スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★新曲「Spending all my time」について、もうちょっと考える

 さて、新曲「Spending all my time」について、もう少し考えてみます。

 ひとつ気になっているのは、(あくまでも現時点情報でですが)、メイン曲である「Spending all my time」に、タイアップが付いていない、ということ。

 僕の怪しげな記憶をだどってみても、タイアップ無しのシングルは、「不自然なガール」までさかのぼれる。
 いや、「不自然」は「ナチュラル」とのダブルAサイドだったことを考慮すれば、、シングルAサイドだと、なんと「ワンルーム・ディスコ」以来!(3年以上も前だ)

 それも、この「Spending all my time」は、しっかりとしたタイアップの付いている「Hurly Burly」「ポイント」の2曲をBサイドに従えて、なのである。

 このBサイドの2曲は、すでに「氷結」のCMを通じて、僕らファンの間だけではなく、テレビの前にいる一般の人たちの耳にも、そのメロディが記憶されているはず。
 シングルとして売り出すなら、そういう
 「あ、これ聴いたことがある」
 といった曲をメインに据えたほうが、アピール度は絶対に高くなるし、販売枚数の増加にもつながるはず。

 しかし、あえてその作戦を取らないということは、この「Spending all my time」は、チームPerfumeにとって、香川真司並みの期待の大型新人、ということになるのだろうか?
(あ、そういえば、香川選手はPerfuneメンバーと同じ、23歳ですな)

               ★

 かつて、「Baby cruising Love」をシングルとしてリリースしようとした時、そのカップリングとして作った「マカロニ」があまりに素晴らしい出来なので、予定を変更してダブルAサイドとなった。
 ……というようなエピソードを聞いた記憶がある。
 (ちょっと脱線するが、かつてスガシカオさんが、なぜ「マカロニ」をメインとしなかったのか、とPerfumeの前で訴えたことがある。僕もまったく同感。「BABY」を捨ててでも、「マカロニ」をメインシングルとして売り出すべきだった)

 もしかしたら、その時と状況が似ていて、「Spending all my time」が出来上がった時、その素晴らしさゆえ、
 「タイアップ曲をサイドに回してでも、これをメインとしてリリースしよう」
 という決定が、チームPerfume内でなされたのでは?

 だとすると、この「Spending all my time」は、「マカロニ」以上の名曲なのかもしれない……
 ……などという妄想を抱いてしまうのだが、ちょっとアオリ過ぎかな?(笑)

                    ★

logo


 さて、この「Perfume Records」のロゴですが、他のファンの方の指摘で気がついたのだけれど、アルファベットが三人の髪型になっている!

 かつて、「売れるまでは髪型を変えない」としていたPerfumeですが、こうなると「海外で売れるまで、髪型は変えない」ということになるのかな(笑)

 昨年の今頃、「もうパッツンには飽きた」として、その髪型をいろいろと試行錯誤していた樫野さんが、秋以降、すっかりと元のパッツン戻しているのは、この海外戦略のせいなのか?
 
 かなり前のブログで、樫野さんの髪型変更を「Perfumeの2011年10大ニュース」のトップとし、「樫野さんのパッツンこそ海外進出の最大の武器」とか「かしゆかパッツン保護委員会設立」などと、無責任に書き散らかした自分としては、なんだか樫野さんの自由(あくまでも髪型のね)の束縛を後押ししてしまったようで、冷や汗ものですが(笑)……

 まあ、どちらにしと、このロゴデザイン、とても良いですよね。
 (と誤魔化して、今回は終わる(笑))
スポンサーサイト

Perfume★新曲「Spending all my time」リリース情報がドロップ!

 週末に行われた「MTV VMAJ2012」。
 Perufmeは、単なる進行役だけではなく、いろいろとサプライズ的パフォーマンスもあり、かなり盛り上がったようですが、とりあえずそれはちょっと置いておいて……

 それよりも、やはりビックなニュースは、新曲「Spending all my time」のリリース情報が、ドロップされたということ。
 それも、この新曲に「ポイント」「Hurly Burly」をカップリングしての、3曲リリース!

 「次のシングル、「Hurly Burly」+「ポイント」だけのリリースじゃあ、面白くないなあ」
 などと考えてはいたのですが、こういう形でのリリースは、正直まったく予期していなかった。
 一度に新曲を3曲も聴けるなんて。こんな贅沢は「JPN」の発売時以来。

     ★

 さて、「Spending all my time」というタイトル。
こんなに英語英語した(笑)タイトルも、Perfumeとしては珍しいと思うけれど、を意訳すると、「全てを捧げて」とか「全身全霊をこめて」みたいな感じになるのかな。
 そうだとすると、「DF」や「SOL」的なメッセージ性(?)のあるストレートな曲になりそうだけれど、まあそこは「へし曲がっている(by西脇)」ヤスタカ先生なので、予断は禁物、禁物。

 発売日は8月15日。
 ということは、この3曲+「SOL」「コミュ」で、新曲扱いの都合5曲をキープしたまま、Perfumeは夏フェススケジュールに突入することになる。
 こりゃあ、本人たちでなくても、フェスのセットリストには悩みそうだ。

      ★

 今回のリリース情報には、もうひとつ注目ポイントが。
 それは、例のレーベル「Perfume records」のロゴが発表された、ということ。

 彼女たちが自分たちのレーベルを作る、ということは、(ご存じの通り)少し前に発表されていたのだけれど、その時には、なんだかそのことが、自分の頭の中にうまく入らなくて、すっかり抜けておりました。
 (つまり、どういうことなのか、ピンとこなかった、ということなのだけれど)

 でも、改めてこうしてロゴまで発表されたことは、これは三人組のちょっとしたお遊びなんかじゃく、かなりの本気モードと考えるべきなんだろう。
 「JPN」ライブの会場で、西脇さんが幾度となく語っていた、「かなえていきます」と誓った「夢」のひとつ、と捉えるべきなんだろう。

     ★

 でも、自分たちのレーベルを立ち上げる、というのは、じゃあ一体どういうことなんだろう?

 レーベルを立ち上げること自体が目的であるわけはない。
 それは単なる手段というか、受け皿みたいなもので、そこに何を盛るのかが、大事になってくると思う。

 これまでにも、多くのアーティストが自分たちのレーベルを立ち上げている。
 それは、自分たちがやりたい音楽を、聴かせたい音楽を、(余計な雑音が入ることなく)そのまま世の中にリリースしたい、という動機からだろうと思う。
 アーティストによっては、自分たちの仲間、あるいは弟妹分のアーティストを、自分にレーベル下に集めて、「自分たちの世界」をより強固にしようとしている人たちもいる。


 でも、Perfumeの動機もそれと同じ、と考えると、どうも今一つ「ピンとこない」(笑)

 ヤスタカ先生という強固な「美学」を持っている人がいるんだから、音楽面のスタイル保持は任せておけばいいし、じゃあ売り出したい妹分グループでもいるのかというと、そんな話も聞かない。
 (メンバーの妹さんが所属しているグループはあるけれどね(笑))

 となると、果たしてこの「Perfume records」は、何を考えているのか?

 その企画(計画?)は、やがて明らかになってくるのだろうけれど、まあ個人的には
 「え? そうくるの?」
 というサプライズでもって、楽しませてくれれば、満足なんですけどね(笑)。

Perfume★ライブDVDの特典映像は?

 6/14のラジオ「Perfume Locks」で、西脇さんいわく、8月発売のライブDVDの初回限定にどんな特典映像を入れるか、現在かなり悩んでいるとのこと。

 そうか、その話がありましたね。
 というわけで、時すでに遅しかもしれませんが、初回限定DVDにどんな特典映像を入れて欲しいか、ちょっと考えてみたいと思います。

         ★

「Spring of Life」と「コミュニケーション」の武道館ライブ映像の追加

 DVD本編は4月1日の広島公演の映像となるので、その時点での未発表曲である「Spring of Life」と「コミュニケーション」は当然含まれないのですが、やはり現時点での最新曲2曲が、DVDに収録されていないのは痛い。
そこで特典に、武道館公演でのこの2曲のライブ映像を、ぜひ収録して欲しい。
この武道館での模様はTVの情報番組でも流されていることから、映像記録としては存在していることは明らかなので、それほど大きな問題は無いはず。
いや、「Spring of Life」は、わざわざ例の「光る衣装」を新作して武道館で披露しているのだから、はなからDVDへの収録は織り込み済みなのかも(笑)。


「時の針」マルチ映像

 特典DVDではおなじみのマルチ映像。
 もちろん今回のDVDでも付くのでしょうが、どの曲が果たして良いか……
 「JPNスペシャル」も考えましたが、わりとワンショット内に3人が収まっているし、背後の映像がそもそも見えなければ意味がなく、マルチはあまり必要無しかな?
 あとは「GLITTER」も考えましたが、僕の結論としては、「時の針」。
 できれば、三分割画面で、常に三人の動きが均等にみることのできるモードを追加していただきたい。そうすれば、この曲のコレオグラフの素晴らしさが、とても良く理解できるはずだと思うのだけれど。


さいたまSAでの運動会

 1月のさいたまスーパーアリーナでの公演の際、アンコールで、会場の広さを利用(?)して開催されたミニ運動会。
 (まあ、三人が会場後方のサブステージから、観客席の間を走って、メインステージまで走って戻っただけですが)
 その映像も、あれば収録していただきたいなあ。
 西脇さんの華麗なダッシュや、樫野さんのテケテケ走りが見られるはず(笑)。


沖縄「「海パーン!」の模様

 かなり盛り上がったと聞いている沖縄最終公演の模様(画像)が、意外と出てきていない。
 自分のような参加できなかったファンからすれば、「良かった」という話を聞けば聞くほど、もやもやばかりが増してくる。
 せめて短時間でもいいから、沖縄公演の映像が見たいので、この際、特典としてお願いします。
 例の「サプライズ」の花火映像だけもいいからさ。


英語字幕モードの追加

 これは特典DVDで、ということではないのですが、MCパートに英語字幕モードを付けて欲しいですね。
 もちろん、海外のファンへ向けての追加です。
 これから海外に打って出ようと言うPerfumeなのだから、これくらい今からやっておいても損はない?

      ★

 さて、いろいろと期待のできる、DVD初回限定版ですが(ブックレットも付くって?)、のっちぃのっちさんのブログ他の情報によると、早くも予約が困難な状況??
 やばい。明日あたり、CDショップに行って、予約してきますわ。
 (しつこいけど、予約特典のポスター。付くんだよね?)

      ★

 さて、もうひとつ。
 これは提案なのだけれど「JPNライブDVD大試写会」みたいなものを、開催してくれないかな。
 どこぞの大きなホールを借り切って、抽選に当たったファンと、もちろんPerfumeの三人も参加しての大試写会。
 三人による「JPNツアー振りかえり座談会」なども一緒に行ってくれれば、とても楽しい会になるはず。
 よろしくお願いします(笑)。

「Perfumeフェス」への要望ふたたび

 少し前、Perfumeは次の「夢」のひとつとして、「Perfumeフェスを開催したい」と言っていた。

 その後、このフェスの話は進んでいるのだろうか。

 現時点で、Perfumeの次なる活動としてアナウンスされているのは、いくつかの夏フェスへの出演と、例のMTV授賞式の司会役くらい。

 とりあえず夏フェスについては前回に書いたし、MTVの方は、楽しみというより、個人的には「うまくやってくれるだろうか」という不安や心配ばかり(笑)。

 ワンマンライブは当分先の話になるだろうし、ということで、Perfume関連のイベントとしては、この「Perfumeフェス」を勝手に、それもかなり、期待しています。

       ★

 かなり前のブログで、一度この「Perfumeフェス」に対しては、以下のような希望(妄想)を、書かせてもらいました。

(要望1)「ダンスステージ」を設定してほしい。

 Perfumeが主催するフェスならでは、というなら、音楽だけではなく、ダンスステージも設けて、様々なジャンルのダンサーを呼んでほしい。
 まあ、昨年の「ダンスコンテスト」の拡大版というか、プロ版みたいなものですね。
 あと、フェスに行ったことがある人は分かると思うけれど、ステージとステージの間って、楽器やPAの設置変更などで案外時間を取られて、いわば「意味の無い空白の時間」を待たされることがあるんですよね。
 この「ダンスステージ」は、それを解消する効果もあります。つまり、音楽ステージの隣、あるいは反対側にダンス用ステージを設けて、音楽ステージが設置変更をやっている間、ダンスステージでパフォーマンスを行う。つまり音楽とダンスが、交互にライブを行うという開催のやり方です。
 これなら「意味の無い時間」を過ごさずに済むのでは?


(要望2)フードエリアにPerfumeお勧めの店を出店してほしい。


 まあ、これはなかなか難しいとはおもうけれど、「広島風お好み焼き」の屋台とかね、そういうPerfumeにちなんだフードショップでもいいから、出店してみてはどうでしょうか。


  そして、新たな「要望3」。

 「出演ミュージシャンにはそのセットリストに、Perfumeの楽曲のカバーを、かならず一曲、加えてほしい」

 「Perfumeフェス」が、単なる他のフェスと違う、ということを見せつけるなら、このアイディア、案外悪くないとおもうのだけれど、どうでしょう(笑)(と自画自賛)。

 だいぶ前に「Perfumeトリビュートアルバム」の妄想を書いたことがあるのですが、まあいわば、そのライブ版ですね(笑)。

 KREVAさんの「575」。
 AIKOさんの「マカロニ」。
 西野カナさんの「微かなカオリ」。
 ホルモンさんの「ポリリズム」。
 9mmさんの「レーザービーム」。
 そして、カエラさんの「チョコレイト・ディスコ」

 いやあ、これを聴けただけでも、なんだか満足して帰ってしまいそうだ(笑)。

 待て待て、いくら妄想だとしても、出演陣が豪華過ぎるか……。

 いやいや、もし僕がPerfumeファンのミュージシャンで、三人から「フェスをやるんですが、出てくれませんか?」と頼まれたら、「おう、任しとけ」と二つ返事をしてしまいそうなんだが(苦笑)。

 そう考えると、他にも「高橋優」「椎名林檎」「スガシカオ」「東京スカパラ」「奥田民生」さんたちあたりも、声をかけたら出てもらえそうだ。
 あ、「Capsule」を忘れてた。

 こりゃ、実現したらとんでもないフェスになるね。(と、妄想ばかりが続く……)


Perfume★夏フェス2012

 Perfumeの夏フェスへの出演が続々決定!
 「サマーソニック」、「SWEET LOVE SHOWER 2012」、「ROCK IN JAPAN」等々

 さてと、どうしようかなあ……

     ★

 昨年のこの時期は、完全な「Perfumeライブ飢餓状態」だったわけで、「行けるフェスは行ってやる」という精神状態でありました。
 けれど今年は、「JPN」ツアーでかなりの満腹感を感じているので、それほど無理をする気が起きていない、というのが正直なところです。

 ……今のところは、ですけど(笑)

 それに、どうも最近のフェスにおけるPerfumeのステージ前が、なんだか以前と比べて、かなり荒れてきているように思えるのも、引き気味の理由のひとつ。
 フェスによっては、一歩間違えれば喧嘩が始まるんじゃないか、というほどの騒ぎよう。
 数年前はこんな感じじゃなかったような気がするんだが。ファン層の平均年齢が下がっている影響が、こんなところに現れているのかもしれないけれど。

      ★

 とはいえ、ツアーが終わった後だからこそ、じゃあどんなセットリストでフェスは来るのか、という興味もある。
 「Spring of Life」は固いだろうし、ブルブルツンツンの方も、微妙だけどやってくれるかもしれない。(武道館でのブルツンのキュートなコレオには、久々にやられました……)
 また、夏までには例の新曲をリリースするかもしれないし、それも考えると、気になる気になる……。

      ★

 まあ、「ROCK IN JAPAN」は、自分にとって夏の恒例行事みたいになってきているので、まず行くでしょう。

 Perfumeの出演日は、二日目の土曜日か。
 う~ん、すでに発表されているラインナップを見ると、個人的には初日(金曜)の方がツボなんだけれど、まあ仕方がないか。
 (Capsuleやきゃりーさんも、初日の出演ですか。残念……)
 昨年は、Perfumeは初日(平日)の出演だったおかげで、僕はあやうく行けなくなるところでした(なんとか仕事を切り上げて、ぎりぎりで会場に飛び込んだのだけれど(笑&汗))。
 そういう意味では、土曜日の出演はありがたいかな。
 帰りが遅くなっても、それほどきつくないし。

 RIJの会場となっているひたちなか海浜公園は、かなり広くて、各ステージ間の移動が大変(要するにかなり歩かされる)なのがちょっと難ですが、自然の中はやはり気持ちがいいし、食い物屋もたくさんあって、「フェス」そのものを楽しむには最適のイベントで、お勧めです。

 それに、考えてみれば、今年でPerfumeは5年連続の出演。
 最初の頃は「ロックフェスにPerfumeってどうなんだよ」と言う声もかなり聴こえてきたけれど、今じゃすっかりRIJの顔のひとり(三人か)。
 5回目ということで、記念のステージになるかもしれないし、ファンとしてはやはり、その場に立ち会わざるを得ないでしょう。

     ★

 さて、他の関東近辺の他のフェスは、どうするか……、

 「SLS2012」には行ったことがないけれど、山中湖畔での日曜開催ということで、かなり二の足を踏み踏み状態。
 いや、単に帰りの高速の渋滞を考えると、ぞっとしないという程度ですけれど(笑)。
 NEXCOのHPの渋滞予測を見ると、30Km以上……。
 こりゃ、当日中に家に帰り着くのは無理かもしれんなあ。
 (すっかり根性無し状態です(笑))

 「サマソニ」はどうかというと、昨年の屋内(メッセ)での酷暑と、ステージ前の暴力的雰囲気と、フードエリアの激混みで、「もう二度と行くか」という感じだったのですけれど、今年は屋外(マリンフィールド)だとういうことで、ちょっと考えを改め中……。
 
 それに、他の出演者が「ジャミロクワイ」や「リアーナ」だって?
 ちょっとチケット代が高いけど、こいつは行く価値はあるかなあ。

 

Perfume★新曲は「Hurly Burly」

 長かった「JPN」ツアーも終わり、Perfumeのメンバーも、今頃はすっかり休息モードに入っているのだろう……

 ……と、こちらものんびりと構えていたら、突然に飛び込んできた新曲情報。

 それも、またも「氷結」のCM用の楽曲。

 タイトルは「Hurly Burly」!

    ★

 しかし、「氷結」のCM用の曲は、これで数えて6曲目。

 このペースでいくと、そのうち「氷結」用楽曲だけで、アルバムが組めるんじゃないか? という勢い(笑)。
 
 Perfumeが「氷結」のキャラクターに起用されてから一年。
 実は、「そろそろ契約解除かな」というちょっとした恐れ(?)を抱いていたのだけれど、どうやらそれは杞憂にだったよう。

 CM業界には完全に素人な自分だけれど、飲料会社が自分たちの製品の宣伝に、かなりのお金をつぎ込んでいることぐらいは知っている。
 その考えは、相当シビアなものだろう。

 「氷結」のような商品は、ライバルも多く、激戦区と言ってもいいのかもしれない。
 そのCMに、Perfumeを起用し続けているということは、それなりの宣伝効果や、商品イメージのアップがあった、という分析結果を会社側が得ている証と考えていいのだろう。

 首までどっぷりとPerfumeに浸かってしまっている僕のような人間には、この「氷結」のCMが一般の人の目にどのように映っているか、客観的に評価できなくて困るのだけれど(笑)、(他のタレントのCMだと「このCMはないんじゃない」なんて、すぐに思えるのだけれどね)、CMの契約が続いているということは、それなりに良い評価なんだろう。

 「JPN」ツアーや「ダンスコンテスト」のスポンサーの引き受けてくれているし、これからもKIRINさんには、Perfumeとの良好な関係を続けて欲しいものです。

 なによりさ、渋谷や新宿のような大きな駅で、Perfumeの巨大看板を観るのって、気持ちが上がりません?(笑)

    ★

 さて、曲の方に話を移して……

 まだ、CMを通じて15秒ほどしか聴くことができないから、あまり早すぎる判断は禁物かもしれないが、この「Hurly Burly」、個人的には名曲となってくれそうな匂いが、ぷんぷんとしているんですが……(笑)。

 いつも通り、全曲が聴ける日がいつになるか、現時点では分からないけれど、こいつは凄く楽しみ。

 つうか、もうひとつの未発表曲「ポイント」の方は、一体どうなったんだ?(笑)

 単純に考えれば、「Hurly Burly」に「ポイント」をカップリングして、シングル発売、ということなのだろうけれど、そこにまた、ひとひねりがあるかな?
 うーん、あって欲しい……(笑)。


 あ、「JPN」のライブDVDも発売されるとか?

 予約特典のポスター、付くのかな??
プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。