スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★新曲「だいじょばない」は「きゃりーMUSIC」なのか?

 一部のPerfumeファンから、新曲「だいじょばない」について

 「きゃりー・ぱみゅぱみゅの楽曲みたいだ」
 「Perfumeらしくない」
 「きゃりーに歌わせた方がいい」

 という意見が(あくまでも一部でですが)出ているようです。

      ★

 確かに僕も、新曲のタイトルが「だいじょばない」であると聞いた時、不安を感じました。
 それこそ、きゃりー風の曲をただPerfumeに歌わせているだけ、みたいな曲が出てくるのではないかと……。

 けれど、「だいじょばない」を実際に聞いた時、僕の頭には「きゃりー」という文字は、まったく浮かんできませんでした。
 「だいじょばない」は新たな「PerfumeMUSIC」であって、決して「きゃりーMUSIC」の亜流なんかではないと。

 というわけで、以下に反証開始です(笑)

      ★
 
 まず歌詞についてだけれども、「だいじょばない」という語感は、確かに一連のきゃりー曲のタイトルを想起させます。
 しかし、歌詞を良く見てみると、実は「だいじょばない」は「未来のミュージアム」のネガになっているように、僕には思えます。

 “映画のような完璧なストーリー”
 “キミのホント 見せてはくれないの”
 “ぜんぜん だいじょばないけど しかも”

 いや、ネガどころか、「ファンタジーファンタジー」「君にもできるはずさ」と歌っている子供向けアニメ映画用主題歌を、自らデスっているかのような、この、ひねくれぶり(笑)。
 歌詞に限っては、“きゃりー”よりは「FAKE IT」と似たような世界観であると、僕は感じます。

     ★

 インストルメンタル版を聴けばすぐに分かりますが、「だいじょばない」は実は非常に剛性感のある、硬質なエレクトリックサウンドになっています。

 かたや「きゃりーMUSIC」は、わざとチープさを狙ったような軽いサウンドがほとんどで、「だいじょばない」とはかなり音色(おんしょく)が違います。
 新曲「ふりそでーしょん」など、かつてのピチカートファイブを連想させるような、渋谷系アコースティック風サウンドで、対極と評価してもいいかもしれません。

     ★

 ヴォーカルパートも一聴すれば分かるように、「だいじょばない」はオートチューンやサンプラーをこれでもかと多用しています。
 かつて「アンドロイドヴォイス」などと表現されたように、電子的に加工されたヴォーカルは、Perfumeの代名詞みたいなものです。

 一方の「きゃりー」曲には、多少の補正はあるものの、露骨な加工ヴォーカルはほとんどなく、彼女の地声を生かしたようなサウンドになっています。
 だから僕には、「「だいじょばない」のヴォーカルはきゃりーみたいだ」という意見が、まったく理解できません。

 むしろ僕が連想したのは、「初音ミク」のようなヴォーカロイドです。

 かつてある方が、「中田ヤスタカは初音ミクをやるべきだ」と発言しておりました。
 僕は「何を言っているんだ。自分の「音」に絶対の自信を持っているヤスタカ先生が、既存のヴォーカロイドなど使うわけがない」と思ったものですが、もしかしたら、今回ヤスタカ先生は、Perfumeというサンプルを利用して、一連のヴォーカロイドサウンドに挑戦状を叩きつけたのかもしれません。
 「どうだい、こっちの方がいいサウンドだろう」てな具合に(笑)。

   ★    ★     ★

 今回、一部のファンの間から否定的な意見が出たのは、もしかしたら

 「PerfumeがきゃりーMUSICに取り込まれてしまうのではないか」

 という恐怖感に似た感情が、Perfumeファンの間に密かに存在するからなのかもしれません。

 その恐れ、みたいなものは、僕も多少は感じていました。

 最近のヤスタカ先生ときゃりーとの距離感が、その原因ですよね。
 「TAKENOKO」等のイベントで共演するのはもちろんのこと、シングル等のリリースペースも恐ろしく早く、質も高い。
 そして「きゃりーからは刺激を受けている」という発言までヤスタカ先生の口から飛び出してくると(かつてPerfumeに対してこんな発言があったか?)、
 
 「このままでは、Perfumeは二の次にされてしまうのではないか」
 
 という不安が、いやでも襲ってくるわけです。

     ★

 正直、Perfumeの仕事はヤスタカ先生にとって、かつてほど刺激的ではなくなっているのかもしれません。
 (だってもう、何年一緒に仕事をしてるんだ?)

 ただ中田ヤスタカという人の才能にとって、多少の刺激の減退など、その創造性にそれほど影響を与えないのかもしれない、とも考えます。

 今回の「だいじょばない」が、そしてさらなる次回作が、その証明になってくれればいいと、僕は願っているのですが……
 (反証だ、などと言いながら、最後はなぜか多少悲観的?(笑))

     ★

 でも、歌詞の中で、

 「BABY だいじょばないのに キミは 刺激的」

 とあるから、変に心配のしすぎかな?(笑)



スポンサーサイト

Perfume★「だいじょばない」は最良の、そして最強のB-side!

(以下は「だいじょばない」のプレビューです。未聴の方はパスして下さい)

     ★

「未来のミュージアム」が非常にプレーンな歌モノであるので、さてそのB-sideは、果たしてどんな作品になるのかと、実はひそかに期待しておりました。

 けれど、そのタイトルが「だいじょばない」だと知って、
 「あれれ、こちらも”きゃりー”系のkawaiiソングかあ?」
 と、一歩下がってしまっていたのも事実。

 しかし、実際に届けられたその新曲「だいじょばない」は、そのタイトルからは全く想像もできなかった、とんでもない内容の作品でありました。
 (なんか最近、そういうのが多いよな、ヤスタカ先生の作品は。ま、それが面白いんですけどね)

     ★

 かつて、「中田さんは、三人の声を楽器の一部のように扱っている」という発言が、三人自身からありましたが、これほどの「楽器化」は無かったんじゃないですかね。

 ちょっとダブステップ風の音も聞こえるから、フロアライクな作品と捉えていいのかもしれないけれど、視点を変えれば、アキバ系DJのミックス作品みたいでもある(笑)。
 
 いや、そんな低レベルの作品ではないか。
 湿り気ゼロのドライでハイスピードなサウンドだけれど、可愛さやユーモアもばっちり組み込まれていて、Perfumeらしさは少しも失われてはいない。
 とにかく刺激的で、僕の脳からはエンドリフィンが出まくりです(笑)。

 三人の声をサンプラーに利用するという手法も「セラミックガール」などにも見られたけれど、それをこんなにも全面に押し出してくるとは。

 後半部のサウンドのカオス状態は、もう、僕など失禁寸前……(笑)。

 「「未来のミュージアム」が、生ぬるいって?」
 「だったら、こいつはどうだ」
 
 ……なんだか、ヤスタカ先生のそんな得意げな声が聞こえてきそうな、暴れぶり。

     ★


 もしかしたら、録音時は結構まともな楽曲だったけど、でも出来上がってきてみたら、まるで違った作品になっていた、ということもあるかも。
 Perfumeにはよくあるエピソードですが。
 まあ、そのあたりの裏話は、そのうち何かのインタビューで語られることになるでしょう。

     ★

 ただ、もしこの「だいじょばない」がA-sideだったら、僕も首を捻っていたかもしれないなあ。
 B-sideだからこその、遊びぶり、過激ぶりが許される。

 「だいじょばない」は「PerfumeのB-sideにはハズレなし!」という定説を、またまた実証してくれる作品になってくれたんじゃないでしょうか。
 いや、いつの日か「B-sideの最高傑作」と呼ばれることになるかも。

 少なくとも、「最良のB-side」であり「最強のB-side」であることは間違いなしです。


     ★

 しかし、この「だいじょばない」、ライブでは、一体どんなことになるのだろうか。

 MIKIKO先生も、今頃はきっと、頭を悩ましていることだろう……

 いや、どう料理してやろうかと、舌なめずりをしているかも(笑)。

 ……いやあ、楽しみだなあ。

 だからPerfumeファンはやめられないよね(笑)


Perfume★「未来のミュージアム」TVでコレオ公開!

 昨日は二つのTV番組で、待望の新曲「未来のミュージアム」のコレオが、ついに公開されました……

 いやあ、予想外に素晴らしかった!
 ……なんて書くと、MIKIKO先生に完全に失礼ですが(笑)。

 曲だけを聴いていると、「プレーンで悪くないけど、もうちょっと引っ掛かりが欲しい」といった感じだったのですが、Perfumeによるコレオが付くと、がらっと印象が変わりました。


 コレオが単に曲の添え物では無く、音楽を活性化させているというか、リズムやメロディがぐっと奥行が増したように聴こえるのは、本当に不思議な気がします。
 (まあ、いつものPerfume(MIKIKO)マジックだと言えばそうですが(笑))

    ★

「「未来のミュージアム」はPerfume音楽のスピンオフ的作品」と、僕は散々書いてきました。

 その意見は変わらないですが、今回の(コレオ付き)「未来のミュージアム」を観て、そのどこか小ぶりで穏やかな魅力を感じたあと、ここ最近のPerfumeのシングルが、ブロックバスターというか、いわゆるマス向けの「大作」だったのだなあ、ということに改めて気づかされました。
 要するに、数万単位の大観衆を相手にした、ライブ用の作品ということです。

 いや実際に、現時点でのPerfumeの主戦場はライブ会場であるし、日本ならばそれがアリーナやフェスとなるので、それを想定した作品作りになるのは当然なんですよね。

 ただ、それを受け取るこちら側(ファン側)も、なんとなくそういう作品を求めていて、
 「次の新曲はバキバキなんだろうな」
 「ライブでがんがんに盛り上がってやるぜ」
 的な期待感を、必要以上に持っていたかもしれません。

    ★

 ところが今回、「ドラえもん」のタイアップ作品ということで、その「大作」路線から一歩外れた作品を作ることになったのは、結果としてオーライだったと思います。

 いい意味で「箱庭的」というか、「SOL」や「SAMT」のようなスケール感は無いけれど、キュートで手のひらに収まるような「小品的」味わいが、
 「こういうのもまた、Perfumeの魅力のひとつだよな」
 ということに、改めて気付かさせてくれた、という点で。

    ★

 そしてまた「未来のミュージアム」は、「TVで見るのにジャストサイズ」だとも感じました。
 
 ちょっとした手や足の動き、細かいポーズにとても味があるので(笑)、こいつを楽しむには、ライブ会場よりも、高画質のTV映像でしょう。
 「FAKE IT」などとは対照的な、「観客が必要ない」Perfume作品という感じです。
 (だから、「未来」はやっぱりスピンオフ作品、という結論になるんだけど(笑))

    ★

 昨日は「MJ」と「Music Lovers」の両番組で「未来のミュージアム」は放送されたわけですが、僕は「MJ」の方が良かったですね。

 あの探偵風の衣装の方が、動きの線が明確に出るので、コレオの意味が分かりやすい。

 そして何より、タイトミニだと、樫野さんの足の動きが良く分かる!(笑)
 それにつきます(笑)

Perfume★PTA.TV5時間生放送!

 え~、遅ればせながら……

 先週のPTA.TVの5時間生放送、リアルタイムで拝見させていただきました。

      ★

 まあ、視る前は、「どうしようかなあ。なんとか録画する方法でも見つけるか」と悩んでいたのですが、良き録画方法も見つからず、結局、全編生視聴ということになりました。
 (最初は、なんで5時間? と思ったのだけれど、PTA5周年にかけているのね、ということにはだいぶ後で気がついた次第……)

 いやあ、でも疲れたね~。
 5時間もPCの前に座って動画を視るというのも、当たり前だけど疲れるもんだ。

 特に始まってからしばらくは、休憩タイムもないもんだから、トイレには行きたくなるは、喉は乾いてくるはで、結構しんどかったです(笑)。
 まあ、初めのうちは、視ているこちらも力が入っていたかな。

 一時間を経過したあたりで、
 「これで、あと4時間か。しんど」
 と正直思ったものですが、ライブカメラの向こう側の3人組がグタグダモードに入ったのを境に、こちらも肩の力を抜いて、ところどころは流しながら視ることにしたので、最後まで頑張れました(笑)。

    ★

 でも、疲れたとはいえ、内容自体は思ったよりも充実していたというか、面白かったですね。

 予想外のゲスト(ライズマさんや春菜さん)も登場したし、なにより、スペシャルな映像をかなり観ることができたのは収穫でした。

 特に最後の「PerfumeクエストPert2」は待望の作品というか、きっと多くのファンから、もう一度やって欲しいの声が大きかったものでしょう。(僕の周囲でもその意見多し)

 ます、樫野さんの動物園訪問ですが、相変わらずのリアクション女王ぶりを発揮して、もう最高!。
 特に、アルマジロを見て驚いた時の樫野さんの口が、見事なひし形になった時には、こちらも爆笑してしまいました。
 (だれかキャプチャーしてくれていないかな。少しネットを探ってみるか)
 メインのホワイトタイガーとの絡みも、こちらが「怪我するんじゃないか?」と冷や冷やするくらいで、良かったですね。

 大本さんの着付けと生花体験は、その性格がよく出ていて面白かったけど、ちょっと地味だったかなあ?
 というか、前回のアルパカ牧場がおもしろすぎたか。
(着物と生花が出ていたのに地味というのもおかしな気がするが(笑))

 対照的に派手だったのは、西脇さんの金髪コスプレ(?)挑戦。
 親友春菜の乱入で笑いの要素を交えてのクエストだったけど、やはりその金髪ぶりには、思わずこちらもため息です(笑)。
 (こちらのキャプチャー画像は、ネット上にごろごろしていたので、拾わせていただきました)

 以前は、
 「Perfumeが髪を染めるなんて、もってのほか!」
 と思っていたけれど、ちょっと考えを改め中です。
 いや、少し程度なら、髪を染めてもいいんじゃないかと(笑)。
 まあ、今回の金髪体験は西脇さんだけでしたが、残りの二人も、機会があれば是非チャレンジをお願いします。
 樫野さんの金髪ロングなんて、想像がつかん……。

      ★

 あと、番組中の2013年版のLSGを決定する投票には、参加させて頂きました。

 僕はBの「くらげ宇宙人版」に入れたんだけど、残念ながら(?)結果は最もノーマルなAバージョンとなりました。
 まあ「くらげ宇宙人」は、確かにTシャツとしてはどうかと思うけど(笑)、ああいうヘンテコなデザインが、Perfumeらしくていいような気もしたんだけれどな。
  
      ★

 おそらく、今回の配信内容はダイジェストみたいな形になって、次のPTA会員特典のDVDになるんだろうけど、うまくまとまるでしょうか?(笑)

 あれも入れたい、これも入れたいとなったら、いっそ特典DVDも2枚組にしていただければいいかも(笑)
 アジアツアーの秘蔵映像みたいなものもまだまだ観たいし、是非そのあたり、お願いします。

Perfume★「未来のミュージアム」PV公開!

新曲「未来のミュージアム」のPV。

事前に三人が「今度のは凄い」と漏らしていたので、かなり期待大な状態で待っていたのですが……

     ★

 結論から書くと、「面白いじゃないか!」。

 2Dの世界に3DのPerfumeが入り込むんじゃないか、という事前の予想はそのままに、さらにそれを上回るような凝った内容になっている。

 「ドラえもん」の主題歌である、という事情を最大限に利用して、「ならば、その世界で遊んでやろう」というPerfumeスタッフの意気込みや創意が、すごく感じられる作品だと思いました。

     ★

 「未来のミュージアム」という曲自体が、子供達に聞かれることを想定して、引っかかりの少ないプレーンな楽曲になったことで、僕のようなヒネたPerfumeファンたちは少なからず不満を感じていただろうけど、PVの方は、子供にも分かり易い内容を保ちながら、でもコアなファンも思わずニヤリとさせるような仕掛けが満載で、「さすが。分かってるよね」と言いたくなる作品になっている。

 田中裕介監督の三作目ということになるけれど、結果として新たな「近未来三部作」みたいになってしまったのも、興味深いところです。
 (まさか、「SOL」の時から計画されていたわけじゃないだろうけれど)

     ★
 このPVに、
 「あまり好きじゃない」
 という感想を持ったファンもいるようだけれど、それも好みのレベルかな。
 確かに、個人的な好みから言えば「よくよく観るとダーク」みたいな部分もあって良かったとも思うし、ストーリーのオチ自体もちょっと臭いけど(笑)。

 でも、多くの「歌って踊る系」のグループのPVが、セットの造りは凝っているけれど、たたその中で踊っているだけで、何を表現したいんだか結局分からない、といったようなものばかりであることに比べたら、毎回きちんとしたコンセプトを立てて、映像作品として自立しているPVを送り出してくれているチームPerfumeの仕事は、やはり評価されてしかるべき。

 久々にダンス部分がまったく無いPVになっているけれど、それもPVのコンセプトが明確になっているからこそだからと思うし、あと以前に何度も書いているけれど、「未来のミュージアム」がPerfumeにとってのスピンオフ的作品である、ということの証しでもあるかな。
 (なに、ダンスなんて、これから先、いくらでも観られるだろうしね)

   ★   ★    ★

(おまけ)

 そのダンスだけれど、ショートバージョン披露はTVになるだろうとして、フルバージョンの披露は3月2日の「U-EXPRESS LIVE」になるんでしょうね。
 え~、僕は行かないんで、行かれる予定の方は、楽しんできて下さい(笑)。

 まあ、もともと予定が入っていたんで行かないんですが、それが無かったとしても、行くことにしたかどうかは微妙(笑)。
 なんだか出演者のジャンルがバラバラだし、段差が全くない幕張で座席指定というのもちょっと……。

 つうか、リンゴスターを観たいという人が、PerfumeやKARAも観たいと思うかねえ?

 近頃、「フェス」と名のつくイベントが乱立してきて、CDが売れない今日、それが音楽関係者の大きな収入源になっているのは分かっているけれど、少し、主催者側の都合だけで事が進んでいやしませんか。
 (年末の「COUNTDOWN JAPAN」も、人があまりに多すぎて、フェスそのものを楽しめなかったっすよ、ロッキング・オンさん)


Perfume★あ~ちゃんHappyBirthday!

 西脇さん、24歳の誕生日、おめでとうございます!!!

     ★

 昨晩のPTA.TVの生配信の中で
 「自分たちが24歳になってもPerfumeをやっていることなんか想像もできなかった」
 といった趣旨の発言もあったけれど、Perfumeの後を追いはじめて6年目に入った自分も、同じような思いがあります。
 彼女たちを始めて知ったとき、彼女たちはまだ10代だったんだなあ。 
 あれから、ずいぶんと長い年月が経ったんだなあ、と。

 一方で、いまのPerfumeの立ち位置を考えてみたり、また自分の中の覗いてみると、
「いやいや、まだまだこれから。もっとやってもらわなきゃ困るよ」
 という思いも確実に存在するので、つまり、簡単に言ってしまえば、「これからも頑張って下さい」につきるのですけれど。

     ★

 生配信中ではまた、「20歳の頃を境に、それまで自由な言動を抑えるようにした」というような趣旨の西脇さんの告白があって、これには少し驚きました。
 いや、実を言うと、ある時を境に西脇さんに明確な変化が起こった、ということは僕自身も認識はしていたのだけれど、それは自然な変化であり、西脇さん自らの意思によるものでは無いと思っていたのですね。いや、自分でそう思い込もうとしていたんだけれど。

 でも今回、その自らの封印を解いて、これからは昔のように自由に振舞おうと思います、といった宣言をしてくれたことに、僕は少し安堵というか、心強さを感じています。
 いや、楽しみと言っていいのかもしれない。
 僕はこれから、どんな西脇さんを、そしてPerfumeを見ることができるのだろうかと。

 これからも、よろしくお願いします。
 そして改めて、おめでとうございます!

中田ヤスタカ★個人的な「楽曲大賞2012」

 今年こそ応募してみようと思っていた、「中田ヤスタカ楽曲大賞」でしたが、またまた締切日を忘れてしまい、応募できませんでした。

 そこで、個人的に「中田ヤスタカ楽曲大賞2012」を選んでみたいと思います。

     ★

一位「ファッションモンスター(きゃりー・ぱみゅぱみゅ)」

 この2012年という一年だけで、あっという間にスターダムにのし上がったKPP。
 ボクもデビュー時から注目はしていましたが、まさかここまでの「商業的」な成功を収めるとは……。
 しかし振り返ってみれば、2012年という年が、ぴたりと彼女に照準が合っていたのも事実。

 そしてこの短期間に、「PONPONPON」「つけまつける」といった、恐らく将来に渡って彼女の代表作として語られるだろう楽曲を次々と生み出してしまった、ヤスタカ先生の才能も爆発した一年でした。
 
 年末に行われた「レコード大賞」とやらが、某グループの二年連続受賞となったことで、審査関係者サイドから、何やら不満めいた発言が出たとか出なかったとか。
 そんなことでもめるなら「つけまつける」を選べばよかったのに、とマジで思ったものです。

 じゃあ、なんでここでは「つけまつける」ではなく「ファッションモンスター」を選んだのかというと、これはもう個人的な好み(笑)。
 狙いとはいえどこか「幼稚さ」がみえる「つけ」よりも、断然カッコイイ「FM」の方を、僕は推します。
 前にも書いたけれど、ヤスタカ先生の考える「ポップ」というものが、この曲には結晶されているように思うしね。
 (ついでに言えば、PVの楽しさも一級品)

      ★

二位「JPNスペシャル(Perfume)」

 ご存知、Perfumeの「JPN」ツアーライブのために書き下ろされた、インストルメンタル。

 一聴すると同じようなフレーズの繰り返しであるようだけれど、それが深い奥行を伴いながら、まるで万華鏡のように複雑に変化していく驚異の構成。
 そしてうねるようなリズムの躍動感と、爆発的で重厚な音圧が、ボクらをとんでもないクライマックスへと導いていく。
 これに関監督の映像と、Perfumeのパフォーマンスが加わるんだもの。
 ほかに何が必要?(笑)

   ★

三位「Transparent(Capsule)」

 アルバム「STEREO WORXXX」の最後を飾る一曲。
 最近とみにインストルメンタル的な楽曲が増えてきたCapsuleにはめずらしく、歌モノで、それも日本語の歌詞を持っている。

 この曲には、なんのタイアップも付いていない。
つまりヤスタカ先生が各種の制約を受けない状態で、いま、こういったロックスタイルとも言える楽曲を書いたことに、ボクは驚きもしたし、感動もした。
 残念ながらクラブ等のライブでは披露してくれていないけれど、是非ライブでも聴いてもみたい……いや、踊ってみたい一曲。
 
   ★

四位「Hurly Burly(Perfume)」

 「Perfumeを通してJ-POPを再構築してみる」というヤスタカ先生の作業が、Perfumeが「徳間レーベル」を離れたことにより一区切りがつき、さてこの2012年という一年は、ヤスタカ先生がPerfumeサウンドの新たな方向性を探り続けた年だったように思います。

 そんな中で、ボクのイチオシは「Hurly Burly」。
 「ハリバリなんて、おなじフレーズの繰り返しじゃない」と思われる方は、是非インストルメンタル版で再試聴を。
 その音の複雑さというか、ヤスタカ先生の音作りに対するこだわりみたいなものに、改めて気づくと思います。

 日本語で歌っているということを除いてしまえば、いわゆるJ-POPの枠からは外れかけているように思える「Hurly Burly」と、そして「Spending All My Time」。
 さて、これらに続く2013年のPerfumeの楽曲はどんなものになるの?……と思っていたら、「未来のミュージアム」の発表だったんですが、まあこれは何度も書いてますが、スピンオフみたいなものなので……。
  
以上、個人的な「中田ヤスタカ楽曲大賞」でした。

 
プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。