スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★新曲「Spending all my time」について、もう少し

 さて、新曲「Spending all my time」について、もう少し。

 初OAから多少時間がたち、最初の驚きが和らいできて、ちょっとは冷静に曲が聴けるようになってきましたので、ちょっと細かく書いてみます。

       ★

 曲の冒頭から、ここ最近のPerfumeサウンドに比べて、かなり生な(?)電子音が、僕らの耳を打ってくる。
 アルバム「JPN」で、あれほど「自然になった」と評価されたサウンドを、一度チャラにしてしまったような、エレキ感丸出しのインスト。

 でも、インストだけじゃない。

 アルバム「JPN」を聴いた誰もが
 「中田ヤスタカは、もうPerfumeの声に、露骨なオートチューンをかけるのをやめたのだろう」
 と思っていたはずなのに、まるでそれを嘲笑うかのような、オートチューン丸出しのヴォーカル処理。

       ★

 かつて、「GAME」発売時のインタビューで、樫野さんが
 「中田さんはPerfumeの声を楽器と同じに扱っている」
 と語ったことがあるけれど、今回の「Spending all my time」ほど、Perfumeの声を「楽器」として使っている例は、他に無いのじゃないだろうか。

 全曲を通してみて、いわゆる「メロディ」を奏でている「楽器」は、三人のヴォーカル(コーラス)だけだし、特に中間から後半部になると、インストはリズムセクションだけとなり、それがヴォーカル(コーラス)と、透明で複雑、かつ繊細な絡み合いを見せる。
 この辺り、ヤスタカ先生の真骨頂だと思うし、僕はこの部分が、この新曲の中で一番好きだ。

 「声」で構成されているが、「歌」じゃない音楽が、そこに出現する。
 そして、日本の「歌謡曲」に良くあるストーリー性を無視した、ひたすら反復的な構成。
 ……なるほど、これじゃ、「歌」番組で披露するのは、意味が無いね(笑)。

       ★

 しかし、Perfumeサイドは、良くこの曲を「A-side」にする決断をしたなあ、と改めて思います。

 PerfumeLOCKSを聴いた限りだと、スタッフ内でもかなり議論があったようだし、シングルのカップリングや、アルバム用の曲に回すことだってできたはずだと思う。
 (アルバム「トライアングル」における「Edge」のように)

 でも、最終的に「GO」を出したのは、Perfumeの三人なんだろう。
 「Perfumeは常に前に向かって行かなくては」という思いからの決断であるのは、容易に想像がつく。

       ★

 けれど、PerfumeLOCKSでも、また「氷結SUMMER NIGHIT」でも、西脇さんはこの新曲について、「洋楽みたいで……」という、ちょっと言いわけめいた言葉を、ぽろりとこぼしていた。

 そこには、やはり、この新曲に対する「期待」とともに、大いなる「不安」もまたあるのだと思う。

 PerfumeLOCKSで、「Spending all my time」を初OAした直後、「わぁっ」と明るく歓声をあげた三人だけれども、その後のMC中には、「果たして受け入れてもらえるのだろうか」という不安や、ちょっとした緊張感が、見え隠れしていたようにも感じた。

 「Hurly Bury」をA-sideとすれば、もっと気楽に、「今度の新曲は素敵でしょう?」と言えただろうにねえ。
 でも彼女たちは、その選択はしなかった……。

       ★

 Perfumeは、この「Spending all my time」を、ライブ専用の曲とした。
 (こんな宣言って、あまり聞いたことがないが(笑))

 そこには「TV向きではない」という理由の他に、僕は「FAKE IT」の前例が、影響しているのではないかと思っている。

 「FAKE IT」は、「ねぇ」のカップリングとして発表された時点では、賛否両論を巻き起こし、必ずしも人気曲とはならかなったと思う。
 けれど、「JPN」ツアーでのパフォーマンスで、「FAKE IT」は俄然人気を取り戻し、ついには発表から二年近くもたって、PVまで制作される運びとなった(笑)。

 異例ともいえる「ライブ専用」宣言は、この前例に、倣っているのではないだろうか。
 つまりPerfumeは、「ライブ」でのパフォーマンスをもって、この新曲の最終的な評価を、ファンに下してもらいたい、と望んでいるということ。

 ならば、僕らファンは、できるだけ早く、その「ライブ」を経験しなくてはならない(笑)。

    ★

 じゃあ、この「Spending all my time」のライブ初披露が、いつになるか、ということですが……。

 CD発売日前となる、「ROCK IN JAPAN」や、「RISING SUN」は、ちょっと難しいかな、と睨んでます。

 可能性から言えば、8/18、19の「サマーソニック」か。

 ジャミロクワイや、リアーナと言った、トップアーティストたちと肩を並べるステージ。
 確かにそこなら、この「Spending all my time」の初披露に、ふさわしい舞台かもしれないが、果たして……?。


スポンサーサイト

Perfume★新曲「Spending all my time」初OA!

 ついに「Perfume Locks」にて、新曲「Spending all my time」が全曲初OAされた!

 なるほど、この新曲が、これまで1フレーズすら事前公開されてこなかった理由が、今になって分かる。

 だって、1フレーズでも公開されたら、この問題作がどういう作品か、すぐに分かってしまうから(笑)。

          ★

 「ポイント」が(一部だけど)初公開された時、僕はこのブログで、

 「ヤスタカ先生は、Perfumeを使って、エレクトリックミュージックの歴史みたいなものをおさらいしようとしているのではないか」

 と書きました。
 その時は半分冗談だったのだけれど、この新曲を聞いてみると、案外外れてもいなかったのかな、と思い始めています。

 ちょっと言いかえると、
 「ヤスタカ先生は、Perfumeを使って、世界中の様々なダンスミュージックを、再構築しようとしているのではないか」

         ★

 「徳間ジャパン」時代、ヤスタカ先生は、Perfumeという媒体を通して、J-POPという音楽ジャンルを、自分なりに一度分解し、それを(批評を込めて)再構築していたように、僕には思えるときがある。

 ある意味、その総決算が、徳間最後のオリジナルアルバムとなった、「JPN」なのかもしれない。

 「時の針」「ねぇ」「575」「心のスポーツ」などという楽曲のありようを考えてみる。いくつかのメディアに書かれていたけれど、これらの曲から連想される他の「J-POP」の楽曲は、いくつもある。
 でも、これらの楽曲は、既存曲コピーなどではなく、明確なPerfumeのオリジナルとなっているのは、ファンの方ならご理解いただけると思う。

(また、そう考えると、「JPN」というアルバムタイトルも、別の意味を持ってきたりしません?(笑))

         ★

 そして、「JPN」を最後に、Perfumeは、日本ブランド「徳間」から、世界レーベル「ユニバーサル」へと移籍した。

 それをきっかけに、ヤスタカ先生の視線も、「J-POP」から「世界のダンスミュージック」へと向かっても、不思議じゃないと思う。

 「世界の中田」として、「世界のダンスミュージック」を再構築する作業の、まず最初の答が、「Spring of Life」「コミュニケーション」「ポイント」「Hurly Burly」と、そして、この新曲「Spending all my time」に続いているなら、そのフロアライクなサウンドも、腑に落ちるような気がする。

         ★

 ラジオでPerfumeがちらりと言っていたけれど、「Spending all my time」はライブのみでの披露となり、テレビの音楽番組ではやらないそうだ。

 チームPerfumeの中で、誰がそれを言いだしたのかは知らないが、見識に富んだ判断だと、僕は思う。

 日本の超ローカルな世界観に浸された日本の音楽番組には、この「Spending all my time」は似合わない。
(あえて似合う場所を探すなら、クラブくらいだろう。ヤスタカ先生が、得意げにこの新曲を、フロアに向けてドロップする姿が、今から僕の目に浮かぶ)

 たぶん、歌番組では、キャッチーでかつCMでも耳馴染みのある「Hurly Burly」が、代役を務めることになるんだろう。

 しかし、シングルの宣伝で出た歌番組で、A-SIDE曲ではなく、カップリングをやるなんて、たぶん前代未聞のことじゃないか?(笑)

 またPerfumeが、日本音楽界の既成概念をぶち壊す……なんてね(笑)。

Perfume★アジアツアーについて

 Perfume(とそのスタッフ)は、海外進出について、本当に慎重なアプローチを取っているなあ……。

 今回の「アジアツアー」のスケジュールを見て、僕がまず感じたのがそれです。

 いや、まるで「石橋を叩いて渡る」ような、と表現したほうがいいかもしれない(笑)。

        ★

 確かに、4カ国を回るので、「ツアー」で間違いは無いけれど、公演数は各国一か所の、計4公演のみ。

 それも、各公演の間はほぼ一週間近くの日程が空いているので、恐らく各公演が終わるたびに日本に戻って来て、公演内容の修正やリハーサルも行えるし、ホテルからホテルへの移動という過酷な生活をしなくてすむから、体調管理等も比較的容易だろう。

 海外アレルギー(?)のありそうな西脇さんも、これなら大丈夫かな(笑)。

         ★

 そしてまず、記念すべき最初の海外公演が、「台湾」から始まるというのも、納得のスケジュール。

 「JPN」ツアーに行かれた方の中には、いくつかの会場で、台湾から来られたファン(それも団体)の姿を見かけた方も多いと思う。
 もともと台湾は、J-POPが盛んに聞かれている土地だし、かなり大きな非公認のPerfumeファンクラブもあると聞いている。
 そういう意味から、公演の成功率がとても高い(まあ、失敗することなど僕は想像していないけれど(笑))国ではある。

 2公演目は、同じ中国語圏の香港。

 3公演目は、メンバーが個人的になじみのある韓国。
(友人であるK-POPアーティストたちが、楽屋にでも遊びに来てくれれば、彼女たちもリラックスできるに違いない)

 最後に、ある意味、一番読めないシンガポールを、持ってきている。
 (シンガポールの人にはごめんなさい。かの地のことに不勉強な僕の、まったくの偏見ではあります(笑))

         ★

 どの国の公演会場も、実際の会場の大きさは分からないが、恐らく「ライブハウス」と呼ばれている場所だと思う。
 そこで、一国一公演というのは、(Perfumeファンとしてのひいき目かもしれないが)少々公演回数が少なすぎるような気がする。

 けれど、そこで公演回数を多くしたり(まあ追加があるかもしれないけれど)、大きめのホール会場にしないのは、この「アジアツアー」が、「まず一歩、踏み出してみよう」という意味が大きいし、やがて始まるだろう、より大きな世界ツアーに向けての、「テスト」的な意味も含んでいるのだと思う。

         ★

 前にも書いたかもしれないけれど、僕はいきなりヨーロッパ公演、アメリカ公演でもいい、と思っていました。
 とにかく、四の五の考えずに、やってみちゃえば、と無責任にね(笑)。

 そこで仮に失敗したとしても、それはそれで構わない。きっといい経験になると思っていたし、成功すれば、それはそれで、大喜びすればいい。
(去年のカーズ2のワールドプレミアなど、ついでにロスでライブをやってみる好機会だと思ったのだけれど)

 毎年パリで開催されている「JAPAN EXPO」から、何年か前、Perfumeに対して出演依頼が来たことがあった。
 「スケジュールの都合が合わない」とのことで、Perfume側がその依頼を断ったらしいけれど、僕はその話を、とても残念な気持ちで聞いた記憶があります。
(ちなみに、今年の「JAPAN EXPO」の出演者は「きゃりーぱみゅぱみゅ」と「ももクロ」である。なんだ、この先を越されたようながっかり感は(笑))

        ★

 でも、まあ、Perfumeサイドが、こうして慎重とも思える「アジアツアー」を始めるなら、それはそれで理解できます。
 きっと、単なる「海外進出してみました」という勲章が欲しいわけではなく、本当に「成功する」海外進出を、Perfumeサイドは望んでいるんでしょう。

 もちろん、僕は心から、そのチャレンジを応援します。

 問題は、その「応援」する気持ちを、どういう形(行動)で示すか、ですが……(笑)。

 彼女たちと一緒に海外に行って、現場で応援するのが、果たしてベストなのか??

 ……それに関しては、また別の機会に書きたいと思います(笑)

Perfume★Global Compilation “LOVE THE WORLD”

 昨日の「氷結SUMMER NIGHT」のレポートは、なんだかやたらと疲れ切った頭で書いたので、ボロボロの内容でした(笑)。

 たった、30分のイベントだったのですが、いろいろとあったので、きっと僕の頭の処理能力では追いつけなかったのだと思います。すみません(笑)

 さて、一晩たって、少し落ち着きを取り戻した頭で、昨日発表になった重大ニュースをちょっと考えてみます。

 今回は、「Global Compilation “LOVE THE WORLD”」の発売について。

      ★

 これまで、「COMPLETE BEST」というアルバムはあったものの、Perfumeにとって、この“LOVE THE WORLD”が、事実上の最初のベストアルバムでしょう。

 僕がこの“LOVE THE WORLD”で、ちょっと注目したのが、このアルバムが現在の契約先であるユニバーサルではなく、「徳間ジャパン」から発売される、ということ。
 
 「そりゃ、「JPN」以前の曲の版権は徳間にあるんだから、 過去の曲を集めたコンピレーションが徳間から出るのは当たり前」
 ということは承知しています。

 でも、このコンピは、明らかにPerfumeの海外ツアー開始に合わせて、発売が計画されている。

 つまり、Perfume(アミューズ)と徳間は、連携をとって、このコンピを発売するということ。

 おまけに、明日(7/25)に、PTAメンバーを集めて撮影されるPVは、このコンピの特典DVDに収録される「FAKE IT」のPV撮影だということも、明らかにされた。
 (蛇足ながら、僕は、この撮影参加に応募しましたが、外れました……(涙))

 これって、良く考えると、とても奇妙なことに思えるのだけれど。

 だって、他のレーベルに移籍してしまったアーティストが、元の契約先のためのアルバムの仕事をする、ということですからね。

        ★

 数年前、某女性アーティストが、元の契約先のレーベルが発売しようとしたベストアルバムについて、「このアルバムは買わないでください」とファンに訴えた、なんていう事件があったことが、僕に頭によみがえります。

 それは極端は例かも知れないけれど、他にも、いわゆる「ベストアルバム」をめぐって、アーティストとレーベル側がもめたりするのは、良く聞く話。

 一方、このGlobal Compilation “LOVE THE WORLD”は、アーティストが元契約先と協力して、アーティストのために(或いは両者のために)作りだそうとしている。

 業界にあまり詳しくないんで、こういった例が良くあることなのかは分からない……。

 けれど、なんだかそこに、ちょっと暖かなものを感じてしまうというか、
 「Perfumeのためならひと肌脱いでやろう」
 という人たちが、彼女たちの周りにいるからじゃないか、などという考えは、いちPerfumeファンの勝手な思い入れなんでしょうか(笑)。
 
 (もしかしたら、単なる冷酷な契約が、移籍時にあっただけかもしれませんがね(笑))

Perfume★「氷結SUMMER NIGHT」レポート


(注)
 「氷結SUMMER NIGHT」に行くので、そのレポートを書きます、と言った手前、とりあえず速報的に以下に書きますが、かなりネタバレの内容となります。
 もっとも、本イベントの内容は、生放送で全国各地のビジョンで放送済みらしく、またすでにYAHOOニュース等でも一部報道されているの、それほど神経質にならなくてもいいのかな(笑)。
 
 後日にキリンのHPで、このイベントは観られるそうなので、ネタバレが嫌な方は読まないよう、お願いします。

         ★

 さて、開催場所は、渋谷ヒカリエ内の9Fにあるヒカリエホール。
 
 まあ、噂には聞いていましたが、かなりおしゃれなビル。

 僕が到着したのは、17:30。
 エレベーターで9階に上がると、すでに係の人によって、整理番号順に列が作られています。
 客層は、意外と落ち着いた(?)、大人な雰囲気の方々。
 やはり、20歳以上という参加条件が効いているのかな?

 さて、18時になり、整理番号順に、身分チェックを受けながらの入場となります。
 僕の整理番号は400番台。
 残念ながら、PTA当選だから整理番号が早い、ということは無かったようです。というか、順番的にはかなり後の方(笑)。
 30分ほど待たされてから、やっと会場に入らせてもらえました。
 入口でサービスの氷結を一缶もらい、ホールの中に入ります。

 ヒカリエホール、という名前から、てっきり座席のあるホールかと思っていたのですが、実際はオールスタンディングのライブハウス形式。
 すでにステージ前は、先に入場した人たちに占有されていて、近づくことはできませんが、長方形の会場を横に使う形なので、後ろの方と言っても、それほどステージとの距離は無く、とりあえずは一安心。
 驚いたのは、会場後方にあるテレビ用カメラの台数の多さ。
 手持ちのカメラもすでに数台、移動しながら会場の様子を撮影していて、改めて販促のイベントなんだなあ、という印象。

          ★

 さて、19時を少しまわった頃、おまちかね、開演のアナウンスが流れます。
 そのアナウンスの中で、このイベントの模様が、全国各地の街頭ビジョンに生放送されることが告げられ、おおっという歓声が上がる。
 そして開演。

 まず、ステージ奥のスクリーンに、映像が流れる。
 どこか、Perfumeのグローバルサイトを連想させるようなグラフィック映像。

 そして、唐突にPerfumeの三人の姿がステージに現われる。
 おなじみ「レーザービーム」のイントロと、オープニングポーズで。

 わっと会場が沸き、飛び交うレーザーの中で、Perfumeが踊り始めたのだけれど……
 あれ? 何かおかしい。

 なんと、それは本物のPerfumeではなくて、等身大のホログラム映像。
 初めは、照明の加減で三人の姿がちょっとぼやけているのかな、と思ったくらい、かなりリアル。
 そのまま、映像のPerfumeによって「レーザービーム」(ショートバージョン)は終了。

 そして間髪をおかず、「Spring of Life」のイントロが流れ、引き続きホログラムの三人が踊り始めます。

 ……さすがに、この頃になると、ちょっと不安になってくる。

 「確かに、Perfumeが生出演する、とはどこにも書いていなかったよなあ」なんて考えながらも、曲はどんどんと進んでいき、例のエレクトロなブリッジ部分に。

 その時、まるで魔法のように、ステージ中心に本物のPerfumeが現われ、びっくり。
 会場全体が沸騰したようになりますが、僕の方は、どちらかというと一安心(笑)。

 そして、生のPerfumeとホログラム映像が、共演するように踊り始めます。
 このホログラムが凄い、というか、一体どういうテクを使っているんだ、というほど立体的で、インタラクティブな動きを見せる。
 あのPerfumeのグローバルサイトが、目の前で3Dで展開しているというか、映画「トロン」の世界の中にでも入り込んでしまったような感覚さえ憶える。
 こんなことができるんだ、というのが正直な感想で、ただただ驚くのみ。

 そして、曲は「GLITTER」へ。
 それもアルバムリミックスでは無く、オリジナル版です。
 (もしかして、「GLITTER」のオリジナルのフル披露は、このイベントが最初では?)

 もう、ここまでで、とんでもないモノを観させていただいているなあ、と思っていたところへ、ホログラム映像に浮かびあがるのは、「Hurly Burly」の文字。
 まさかと思っていた、「Hurly Burly」の生による初披露。
 
 そこそこ長い間、Perfumeのファンなぞをやらせていただいておりますが、まったくの新曲を生で披露してもらうのは、武道館での「Dream Fighter」以来。
 興奮して騒いて良いのやら、じっと新曲を見つめるべきなのか、迷っている間にも、曲はどんどん進んでいく。(ああ、もったいない(笑))。

 ライブは、この「Hurly Burly」で終了。
 「Perfumeでした。ありがとうございました」という言葉を残し、Perfumeはあっさりとステージから退場してしまいました。

        ★

 あらあら、と思っていたら、すぐに再登場して、ここからはMCタイムの開始です。

 ちょっと「氷結」宣伝用のMCを行いながら、先ほどの凄い映像技術の説明も、西脇さんがしてくれたのですが、まあ案の定、最後の方は擬音だらけとなり、正直良く分からず(笑)、僕の頭には入っていません(笑)。

 そして同時に、いくつかの重大ニュース発表がありました。

 まず、ついに決定した、「海外公演」!
 アジアツアーを開始するそうです。(詳細はYAHOOニュースをご覧ください)

 個人的には、ハードル高く、いきなりヨーロッパツアーなんかにチャレンジして欲しかったんだが、まあいいでしょう。

 そして、(おそらくそのツアー用にでしょうが)コンプリートアルバムを、9月に発売するとのこと。
 ヤスタカ先生の新リミックスも入っている、かなりダンサブルな方向に振ったアルバムらしいですが。

       ★

 MCタイムも終わり、Perfumeの再退場で、「氷結SUMMER NIGHT」は終了。
 
 正味30分程度でしたが、かなり内容の濃いイベントでした。

 会場を立ち去りがてら、改めて会場後方のスタッフ席を見てみると、十数人の技術者風の方々が。
 あのホログラム映像のために、それだけのスタッフが必要だったのでしょう。

 改めて、かなりお金をかけたイベントだ、ということを理解しました。

 いやあ、キリンさんはいいスポンサーだ、と改めて実感(笑)。

Perfume★「Spending all my time」の衣装

 「Spending all my time」の衣装が発表されました。

 前のブログにもちょっと書きましたが「ほお、そう来ましたか」というのが、僕の最初の印象……。

 そして個人的には、ちょっと一安心、でもある(笑)。

      ★

 というのも、事前に今回は「驚きの衣装」という情報を得ていたので、その「驚き」が変な方向に行っていなきゃいいのだが、と少し不安だったのですね。

 前作の「Spring of Life」では、中にLEDを埋め込むという仕掛けも盛り込みつつの衣装だったので、今回はさらにそれを推し進めていって、紅○歌○戦の小○幸○さんみたいな派手派手になっていたら、ちょっと引くなあ、と思っておりました。

 また、「JPN」ツアー以降、Perfumeさんの衣装は、徐々に露出度が増しているんで(笑)、今回はそれがさらに進んでしまって、ちょっと目のやり場に困るような過激なものになっていても困るなあ、とも。

 しかし、今回発表された衣装は、そういう想像とは、言わば真逆の方向のデザイン。

 まるで、近未来レトロ感覚アニメの主人公たちが、学園の中で着るような制服風。
 ド派手や過激セクシーとは、まったく無縁の世界感。

 そしてもうひとつの注目点は、三人の衣装のデザインが、ほぼ同一であるということ。

        ★

 ウチザワ・ケンさんがPerfumeのスタイリストとなってから、基本的に彼女たちの衣装は、三人のデザインに違いを持たせるスタイルで通してきた。
 大本さんはショートパンツ、樫野さんはミニ、西脇さんはワンピースとして、髪型と同じように、衣装も三人の個性を表現するツールとなっていた。
 (ちょっと脱線すると、「ドーム」公演を境に、ケンさんはPerfumeの仕事から離れたらしい。その頃から、Perfumeの衣装が(当然だけど)以前のものと変わってきたと思っているのですが、まあ、この話は別の機会に……)

 今回は、長い間守ってきたそのスタイルを放棄して、三人が同じ衣装となっている。

 そしてなんと、大本さんまでスカートである! それも膝下!
(大本さんが正式にスカートをはくのは、NHKのリサイクルキャンペーンCM以来か?)

 確かにこれは「驚き」かもしれない(笑)

      ★

 しかし、この「衣装」のおかげで、僕はますます、この新曲「Spending all my time」がどんなものになるのか、想像がつかなくなってしまいました……(笑)

 もっとも、次の木曜日には「Perfume Locks」で初オンエアーされてしまうのだけれど。

 この「もやもや」も、あと数日(笑)。

      ★

(おまけ)

 次の月曜に行われる「氷結SUMMER NIGHT」のチケットが当選してしまいした。

 「ダンスコンテスト」に引き続き、どうも、この手のイベント系には運があるな、自分(笑)。
 (TV番組収録系の抽選は全滅だけれど)

 ということで、行ってきた暁には(ネタバレ禁止令が出なければ)レポートなんぞを書いてみるつもりですので、よろしく。
 (サプライズで、「ポイント」や「Hurly Burly」の初披露……なんて無理な注文か(笑))


Perfume★Video Clip エキストラ募集

 すでにPTAの皆さんには、お知らせメールが行っているので御存知かと思いますが、なんと、PerfumeのVideo Clip撮影のエキストラを、PTA会員の中から、緊急募集とのこと!

 それも、ライブ演出のシーンでのエキストラを、400名とか。

 これには、正直ちょっと驚きましたね。
 ……というか、ぜひ参加してみたい。

 が……

 平日の、それも朝から夜までの拘束ですか。

 とほほ、条件が厳しいなあ……。

       ★

 それにしても、この時期のVideo Clip撮影というのは、どういうことだろう。

 はじめ、このお知らせメールを見たときは、「Spending all my time」のPVかな? とも思ったけれど、良く考えると、8/15発売のCD(DVD)に収められるはずのPV用にしては、いくらなんでも撮影時期が遅すぎる。

 すると、「Hurly Burly」か「ポイント」用のPV?
 (発売日頃にネット配信予定?)
 うーん、良く分からない。

 参加条件に
 「モノトーン(白・黒・グレー)の服装でお越しください。
 演出の関係上、Perfumeのグッズの着用(Tシャツ・タオル・リストバンド等)、コスプでのご参加はNGとさせていただきます」
 とあるのも興味深い。

 なんだろう、このモノトーン縛りは?
 もしかしたら、エキストラはPerfumeファンでは無い、という設定とか?

           ★

 うーん、やはりこいつにはぜひ、参加してみたい。

 別に「PVに映りたい」などという願望はさらさら無いですが(笑)、PerfumeのPVがどのように撮影されるのか、例えエキストラだろうと、それに参加しながら目撃できるなんて、こんな機会はおそらく二度と無いでしょう。

 撮影の前々日に行われる、「氷結SUMMER NIGHT」の方をキャンセルしてでも、こちらに参加したいくらいだけれど……

 とりあえず、エキストラの方も応募だけはしてみるかな。
 
 もし、万が一当選したら……

 その時は、職場の連中に頭を下げて、休みを取るしかないなあ(笑)。
 
 休む理由は死んでも言えないですが(笑)

          ★

 「Spending all my time」のジャケ写真が、先ほどからPerfumeのHPで公開されていますな。

 ほほぉ~、そうきましたか(笑)

 (と思ったら、あっという間にアクセス不可に……(笑))

Perfume★「音楽の日」と「CDTV」

 先の週末は、Perfumeが久々に、一日に二度の生出演ということで、こちらもTVの前に陣取らせていただきました。

         ★

 まずは「音楽の日」。

 こういう、ちょっと堅苦しい感じで、なおかつ多くのアーティスト(歌手)の方々が次々と出てくる形式の番組には、あまりPerfumeは合っていないというか、その良さを視る人に分かってもらえないのでは、と思っているのですが、さてどうだったでしょう。

 番組を観終わっての感想は、まあ基本的には上記とあまり変わりはないのですが、案外(と書いちゃまずいか)良かったのでは?

 VTR出演するアーティストが多かった中で、しっかりと生で出演していて存在をアピールできたし、歌前のTBSの安住アナとの絡みも、どこか堅かった番組の空気を、ちょっと柔らかくしてくれたように思う。
 肝心の「Spring of Life」のパフォーマンスも(そして衣装も)、クリーンな印象でとても良かったのでは?


 まあ、めずらしく、最後で西脇さんが振りを間違えてしまいましたが、それも生放送ならではのご愛敬(笑)。

 西脇さんが生放送中に、あからさまに振りを間違えたのは、僕の知る限りでは、08年のレコード大賞の時以来かな?
 そういえば、あの時も、番組の司会は安住アナだったか……。

 うーん、安住アナとPerfumeの相性は悪くは無いと思うのだけれど、そう言う点では、今後、この組み合わせは要注意かもしれない……(というのは冗談です(笑))。

       ★

 次は夜中の「カウントダウンTV」のスペシャル。

 明け方近くまでの長時間放送ということで、こいつは録画かなと思っていたのですが、割と番組の頭から出ていてくれたので、とりあえず生観賞。

 やっぱり、こういう、ちょっとくだけたというか、リラックスしてやれる番組の方が、Perfumeには合っているなあ。

 いきなり「レーザービーム」(ショートバージョン)からのスタートだったのですが、曲の最後、いつも通りマイクを突き出してバシッと決めた大本さんが、近寄ってきたカメラに向かって、そのマイクをぐりぐりさせてのおふざけパフォーマンス。
 早くも楽しい番組になりそうな予感(笑)。

 途中のゲスト同士のMCでは、「今年のベストショット」として西脇さんが、彼女(近藤春菜嬢)との、京都旅行でのスナップを披露。
 ……つうか、またかい(笑)。
 (まあ、仲良きことはなんとか、で)


 そして、お待ちかねの本パフォーマンス。

 まず、前披露のファンモンさんのステージに三人が飛び込むように現れ、ファンモンさんをちょっといじり、そのファンモンさんが一旦はけたら今度は、「(ファンモンさんは)裏でずっと振りを練習していたんですよ」と、西脇&樫野コンビが得意の暴露ネタで、会場を沸かす(笑)。(この二人、やっぱSですよね)

 かつて、名番組「Happy!」で、フット後藤氏が、「Perfumeと共演すると大やけどをする」と言っていたが、その通り、危ない危ない(笑)。


 そして、曲はなんと、予想もしていなかった「コミュニケーション」のTV(映像)初披露。

 武道館で初めて見た時も「この曲のコレオグラフはいいなあ」と思っていたのだけれど、こうして落ち着いて詳細に見ると、コケティッシュでキュートなコレオも、かなり複雑で動きが早い。
 これもPerfumeでしか表現できないパフォーマンスだなあ、とおもわず見とれる。

 ……けれど、曲の後半で、西脇さんのヘッドセットがズレ落ちてくるという、アクシデントが発生。

 本日二度目の不幸。
 この日は西脇さんにとって、もしかしたら厄日だったかも(笑)。


Perfume★新曲「Hurly Burly」などなど

 PerfumeのGlobalサイトの音楽が、いつの間にか変更になっている。
 
 例のダークなエレクトロから一転、明るくてポップなダンスチューン……
 
 ……って、これは、なんと「Hurly Burly」のインストじゃないですか!

        ★

 初めて耳にする、この「Hurly Burly」のインスト。

 正直言って、最高です。
 歌は付いていないけれど、僕はこれだけで白メシが三杯はいける、じゃなくて、がっつり踊れる(笑)。

 こんな曲がクラブでかかったら、盛り上がりは間違い無し。
 8月に新木場のクラブageHaで、ASOBISYSTEMのアニバーサリーパーティが開催されるけれど、ヤスタカ先生には、是非こいつをDJブースからドロップして欲しいなあ。

 以前のブログで、「Hurly Burlyは名曲になりそうな匂いがする」と書いたけれど、もう匂いどころじゃない(笑)。
 僕の中では、確信に近くなっています。

    ★

 話はちょっと代わり……

 8月に発売される雑誌「Rockin' on Japan」に関して、その編集者のブログに、以下の内容が……

  http://ro69.jp/blog/japan/70136

(以下は勝手に転載)

  8月15日にシングル『Spending all my time』をリリースするPerfumeにロングインタビュー!

驚きの新曲に驚きの衣装。
アルバム『JPN』とシングル『Spring of Life』の流れとは大きく違う今回のシングルについて。
そして、『JPN』ツアーに込めた思いについて。

 (以下略)


 ……まじですか。

 この編集者の言葉を信用するならば、『Spending all my time』は、「驚き」の、そして「新たな流れ」の新曲になっているということ。

 そんなことを聞くと、もう、期待が否が上にも高まってしまうのを、抑えきれない。

 ……が、でも、一方で、ちょっと不安もある。
 その「驚き」と「新たな流れ」が、果たして僕らPerfumeファンの(少なくとも僕の)望む方向のものであるのか、という不安……

 ……悶々としながらも、僕らは待つしかないですが、こういう「悶々」も楽しみのひとつと言えばひとつ(笑)。

      ★

 TVで流されているKIRIN「氷結」のCMが、ここ数日、「Hurly Burly」を使った最新のものから、ひとつ前の「やさしい果実」のバージョンに戻されている。
 Perfumeの三人が、別々の場所にいるように見せて、実はひとつのセットにいる、という、トリックアート的な「Triple Screen編」というやつです。

 実はこのCM、個人的にはかなり好きなんです。
 特に、樫野さんの髪型には、やられた……(笑)

 そして、バックに流れる「ポイント」は、改めてそのメロディの素晴らしさを、実感させてくれる。

     ★

 以上の三曲が入っている、次のシングル。

 正直言って、Perfumeのシングル発売が、これほど待ち遠しいのは、久しぶりです。
 シングルを超えて、僕はもう「ミニアルバム」級の期待感を持って、発売日を待っています。


Perfume★「氷結SUMMER NIGHT」!

 PTAから届いたお知らせメール。

 なんじゃらほい、と開いてみると、そこにはなんとも嬉しくなる情報が……。

 “この夏、氷結とPerfumeによるスペシャルプロジェクト、「セカイガ キラキラ ハジケル SUMMER PROJECT」が始動します“

          ★

 こいつは、久々に、テンションが上がりますねえ(笑)。

 HPを見ると、スペシャルコンテンツの開始など、なにやらいろいろと仕掛けてくれるようですが、とにかくまず気になるのは……

 スペシャルイベント「氷結SUMMER NIGHT」!

 まあ、もちろん「氷結」の販促イベントなんでしょうが、開催場所など詳細は不明。
 当然、Perfumeの出演はあるだろうけれど、他にも何かサプライズでも?……
 (ちょっと前のブログで、新曲「Spending all my time」はタイアップ無しか? などと書いておりますが、もしかして早とちりだった? もしかしてこの新曲も「氷結」のCMソングで、このイベントで初披露、とか?)

 いやあ、やってくれるな、KIRINさん。
 さすが大企業、お金持ち、太っ腹!

 まあ、この「氷結SUMMER NIGHT」、応募はしてみますが、競争率は高そうなんで、参加は厳しいかな……。
 でも、こういう仕掛けをしてきてくることが、ファンの一人としては嬉しいですね。

 いやあ、ほんとにいいスポンサーが付いてくれましたよ、Perfumeは。

Perfume★新曲「Spending all my time」の情報が少し……

 先日のラジオ「Perfume Locks」で、三人が新曲「Spending all my time」について、いろいろと語ってくれたのですが……

 その内容はというと……

 ①歌詞が少ない
 ②入りからかなり行っちゃっている
 ③日本語の使いかたが、中田先生なりの使い方(?)
 ④メロディのセンスがいい
 ⑤踊れる夏ソング
 
 とまあ、毎度のことながら、三人組から事前情報というやつは、どう解釈して良いのやら、こちらを大いに困らせるわけですが…… 

        ★

 素直に解釈すると、「歌詞が少ない」ということから、「おっ、久々に歌モノじゃなくて音モノか?」ともとれるのですが、さて、どうなんだろうなあ。

 ちょっと気になるのは、上記の条件が、もろ「きゃりー・ぱみゅぱみゅ」楽曲にも該当する、ということ(笑)
 (「つけまつける」あたり、想像していただきたい)

        ★

 少し前、とある友人から「きゃりーの曲とPerfumeの曲の区別かつかない」と言われ、思わず「ばかもん、全然ちがうわい!」と熱く反論したのだが、もしここで、「きゃりー風」の楽曲でもドロップされた日には、こちらの立つ瀬が無くなる……。

 まあ、そんな個人的でどうでもいいことは置いておいても、ちょっと嫌な(?)予感もする。
 「きゃりー楽曲」はご存じの通り、海外でも大うけで、YouTubeの「PONPONPON」プロモのアクセス数は、3千万回を超える勢いだ。(3百万ではなく、ですよ)。
 これから本格的な海外進出をもくろんでいるPerfumeにとって、同じ中田ファミリーのこの成功は、やはり無視できないだろう。
 中田ヤスタカ先生が、「そうか、この手は海外でイケるんだな」と考え、「きゃりー手法」をPerfumeの楽曲に導入しても、おかしくはないかもしれない。

 ただ、もしそうであっても、「きゃりー」の影響は限定的である、というのが、僕の予想ですけど。
 いや、そうでなくては困るのだけれど(笑)。

       ★

 誤解を招かないように書いておくけれど、僕はきゃりーさんの事は好きだし、その曲も結構楽しく聴いている。
 でも、(同じヤスタカ作品とは言え)「きゃりー・ぱみゅぱみゅ」と「Perfume」の音楽は別の世界の属すると言っていいほど違うものだ、とも思っている。
 「きゃりー・ぱみゅぱみゅ」の曲は、「旬」という感覚が大事というか、(本当に誤解を招きそうだけれど)その「旬」感覚こそが、きゃりー音楽の魅力でもあると思う。
 だから、アルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」は、まるで超特急のように製作されて発売された。
 「JPN」みたいに、完成まで2年以上の歳月をかける、なんてことは考えられず、そのあたりがPerfumeと立ち位置みたいなものが違っている。

       ★

 なんだか話の主軸がきゃりーさんの方に傾いてしましましたが、まあ新曲は、「Spending all my time」なんていう、生真面目なタイトルなんで(笑)、新しい要素は入るにしろ、Perfumeらしい楽曲になってくれているとは信じています。
 「Spending all my time」の初披露も、おなじみ「Perfume Locks」でのOAになりそうだ。

 すでに撮影を終えている「PV」も「今までにない感じ」ということらしいけれど、またまた新たなPV監督の起用がある?

       ★

(おまけ1)
 8月の「ROCK IN JAPAN FES」の模様は、どうやらWOWOWにて生放送されるよう。
 Perfume出演日も16:30からの放送だから、Perfumeのステージも生中継されるのでは?


(おまけ2)
 僕の知り合いに、「Perfumeのことは好きじゃない」という女性がいて、まあそれは個人の嗜好なんで、僕はとやかく言うことはなかったのですが、この前、久しぶりにその女性に会って、たまたま彼女のiPodの中をのぞいたら、なんと「JPN」が入っていたのですね。
 「あれ、Perfume、入っているんだ」と僕が言ったら、彼女は少し恥ずかしそうに「うん」と答えたのですね。
 う~ん、「JPN」は偉大だなあ……(笑)


DVD“Perfume 3rd Tour 「JPN」”の詳細発表!

 8/1発売予定のライブDVD“Perfume 3rd Tour 「JPN」”の詳細が明らかになりました。

      ★

 まず、ジャケット。

 通常版のそれと限定版のが違うのはいつも通りだけれど、限定版のそれには、早くもファンの間に「?」マークが飛び交っているようです。
 僕も、通常版のカッコよさに比べて、限定版のそれは、まるで「ひよこのお菓子」の包み紙にしか見えなくて、「なんじゃこりゃ」と思ったけれど、まあ、実物を手にしてから、最終評価は下しましょうか。
おそらく、なんらかの仕掛けがあるんだろうし。

      ★

 さて、肝心の中身の方に話を移して……。

 まず本編DVDですが、WOWOWの放送でカットされた、「JPNメドレー」とアンコールの「DF」が収録された完全版となっていて、まあこれは予想通り。

 むしろ期待は、初回限定版に付く「特典DVD」の内容ですが、以下の通りです。

 [DISC2]
 さいたまスーパーアリーナ ENCORE
 スパイス -マルチアングル-
 時の針 -あ~ちゃん Ver.-
 時の針 -かしゆか Ver.-
 時の針 -のっち Ver.-
 ご当地チーム分けMC

  -追加公演@日本武道館4DAYS-
 コミュニケーション
 Spring of Life


 ……うーん、正直言って、この内容には満足です(笑)。

 6/16日のブログで「特典DVDに収録して欲しいもの」として、ごたごたと色々書いたのですが、その際の僕の要望が、ほぼ満たされているといって言い内容。

 マルチアングルではないけれど、「時の針」のスペシャルバージョンが入っているし、武道館の「SOL」と「コミュ」もばっちり。
 「さいたまスーパーアリーナ ENCORE」と題されているトラックも、おそらく例の「運動会」の模様が収められているんだろうと思う、と大いなる期待。(初日か二日目かは、観てのお楽しみだけれど)

 「スパイス」のマルチアングルは予想外だったけれど、これも納得の収録。
 とにかくこの曲のコレオグラフは複雑で、観るアングルもとても重要。ライブ現場でも、下手な角度だと、何をやっているのか分からない、ということも(笑)。
 このマルチアングルで、やっと僕らは「スパイス」を堪能できる、ということです。

 「ご当地チーム分けMC」は、どう編集されているのか分からないけれど、全公演が網羅されていると面白いね。(特に仙台のは注目(笑))

 おなじみ三人による「副音声」も、どこかのトラックに入れてくれているんだろうか。

 沖縄「海パーン!」の模様が収録されていないのは残念ですが、まあそちらは、恒例の「PTA」のDVDに期待していいのかな?(よろしく頼みますよ)

         ★
 
 なんだかすでに、このDVDの「初回限定版」の予約はかなり難しい、というか絶望的な状況のようで、予約しそこねたファンの方々はかなりパニック状態のようですが、こんな内容を発表されると、そのパニックもさらに増大するのでは?

 すでにCDショップで予約を済ませた自分も、「ショップが手続きミスなんかをしなきゃいいが」と、無用な不安にも駆られてしまいますが、とりあえず、発売日前日には、フライングゲットといきましょうか。

 あ、やっぱりポスターが付くのね。そちらも楽しみ楽しみ。
 ……って、もう自分の部屋に貼るスペースがないけど……(汗)

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。