビール片手にその美声に耳を傾ける、というのも、フェスの楽しみ方のひとつなんじゃないでしょうか。
 是非、来年も出ていただきたい、そう思えるアーティストでした。


【10FEET】

 この後に出演するPerfumeがMCで「ROCKっていうものの捉えかたが変わっている」と語ることになるのだけれど、まるでそれを予感していたかのように「いやいや、変わらないROCKの価値観ってものもあるんだぜ」と言っているようなステージ。
 個人的にはそんなに得意なジャンルのバンドではないし、一般的に知られたヒット曲だってそうあるグループじゃない(すいません)と思っているけど、非常にシンプルな価値観を、がっしりとキープし続けている、いいバンドのいいライブだったと思います。
 RIJはモッシュやダイブ絶対禁止なんだけれど、「代わりに靴を投げてくれ!」とヴォーカルが叫ぶと、無数の靴が天を舞う光景には、思わず笑ってしまいました(笑)。
 靴を無くした人は、どうやって帰るんかね。


【Capsule】

 クラブなどでCapsuleのライブは何度も観ているし、どうしようかと思ったのですが、裏の「アジカン」や「バンプ」に客と取られるだろうな、ということで「応援」の意味も込めて、レイクステージのトリであるライブを見に行きました。

 案の定というか、観客は会場の半分ほど。
 ただそれでも集まっている連中は、がっちりとしたCapsuleファンたちばかりのようで、ライブが始まれば、「ここはクラブか?」と思いたくなるほどの、タテノリで盛り上げまくります。
 としこさんも樫野さんばりのミニスカートで、細いおみ足を惜しげなく披露してくれました(笑)。
 ヤスタカ先生のDJブース全面が、巨大なLEDモニターになっていて、そこに映像を写す仕掛けになっていたのですが、ライブ終了と同時に、そこに「CAPSULE」という巨大な文字が。
 それが印象的だったのですが、どうやらCapsuleはレーベルを移籍して、グループ名も大文字「CAPSULE」に変更するとのこと。
 待望のニューアルバムも、秋に出るらしいです。
 「LEVEL3」もあるし、こちらも楽しみ。


Perfume★「ROCK IN JAPAN 2013」レポート(第一弾)!

 先ほど、ひたちなかから帰ってきました。

 とりあえず、時間も無いので(笑)、簡単なレポート(というより感想かな)をまず第一弾としてアップさせてください。
(「ROCK IN JAPAN 2013」のロングレポートはまた後日に)

    ★

 すっかり陽の落ちたグラスステージに登場したPerfumeの三人が身にまとっているのは、まぶしいほどの白を基調に、ゴールドを散りばめた衣装。

 なんでも本人たちによると、2007年のサマーソニックで着た衣装を模したデザインだそう。
 つまり、この6年間のフェスのステージを、ある意味で総括しようという気構えが、そこに現れている?

    ★

 そんな彼女たちの内に秘めた想いはあるにせよ、ライブステージそのものは、いつもと変わらずに、ある意味「淡々と」進んでいく。

 RIJの大トリなんだから、なにかスペシャルなもの(プロジェクションマッピングとか)を用意してくるんじゃないか、というこちらの変な期待を、まるで肩透かしするかのように。

 それでも、エレクトワールドやマカロニ、SEVENTH HEAVEN などをセットリストに入れてきたのは、先ほどの「総括」の意味が込められているのかもしれないなあ。

 でも、かつてこの同じステージで、これらの楽曲を演じてきた彼女たちと比較すると、この夜の彼女たちは、なんていのかな、そう「貫禄」が違う(笑)。
 その堂々とした姿を見ていると、「ああ、2008年のRIJの初登場から、もう5年もたったのだな」と、僕などはしみじみ思ってしまいます。

    ★

 「淡々と」とはいうものの、「5年の想い」は端々ににじみ出てくる。

 「マカロニ」を生歌で披露したのも、そういうことがあってのことかもしれない。

  MCも、つい、昔のことに話題が行ってしまう。
 フェスのMCで、かつてマネージャーのもっさんが、広島に帰ろうとしていた彼女たちを引き止めてくれた、というようなエピソードを話すのは、初めてじゃないだろうか。
 だから、いま、この場にいられると。
 そして、込み上げる想いに、西脇さんがたびたび声を詰まらせたことも、フェスでは珍しいことかもしれない。

   ★

 一方、一観客である僕は、かなりステージ近くにポジションを取ったものの、あまり騒がず、暴れず、場を盛り下げない必要最小限の動きだけで、じっとステージを見つめておりました。

 まわりで大騒ぎをしている連中は、「こいつ地蔵か」と思ったかもしれませんが(笑)、いやなんかね、じっとこの光景を見つめていたい、目に焼き付けておきたい、という気に、させられてしまった、というところです。
 (「FAKE IT」のような、場がぐちゃぐちゃになるような激しい曲が、今回のセットリストから外されていた、ということもあるかもしれませんが)
 
   ★

 フェスでの初めてとなるアンコール(トリの特権だ)は、「Dream Fighter」。
 
 イントロを聞いた瞬間、
「ああ、この曲を最後にやるのはヤバイぞ」
と思ったのですが、案の定、西脇さんなど、もう込み上げる想いが抑えきれなくなってきているのが、僕の位置からもなんとなく分かりました。
 そのせいで、いつもはバシっと決める最後の挨拶も、この夜はなんだかグダグダ(笑)。
 (最後のアンコールで、今回のスペシャル感がやっと出たかな?(笑))

 ステージ終了と共に、打ち上がったド派手な花火の下で、ひたちなかでの6年目は夏は終了です。


   ★   ★   ★

 (P.S)「その1」

 例のドーム公演のチケットですが、システムのミスとやらで、再結果が送られてきました。
 東京と大阪、共に「当選」です。
 友人たちも当選した模様。
 とりあえず、ひと安心。
 まったく、人騒がせだぜ(笑)。


     ★

 (P.S)「その2」

 NHKが制作した、Perfume「ワールドツアー1st」を追ったドキュメンタリーに、台湾のファンとして紹介されていたChouさん(塾の講師をされていた女性)が、闘病の末、お亡くなりになられたと聞きました。
 謹んでお悔やみ申し上げます。



Perfume★ドーム公演チケット争奪は泥沼化?


 え~、Perfumeのドーム公演の、ファンクラブ先行チケット抽選の結果が来ました。

 結論から言うと、‥‥全滅でした。

 4公演、全てに申し込んだのですが、全て「落選」。


 「まあ、全公演は当たらないかもなあ」
 と、たかをくくっていたのですが、まさか全滅とは‥‥。

    ★

 あわてて、知り合いのPerfumeファンの幾人かに連絡を取り、抽選結果を聞いてみたのですが‥‥。


 自分:  4公演応募 当選0
 知人A: 4公演応募 当選0
 知人B: 4公演応募 当選0
 知人C: 4公演応募 当選0
 知人D: 2公演応募 当選0

 え~、以上のように、ぞっとする結果が返ってまいりました(笑)。


 運のない連中ばかりが僕の周りに集まっているのか。
 それとも、チケットは10倍以上の確率となってしまっているのか。
 (これだけの数値じゃ、統計になりませんね‥‥(笑))

    ★

 まあ、本公演までまだ4ヶ月もあるし、個人的にはなんとかなる(なんとかする)と思ってますが、チケット争奪でばたばたはしそうです。

 それにしても、ロックインジャパン前夜だとういうのに、テンション下げてさせてくれるなあ(笑)。

 まあ、以前に「ドームはPerfumeライブにとって適切な場所ではない」とかなんとか、このブログに書いたバチが当たったのかもしれませんが(笑)。


 とりあえず、ファンクラブ対象席を増やしての二次募集、などという配慮を、アミューズの皆さん、お願いします(笑)。


プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。