スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday ★ Nocchi!

 Happy Birthday!

 大本さん、24歳の誕生日、おめでとうございます。

   ★

 いやあ、そうかあ、とうとう24歳ですか……。

 僕がPerfumeを聴き始めた頃は、まだ彼女たちは十代で、その頃の大本さんは、まるで少年のようだったけれど……。
 現在の大本さんのどこを探しても、「少年」なんて言葉は出てこない(笑)。

 すっかり美しい(笑)大人の女性になられてしまった、と言っていいかもしれないけれど、一方で大本さんに対する僕の印象というか、そのイメージは、(他の二人に対してもだけれど)6年近く前とほとんど変わっていない。
 そして、彼女たちに対する僕の愛情(笑&汗)も。
 自分でも不思議なくらいに。

   ★

 僕はもともと、彼女たちのルックスに惹かれてファンになった訳ではなく……。
 というか、むしろ逆で、最初は彼女たちの容姿には、まったく興味が無かった(笑)。

 たまたまネットで出会った彼女たちの曲に惹かれ、PVにぞっこんになり、ライブの映像で心を奪われた……。
 要するに僕は、彼女たちのありように、その精神性に、惹かれていったのだと思ってます。

 そんな僕にとって、すっかりと美しく成長した彼女たちのルックスは、予想外のボーナスみたいなもんですね。
 (その割には、部屋中に彼女たちのポスターを貼って、にやにやしているけど(笑))

 だから、この先、彼女たちの肉体が年齢を重ね、その容姿がどうなろうと、その精神性が変わらなければ、きっと僕は彼女たちのファンであり続けるだろう、と思うわけです。

   ★

 これからも大本さんには、その変わらぬ笑顔と明るさと、そしてその強さでもって、世界に出て行くPerfumeを引っ張っていってもらいたい、と思っております。

 よろしく、隊長様(笑)。

スポンサーサイト

昨日の誕生日は……


 昨日の大本さんの誕生日、多くのブログやツィッターで、おめでとうの声が飛び交っていた。

 その内容や書き手の熱さは、様々だったけれど、まるで無数のラブレターが光の点となって、夜の海にも似たネットの空間を行き交っている光景が見えるようだった。

  ★

 もしかしたら、大本さんが気まぐれを起して、ネットの世界をちょっとのぞき込み、幸運な(?)幾人かのメッセージを受け取ったかもしれない。
 (そのことを、書いた当人は知る由もないだろうが……)

 けれど、現実の多くは、「届くはずの無いラブレター」に似ている。
 書き手だって、それが彼女に届くとは、本当は思っていない。
 それでも、書かずにはいられない思いがある。
 いや、本人が読まないだろうからこそ、包み隠すことの無い思いをつづることもできるだろう。

 ……なんていうことを、たくさんの(それでもほんの一部のファンの声だろうが)ブログやツィートを読ませていただいて、自分は感じた。

 でも、「届かないラブレター」だろうが、その思いは無駄にならない。

 Perfumeという存在は、じつはあの広島出身の三人の女の子たちのことだけではないという気がする。
 ヤスタカ先生や、MIKIKO先生や、そのほか多くのスタッフ、そして星の数ほどいるに違いない、熱心なファンたちの思いのひとつひとつが、点となり線をつなげて、Perfumeと呼ばれる世界を形作っているんだろうな。たぶん。

 ……で、このブログも、一応は「ラブレター」のつもりです。
 そうは読み取れないかもしれないですが(笑)。

   ★

 ここからは話題を変更。

 朝のTVの情報番組を観ていたら、グリコ「ポッキー」の新CMの撮影現場の様子が流れていて、出演者である嵐のメンバーの横に、ちらりとMIKIKO先生が立っておられた。
 先生、お忙しそうですね。

 ということで、久々にMIKIKO先生のHPを拝見。
 そこに、なかなか興味深い情報が……

 まず、11月に行われるダンスカンパニー「イレブンプレイ」の公演の情報。
 どうやら、現在、MIKIKO先生が一番熱を入れているのがこれ。
(全身全霊込めて作りますって、ハンパじゃない)

 スタッフを見ると、関監督、真鍋氏という「東京ドームライブ」関係者の名前が。
 まあ、かなり前衛的というか実験的な公演のようですが、Perfumeファンとしては非常に気になる……

 お分かりですよね。この公演の成果が、次のPerfumeツアーに生かされる可能性がかなり高いのでは、ということです。
 都合がつけば、是非観に行ってみたいが……。

 ブログには「ツアーの計画もねりねり中です」ともあります。
 これは言葉の選びかたから、Perfumeのそれであることは明白(笑)。
 期待してます、先生。

のっちさんのブログ

 7/10日付けの大本さんのブログを拝見しました。

 ほんとうにたまにしかブログを書いてくれないのだけど、そういう時は大本さんの「心の扉」が開いた時。

 だから、いつもちょっとびっくりさせられる。
 そんなことを考えていた? そんなことを感じていたのかい? と。
 
 今回は、ラセター監督と対談したことで感じたこと、考えたことを書いてくれている。

 テレビ等で監督と話しているときの様子からは、ブログにあるような大本さんの気持ちを理解することができなかった。(少なくとも僕は)

 監督に会えて、涙が出そうなくらい感動していたのなら、それを素直に表せばいい、それを言葉に出せばいい(西脇さんならそうしてる)と思うのだけれど、そういう感情表現を大本さんが苦手なことも、僕らは知っている。
 苦手が過ぎて、時には無愛想にさえ見えてしまうことがあることも、僕らは知っている。

 だから、このメンバーズブログは、ファンにはとても大事だよな。
 大本さんの「心の扉」の向こう側にある景色を、ちらりとでも覗くことができるから。

(P.S)
 大本さんのブログはいつもとてもユニーク。言語感覚が独特だ。
 以前、西脇さんがヤスタカ先生に「詞を書かせて下さい」と頼んで断られた、というエピソードがあったけど、もしPerfumeが詞を書くとしたら、自分は大本さんが作詞担当に適任だと思っている。

 でも、ヤスタカ先生に正面切って作った詞を渡しても断られそうなので、メモみたいなものに書いておいて、こっそりスタジオに忘れる、というのがいい手かもしれない(笑)。
 もしその詞に先生が曲を付けてくれたら、でもそれはPerfumeの曲ではなく、大本さんのソロになるかもしれないけど。

(P.S 2)
 大本さん、かなり英会話を勉強している?
 ラセター監督との対談で、通訳される前にリアクションを返していたよね。



のっち隊長

 夏がく~れば、フェスがくる~♪

 いよいよ、ロックインジャパンのタイムスケジュールが発表になりました。
 グラスステージの14時台。(なんだ、去年と同じ。熱射病に気をつけないと)。

 真夏の日差しが照りつける中、三人組を待ち受けるのは4万人の大観衆。

 こうなってくると、やはりここは、……大本様の出番ですな。

 自分は、大本さんのことを「Perfumeの斬り込み隊長」だと思っている。
 Perfumeの精神的な支柱はといえば、もちろん西脇様なのだが、ここぞという大舞台の時、頼りになるのは、やはり「大本隊長」だ。

 良い例が、「東京ドーム」である。

 五万人という大観衆相手の、それも一発勝負の舞台。
 不安や緊張にとらわれるな、という方が無理である……普通は。

 開演時間が迫り、純白の衣装に身を包んだ三人は、いつもの儀式に入り、お互いの手を重ね合う。
 ここまでの道のりが脳裏をかすめたのか、思わず鼻をすする西脇様。
 それにつられたのか、はたまた不安がよぎったのか、かすかな音を漏らす樫野様。
 二人は目を閉じ、ライブの成功を祈っているのか。
 しかし、ただ一人、それに同調しないものがいる。
 言わずもがな、「大本隊長」だ。

 見よ。その大きな瞳を、さらにかっと見開き、瞬きひとつしない。感傷などみじんも入りこむ隙を与えない。
 隊長は完全な「戦闘モード」だ。
 「五万人だって? 上等じゃない」という心の声が聞こえてきそうだ。
 (その様子はNHKのドキュメンタリーでもっともよく確認できる)

 ライブ中盤、「Perfumeの掟」にはソロパートがある。
 つまり、そこでは1人対5万人という身も凍るような対決となるわけだが、隊長の表情には、一片の不安も見えない。
 むしろ「さあ、しっかり目に焼き付けろよ」とでも言いたげなほど、自身満々だ。

 08年のロックインジャパン。
 レイクステージ。
 後に樫野様が「人が黒い壁にしか見えなかった」と語ったほどの満員状態。

 初めて万単位の観衆の前に立つ三人。
 披露するのは「エレクトロワールド」。
 その最中、大本隊長は、なんと人差し指を観衆に向かって立て、それをクイクイとやった。
 「さあ、来いよ」
 という訳だ。
 クーッ(川平ジェイ風に)。

 最新曲「レーザービーム」のパフォーマンスをTVで何回か見た。
 そこでの隊長の存在感は圧倒的と言っていい。
 その鋭い眼光が、テレビ画面を突き抜けて、こちらに向かってきそうだ。
 この曲がその名のとおり、攻撃的な雰囲気を持っているから、隊長の闘争心に火がつくのか。

 ライブ以外の時では、グダグダ、カミカミ。ひどい時には「起きてます?」と声をかけたくなるほどの人と、とても同一人物だとは思えない。


 里谷多英という、女子モーグルの選手がいる。
 モーグルと言えば、日本のエースは上村愛子選手であるのだが、上村選手がいまだに手にしていないオリンピックメダルを、里谷選手はすでに金銅二個も取っている。
 (シーズンを通しての成績は、常に上村選手の方が圧倒的なのだが)
 その理由を、里谷選手のコーチがかつて語ったことがある。
 「多英は『窓』が開くと、とんでもない力を発揮するんだ。ただし、その『窓』はめったに開かないのだけれどね」

 きっと大本隊長も、里谷選手と同じく、心の中に『窓』を持っているのだ。
 それが開く時、僕らの前には、大本彩乃さんではなく、「Perfumeののっち」が出現する。
 (ただしその『窓』は、ここぞという時にしか開かないように思えるけど)

 自分にとって、この夏のロックインジャパンのステージは、2011年のPerfume最初のライブとなる。
(とほほ。待たされ過ぎ……)
 こっちも万全の態勢でいどみますので、よろしく頼みますよ、隊長!


(おまけの妄想)
 「斬り込み隊長」なんてことを考えていたら、大本さんと「新撰組」の沖田総司のイメージが勝手に重なってきた……。
 あさぎ色の新撰組の隊服、そして額に巻く鉢金が、大本さんにとても似合いそうだ。
 そう言えば、「沖田総司は実は女性だった」という設定の舞台だが映画が昔あったな。それに大本さんが出演したら?……。
 あのダンスセンスだ。殺陣をやらせても、一流に違いない。
 「新撰組一番隊々長、沖田総司!」と名乗って、敵陣に斬り込んでいくその雄姿。
 クーッ(再び川平ジェイ風)
 あ、でも大事なところで、セリフを噛みそうだなあ……(苦笑)。

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。