スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃりーぱみゅぱみゅ★「なんだこれくしょん」レビュー

 キャッチーで、チープで、インパクト勝負で、ちょっと下品で、あざとくて、ギミック満載で、グロテスクなところさえある。
 そして何より、商業主義的。

 早い話、今挙げた全てが、このアルバムへの賛辞にもなるし、批判の言葉にもなる。

 でも、そもそも「ポップミュージック」って、そういうものじゃない?

 そして、それら全てを、ほぼ完璧に達成しているのは、中田ヤスタカ先生の圧倒的なサウンドワーキングの成果。

 だとすると、これは「ポップミュージック」の見本市みたいなアルバム。

     ★

 特に、そのキャッチーさは驚異的!

 どの曲も、あっという間にそのサビが頭に入ってきて、ぐるぐる周り始める。
 小学生でさえ、きっと、すぐに踊り始めるくらい。
 今の日本でこんな芸当ができるのは、中田ヤスタカという人くらいなんじゃないだろうか。

 ただ、一枚のアルバムとして頭から聴いていくと、その一曲一曲のキャラの強さというか、毒パワー(?)みたいなものに、僕はちょっと食傷気味になったのも事実です(笑)。

     ★

 けれど、アルバム最後に、用意された「おとななこども」という曲。

 ギミック無しの、切なくてとても美しい「ポップミュージック」。
 (ヤスタカ先生が、きゃりーに語りかけているような歌詞にも注目)

 僕は完全にノックアウトです(笑)。

 最後の最後に、これはずるいよ、ヤスタカ先生(笑)。

 (こんな曲をPerfumeにも作ってよ、とファンの一人はかるく嫉妬(笑))


スポンサーサイト

Perfume★「ROCK IN JAPAN 2013」Perfumeが大トリ!

 8月に行われる「ROCK IN JAPAN」のタイムテーブルが先ほど発表されたのですが‥‥

 いやあ、びっくりしました!

 なんと、Perfumeが大トリ!
 最終日のグラスステージのラストです。

      ★

 いいんですかぁ? ロキノンのスタッフのみなさん。
 いいんですかぁ? 渋谷社長。(まあ、社長はPerfumeのファンらしいが)
 いいんですかぁ? ロックファンのみなさん。

 いやあ、もちろんPerfumeファンとしては、非常に嬉しいんですが‥‥

 でもねえ、なんかねえ、申し訳ないというか、大丈夫かなあ、って(笑)。

 きっと今頃、Perfumeの三人も、そう思っているんじゃないかなあ(笑)。

     ★

 とはいえ、嬉しいと同時に、感無量でもあります。

 2008年に初登場した際には、Perfume本人たちが「アウェイ」と表現していた場所であった「ROCK IN JAPAN」。
 そう、初日のレイクステージの、一番手だった。
 早朝にレイクに足を踏み入れた僕は、まだまばらな観客たちの中で、「果たしてどれくらいのお客さんがここに来てくれるのかな?」と不安を抱いていた。
 しかし、いざ開演時間になってみれば、レイクステージは満杯の観客で溢れかえった。

 2009年時点だって、
 「ロックフェスにPerfumeってどうなの?」
 「なんか、良くわかんないよねえ。他のステージに行こうよ」
 という観客たちの声を、僕は耳にしていた。

 しかし、そんな中でも、彼女たちは毎年毎年、動員数を増やしていって、昨年には、ついにあの広大なグラスステージに、入場規制をかけさせた(という噂)。

     ★

 今年はついに、最終日の最終ステージだ。

 きっと、これまでのフェスでのステージとは違うものを、三人は観せてくれるに違いない。(と僕は思う)
 
 この8月4日は、Perfumeにとって、そして僕らファンにとっても、エポックなステージになるよ、きっと。


     ★   ★   ★

 ‥‥てすが実は、タイムテーブルが発表になる前は、翌日も早朝から仕事なんで、僕は
 「Perfumeのステージを観たら、早めにあがろうかな」
 と考えていたんですね(泣&笑)。

 最終日だから、朝の一番手かもしれないな。
 そうでなくても、せいぜい夕方前には、彼女たちの出番は終わるだろう、と‥‥。


 しかし、残念ながら(?)、Perfumeの出番は日曜の最終ステージ。

 どっと観客が帰り始めるから、恐らく駐車場から車を出すだけでも一苦労になるはず‥‥。
 こりゃあ、家に帰り着く頃には、間違いなく日付が変わっているな(笑)。

 ええい、もう、仕事なんか知るか!(笑)
 最後まで盛り上がってやるぜ。
 あの恒例の打ち上げ花火も、しっかり見て帰ってやるぜ(笑)。

      ★

 (おまけ)

  同日のDJ-BOOTHに、「9ine」の出演も決定。
  西脇シスターズの共演、というのもロキノンスタッフの粋なはからい?

  西脇さんにとっては、ますます記念碑的ライブになりそうです。

Perfume★カンヌプレゼンテーション

 6/20のカンヌライオンズにおけるプレゼンテーションの生配信、とても興味深く観させてもらいました。

      ★

 現地では「Perfumeのステージ」と紹介された感じですが、どちらかと言えば、真鍋大度氏(ライゾマティクス)のプレゼンテーションにPerfumeがお手伝いをした、と言った方が正しい印象。

 いや、「ライゾマティクス+MIKIKO+Perfume」とした方がいいかな。

 個人的にはこのプレゼン、MIKIKO先生のアート臭もかなり感じました。
 2011年に行われたMIKIKO先生率いるイレブンプレイの公演「dot」を僕は観たのですが、あのステージをかなり思い出しました。空気感がとても似ているなあ、と。
 (って、あたりまえか。あれも真鍋氏が協力していたんだものな)

 興味のある方は、YouTubeで「elevenplay」で検索してみてください。
 真鍋氏が協力したMIKIKO先生演出のステージを観ることができます。

     ★

 ただ、そういう意味ではこのプレゼン、あまりPerfumeらしいステージではなかったかも(笑)。
 (Perfumeを知らない向こうの方があれを観て、変に誤解をされても困るなあ(笑))

 「わたしたちはPerfume。ここに来た。日本ははるか東。出会うために‥‥」
 という、わざと下手に翻訳したようなナレーションも、ロボティクスな面を強調しすぎているかなあ。

 けれど、こういうステージを、本格的なヨーロッパ公演の二週間前に行ったというのが、とても興味深いです。
 それがただの偶然で無ければ、ヨーロッパ公演の一種の予告編と捉えていいのかも。

 ロンドン公演の生中継が、ますます楽しみになってきました(笑)。

    ★

 このプレゼンで使用された「Spending All My Time」は、まず間違いなく、ヤスタカ先生の手になるリミックスですね。
 それも完全に「クラブバージョン」といった感じの仕上がり。
 はっきり言って、嫌いじゃないです、こういうの(笑)。

 このリミックスも、やはりニューアルバム「LEVEL3」の収録用でしょうか。
 「ULTRA KOREA」の「Magic of Love」もそうだとすると、随分と早いネタ見せですが(笑)、この程度じゃなんてことないくらい、「LEVEL3」は新ネタ満載ということなのかな?

 こちらも期待してます(笑)。


Perfume★ニューアルバムそしてドームツアーの発表!

 大阪での対バンツアー最終日の終了後に、PerfumeからUstream配信があると聞いた時、
 
 「はは~ん、これは何か大きな発表があるな」
 
 と多くのファンが思ったはず。

 そこで僕も、21:30分から始まるというUstreamの配信を、PCの前で待ち受けたのですが‥‥

      ★

 放送開始だという21:30分を過ぎても、一向に何も映らない‥‥

 サーバーへのアクセスが集中しているためなのか、それとも現地で何かトラブルがあって遅れているのか、さっぱり状況が分からぬまま、ひたすら待ち続けます。
 ところが、10分を過ぎても、15分を過ぎても、画面は「しばらくお待ちください」のまま、うんともすんとも言わない‥‥

 「こりゃ、もうダメかな」

 とほぼ諦めてかけていた21:50分頃、突然に映像が。

 ライブ会場のステージの上で、Perfumeの三人(というか西脇さん)が、観客に向けて、なにやら対バンツアーの感想らしきものを喋っています。

 ‥‥一体、いつから放送が始まったのやら。
 とりあえず、やれやれと画像に注目すると、早くも「ここでお知らせがあります」という予想通りの宣言。

 その内容は‥‥

    ★

 まず、ひとつ目は、ニューアルバム発表のお知らせ。

 タイトルは「LEVEL 3」。
 来秋に発売予定、とのこと。

 うーん、やはり来たか。
 完全に予想通りです(笑)

 ただ、秋っていつさ。
 9月? それとも11月?
 
 今が6月で、すでにタイトルも決まり、録音も終えているということなので、期待を込めて9月としましょう。
 それでもまだ、3ヶ月も待たされることになるなあ。
 ふぅ~。

 まあ、現時点での情報はそれだけ。さらなる追加情報を気長に待ちましょうか。


  ★  ★  ★

 そして2番目のお知らせは‥‥。

 ドームツアーの開催! 

 12月に、大阪と東京で2公演づつ、計4公演行うとのこと。


 まあ、ニューアルバムの発表があるなら、それを引っさげてのツアーもあるだろうな、とは予想していましたが‥‥

 そうですか、ドームツアーですか‥‥

    ★

 2010年の「東京ドーム公演」。

 その現場にいた僕の感想は、正直言って、
 「ドームはPerfumeがいるべき場所ではない」
 というものでした。

 会場のあまりの広さゆえ、Perfumeライブにとって重要な視覚面の効果と音響が得られない、というのがまずその理由。
 そして何より重要なPerfumeと観客とのコミュニケーションも、その距離感ゆえ、不足気味になってしまうということ。
 (僕のいた位置から肉眼で観ることのできない他のエリアに彼女たちが行ってしまった時に、ただスクリーンを見つめるしかなかった時の、あの虚しさ‥‥)

 一人の観客としても、他の観客との一体感はとても希薄となります。
 僕はアリーナにいたのですが、スタンド席にいる観客はまるでただの壁にしか見えず、彼らと何かを共有した、という感じはまったく得ることができませんでした。

 ただ、2010年の「東京ドーム」は、「Perfume結成十周年を祝うイベント」の場として、その存在意義はあったと思っています。
 僕自身にとって、汗一つかかない、寒々としたライブだったけれど。

    ★

 けれど、その「ドーム」という場所で、Perfumeは「ライブ」を4公演行う、と発表しました。

 正直、個人的には複雑な心境です。

 少数の幸運なファンしか参加できない「対バンツアー」のあとの、それを補填するような大規模会場でのライブなのか、という皮肉な考えが浮かばなくもありません。

 でもまあ、チケットが手に入れば、もちろん行きますよ。
 これでもPTAですからね(笑)。

  大阪のチケットが手に入れば、新幹線に乗って遠征だってしますさね。


 でも、「頑張って。応援しています」という心境には、正直、今のところはなれないです。

 「今度は失望させないでくれよ」というのが、今は精一杯かもしれない‥‥。


 ただ、「東京ドーム」の後のラジオ番組で、

 「もっといいライブにできるはずだった。ごめんなさい」

 と言った際の樫野さんの涙は、信じてはいますけれどね(笑)。


Perfume★「Ultra KOREA」出演!

 先週末、Perfumeは韓国で行われたFES「Ultra KOREA」に出演した訳ですが、この時のセットリストが、なかなか興味深いです。

 Spending all my time
 レーザービーム
 Magic of Love
 Hurly Burly
 だいじょばない
  - P.T.A. コーナー
 FAKE IT
 Spring of Life
 チョコレイトディスコ

 「Ultra KOREA」がダンスミュージックフェスということで組まれたセットリストだということは分かりますが、それにしても、いわゆるユニバーサル移籍後の曲、つまり最近の曲が中心で、とても新鮮な印象。

 どうやら韓国では、観客がステージを撮影するのにあまり頓着していないようで、いわゆるFANCAM映像が動画サイトにかなりアップされており、僕もいくつか観させてもらいました。

      ★

 その中でも良かったのは、やはり「だいじょばない」ですね。

 この曲を初めて聴いた時から、「こいつはMIKIKO先生が、きっといい仕事をしてくれるはず」と予想していたんですが、それに違うことのない、いいコレオグラフです。
 観ているだけなのが我慢できなくなって、こちらの身体が勝手に動いてしまいそう。

 「だいじょばない」を酷評していた海外の一部のファンが、この動画(コレオグラフ)を観て、その評価を180度変更しているのも、面白いところ。
 やっぱりPerfumeの曲は、コレオがついてナンボ(笑)。

      ★

 もうひとつ、興味深かったのは、「Magic of Love」。

 オリジナルはもちろん、サビ(歌)からいきなり入る訳ですが、「Ultra KOREA」で披露された「MoL」にはクラブミュージック風の前奏が付いていて、始まった瞬間は何の曲か分からなかったほど。
 この前奏がバンマスの仕事ではなく、ヤスタカ先生の手によるものなら、「Magic of Love」の別バージョンがすでに存在する、ということになるのだけれど?

  残念ながら動画の音が悪くて、他の部分のチェックが難しいのですが、やはりオリジナルとはインストパートが違うように聴こえる‥‥。
もし未発表の別バージョンであるのなら、それはアルバム用だと推測したくなるのだけれど、どうでしょう(笑)。

 ニューアルバムの発表は、意外とすぐかもしれません(笑)。


Perfume★グローバルサイトのカウントダウン完了!

 Perfumeのグローバルサイトで行われていた、謎のカウントダウン‥‥

 果たしてその値がゼロになったとき、一体何が起こるのか‥‥

 密かな期待と共に、それを待ち受け、そして昨日の0時に、ついにその時が訪れたわけですが‥‥

    ★

 Perfumeに関して、新たなニュースが3つ発表。

 (1)これまで発表されたライブDVD6作品が、新たにブルーレイとして発売。
 (2)リニアモーターガール以降のシングル用PVが、YouTubeのオフィシャルサイトにて公開。
 (3)リニアモーターガール以降のシングルが、海外のiTunesにて購入可能に。

     ★
 
 ‥‥正直言って、「え? それだけ?」なんですが‥‥(笑)。

 ただ、海外に住んでいて、なかなかPerfumeのオフィシャルな情報に接することのできないファンにとっては、かなり画期的な出来事かもしれまんせん。
 (まあそれが、この発表が、国内のではなくグローバルサイトでカウントダウンされたかの理由でしょうけれど)

 国内にいる僕らと違って、生のPerfumeのステージを観る機会の少ない海外ファンにとって、ブルーレイの鮮明な画像で彼女たちのパフォーマンスを観ることができるのは、すごく意味のあることだし、これまで正規に取得するのが困難だったシングル及びそのPVも、正規に手に入れられる(観ることができる)というのも、まあ遅すぎたことかもしれない。

 ヨーロッパツアーを直前に控えて、海の向こうのファンへのプレゼント、といったところでしょう。
 (徳間ジャパンの在庫一掃セールじゃない? というのは、ちょっと意地の悪い冗談です(笑))

     ★

 ただ本音を言えば、「ニューアルバムの発売予定を発表」くらいのビッグニュースを、心のどこかで期待していたんですが‥‥(笑)

 でもまあ、ブルーレイの発売は、僕にとってもいいニュースです。

 6枚全部をブルーレイで買い直すのは、ちょっと経済的に痛いですが(笑)、すくなくとも直角二等辺三角形ツアーと東京ドーム、それにJPNツアーは欲しいかな。
 (「bitter」なんて、HD画像データがそもそもあるの?)

 あとは「WORLD TOUR 1sr」も、そのうちブルーレイ化して欲しいかな。
 だってねえ、あの画質のひどさは、ちょっとないでしょ(笑)。


Perfume★イギリス公演ライブビューイング決定!


 個人的にはやって欲しいと望んでいた、ヨーロッパツアーの「ライブビューイング」。

 ただ、アジアツアーとは違って、ヨーロッパはあまりに距離があるし、なにより時差があるので、まあちょっと難しいだろうな、とは思っていました。
 もしパリ公演を生中継するとなると、月曜の早朝となるしねえ‥‥

 だけれども、なんと、ロンドン公演のライブビューイングを、今回もやってくれるとの発表が!

      ★

 今回も中継を行ってくれる「ライブビューイング・ジャパン」という会社は、実はアミューズ資本の会社なんで、今回のような行動力を見せてくれた、ということなんでしょう。
 ヨーロッパからの中継を行うには、どのような機材をどこに運ぶ必要があるのか、素人なんでまったく分かりませんが、世界中に高速データ通信網が整備された今日、意外と技術的な壁は高くない、ということなのかもしれませんが。

 それに、土曜の朝4時というとんでもない時間に(笑)、中継の協力をしてくれた全国の映画館関係者の方々にも感謝です。

 ここまでやってもらったんだから、こりゃあもう、眠いだの交通手段が大変だのと文句を言わず、ファンならば行くしかないですね。
 (なんて言っておりますが、クラブ通いしている当方としては、土曜の朝というか、金曜の深夜に遊びに行くのは慣れっこなんで、全然苦ではないんですが(笑))

    ★

 それにしても、ロンドン公演というのは、個人的には少しぐっとくるものがあります。

 十代の頃から、イギリスの音楽に入れ込んで、正直、彼の地に住んでみたいと思ったことさえありましたから。

 いわゆる電子音を使ったロックミュージックが始まったのはドイツかもしれませんが、それをポップミュージックに昇華させたのは、やはりイギリス。

 それがやがて世界中に広まり、何十年(?)もたって、遠い島国である日本で、土着のアイドル文化と融合して、Perfumeという存在が誕生し、地球を一周する形で、今回、ロンドンに凱旋してくる‥‥
 それをライブビューイングで見届けるんだ、なんて風に考えると、ちょっと面白いかもしれません(笑)。


   ★   ★   ★

 しばらく前から、グローバルサイトで始まっている、謎のカウントダウン‥‥

 水曜日に0時に、何かが起こる?‥‥

Perfume★2013年夏フェスに出演決定!

 Perfumeの夏フェスの出演情報が、いくつか公開されはじめています。

      ★

 まずは、おなじみ「Rock In Japan」。

 なんと今年で6回目の出演!

 おそらく、Perfumeが万単位の観客を前にしたライブを初めて行ったのは、このRIJが最初のはず。
 そういう意味でも、彼女たちにとって、思い入れの強いステージでしょう。

 僕自身もこれまでの全5公演には参戦皆勤中だし(笑)、個人的には「ROJ」参加は夏の風物詩みたいになっているので、まあよほどの事がない限り、参加させてもらう予定です。
 (といいつつ、一昨年は仕事の関係で、あやうく不参加となるところ(汗))

 しかし、人で溢れかえった2008年のレイクステージで、水色の衣装に身を包んだ彼女たちを観てから、もう丸5年もたったのかあ、としみじみ‥‥

      ★

 そして、「ソニックマニア」(東京幕張)と、「サマーソニック」(大阪)への出演も発表。

 大阪での「サマソニ」は、昨年の悪天候中断というハプニングのリベンジ参戦、ということだそうで、東京会場への参加は無し。

 その代わりなのかなんなのか、「サマソニ」の前夜祭的色合いの強いオールナイトイベント「ソニックマニア」に参加してくれるとのこと。


     ★

 いやあ、この情報には、久々に燃えました(笑)。

 クラブ好きの僕にとって、ミッドナイトのダンスタイムにPerfumeのライブを観るというのは、実は密かな夢だったんですね。

 でも最近のインタビューで、Perfume自身はクラブイベントへの出演はこれまで控えていた、というような発言があって、「あ~、かなわぬ夢か」と思っていたところの、この「ソニックマニア」参戦の発表。

 もう速攻で、チケットを申し込んでしまいました(笑)。


     ★

 まあ厳密に言えば、幕張メッセ自体はクラブでは無いですが、他の出演アーティストを見ると、もうこれは巨大なクラブと言ってもいいんじゃない?

 電気グルーブ、サカナクション、ペットショップボーイズといった、ダンス/クラブミュージックに縁の深いミュージシャンのライブに加え、世界中のダンスフェスを熱狂させているステーィブ・アオキや、(個人的にはドイツの中田ヤスタカだと思っている)ZEDD、そして、JUSTICEのDJもありと聞いた日には、正直、Perfumeの参加が無くても行きたくなるイベントです。
 
 こりゃもう、一晩中踊り続けることになりそうな予感(笑)。

     ★

 そんな真夜中のソニックマニアで、果たしてPerfumeは、どんなパフォーマンスを観せてくれるのか‥‥

 ‥‥なんて煽ってみても、オールナイトだろうがクラブ空間だろうが、あの三人組はいつものマイペースなライブを展開するんでしょうが(笑)。
 (うわー、「PTAのコーナー」とか、超浮きそうだ(笑))


 でもね、せっかくのオールナイトイベントなんで、少しは「真夜中ならではのライブ」なんてものを、観せてもらいたいものです。

 選曲も、いつもの「お陽様Perfume」的なものではなく、ちょっとダークめの曲だけでリストを組んで欲しいなあ。


 衣装なんかも、ちょっと普段とは違う感じで攻めてくれるとか‥‥

 え? いつもよりも、セクシー気味の衣装?

 おう、大歓迎です(笑)。


プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。