スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★PerfumeLocks2013.07.22

 7/22のPerfumeLocksは、色々と面白い話が聞けました。

 というわけで、今回はちょっと小ネタ的に、そのいくつかを。

    ★

 まず、ヨーロッパツアーを振り返って。

 K「お客さんの高揚が半端なくて、わたしたちが出る一時間も前から、ずっとコールしてるっていう」
 A「サッカーだったね」

 そうか。
 やっぱりあちらの連中は、肉食人種だね(笑)。
 そのエネルギーというか、ノリが半端ないという‥‥。

 そういった、ヨーロッパツアーならではの様子は、PTAムービーか、恐らく出るであろうDVDか、はたまたNHKのドキュメンタリー(あるんでしょ?)あたりで、是非観てみたいものです。

 そして、地元のファンとのミート&グリートの話。

 A「(ファンの一人がズボンを下ろし)おへその下に”Love the World”って入っていて。タトゥー‥‥すごくない?」

 こちらの様子はNHKでは流れないか(笑)。
 しかし、Perfumeのタトゥーか‥‥。
 やっぱ、肉食人種はすごいですわ(笑)。


 そして、ライブでの話。

 K「“SEVENTH HEAVEN“で泣いて子がいたりとか」
 A「わかるんじゃ、その感じ」

  ああ、そうだったんだ。
  ライブビューイングを観ていて、この曲のイントロが流れてきた時、僕は
 「あ、SHをやる? でも、割と昔の曲だし、第一この曲の切ないい感じ、あちらの人たちに分かるのかな?」
  と、ちょっと不安に思ったりもしたんですが、そうですが、分かってもらえたんですね。
 (ビューイングの映像からは、客席のリアクションがイマイチ分からなかったのだけれど)
  そうか。言葉は違っても、想いは同じ、なのだな。

 
     ★

 つま恋のBBQについて。

 A「一日目、責め系のセットリストでいったら、お客さん、ぐーん引いちゃって‥‥」
 K「ちょと、実験してみようってね」
 A「クラブ的なノリになっちゃって‥‥」

 BBQには行ってないんで、詳細は知らなかったんですが、そうですか、お客、ひいちゃいましたか(笑)。

 まあ、ポルノさんやら福山さんやらのファンの前で、「だいじょばない」からぶちかますって、そりゃちょっとまずかったかな(笑)。

 でもね、8月のソニックマニアの方はオールナイトのクラブ空間(主催者談)なんで、これに懲りずというか、徹底的なゴリゴリのダンスマニアセットリストでお願いします。

 発表されたタイムテーブルを観たら、ペットショップボーイズの前なんでね、ガンガン行っちゃって(笑)。


スポンサーサイト

Perfume★School of Lock「生放送教室」出演2012.08.16

 木曜日夜の「School of Lock」の生放送教室、なんとか無事に聞くことができました。

 実はただいま旅行中で、ラジオが手元になく、まあ車には付いているんだけど、宿の駐車場で2時間過ごすのもねえ、ということで、生で聴くのは諦めていたのですが…。

 実はネットを通じて、FM放送って聞くことができるんですね。
 知らなかった(笑)。

 幸いモバイル道具は持っていたので、「radiko」というサイトにアクセスしてみると、
 おお、こんな信州の山の中でも、聞こえる聞こえる(笑)。
 ということで、今回はネット経由で聴取させてもらいました。

   ★

 相変わらず、Perfumeが出演するこの番組の生放送教室は、楽しいですね。

 生放送だから、たまに事件が起きることもあるんだけれど(トライアングル発売時の西脇さんのあれとか、東京ドーム後の樫野さんのあれ、とかね)、今回はそんなことも起こらず、終始和やかに終始しておりました。

 やはり“とーやま校長“の存在が大きいかな。

 とーやま校長は「School of Lock」の校長就任前からの、いわゆるパヒュオタで、たまたまPerfumeと一緒に仕事ができるようになった、という人だから、Perfume生出演の時のテンションが、普段とまるで違う。

 ……というか、テンションのメーターが振り切ってしまって、その暴走ぶりが甚だしいのだけれど、最近はそれがギャグになってきているような……(笑)。
 (今回も、「FAKE IT」の冒頭SEを、全力で口マネするさまには、大爆笑させていただきました。普通、あれは口マネしいなでしょ。熱さは伝わってくるけどさ(笑))

 でも、こういう熱いサポーターがいてくれる番組だと、Perfumeは本当に羽を伸ばせるというか、気を許して本来のタレントぶりを発揮してくれるので、聞いているこちらも引き込まれてしまって、まるで自分がそのスタジオにいるような気にさえさせてくれる。

 ラジオは聞かない、というPerfumeファンもいるようだけれど、僕から言わせると、本当にもったいない。
 ある意味、ラジオでした伝わらないPerfumeの面白さ、魅力があると思うのだけれどなあ。

     ★

 さて、放送の中で、やはりあの件について、触れられていました。

 「Spending all my time」に日本語歌詞を付け加えるよう、中田ヤスタカ先生に直訴した件(?)、のことです。

 Perfumeをしっかり追っ掛けてきた人たちにとっては、これがかなりの「事件」だということは、理解してもらえるはず。
 「神」と崇めるヤスタカ先生の作品を、いつも「ありがとうございます」と受け取っていただけ(とされている)Perfumeが、ある意味「ダメだし」をした、という話を初めて聞いた時、僕は正直、かなりの不安を感じました。

 10年以上に渡る付き合い、とはいえ、どこか常に微妙なバランスの上に成り立っていたように思える、Perfumeとヤスタカ先生の関係。
 そのバランスに大きな揺さぶりかけるかもしれない、今回のPerfumeから先生への、歌詞のリライト要請。

 かつて、「ポリリズム」制作時に、アミューズ側からのリライト要請を断固として拒否したヤスタカ先生の姿が、僕の頭の中にはずっとあったので、「よくそんな直訴ができたな」というのが、正直な感想でしたが……。

 ただ、今回の生放送教室の中で明らかにされたのですが、どうやらその「直訴」は対面ではなく、関係者を通じて行われたことだったらしいですね。
 少しほっとしました(笑)。
 (三人がヤスタカ先生に面と向かって、「歌詞を変えてください」などと言う光景は、やはりどうしても恐ろしくて想像できないので(笑))

    ★

 まあ経緯はどうあれ、ヤスタカ先生が「Spending all my time」のリライトと再レコーディングを承知してくれたということは、そのスタイルと英語詞から、「海外向けの曲」と単純に「誤解」されることを恐れたPerfumeの本心を、先生が理解してくれたから、と解釈していいんでしょう。

 このエピソード自体も、数々のインタビューを通じてオフィシャルにされているので、少なくともPerufmeの側は、この件がヤスタカ先生との関係には何かを残すことはなかった、と考えているのでしょう。

 ただ、こういったPerfumeとのエピソードに関して、ヤスタカ先生はあまりインタビュー等で答えてくれないので(というか誰もインタビューしないのか?)、ヤスタカ先生がどんな考えでいるのか分からず、ファンとしては歯がゆい限りですが……

 どこかの音楽関係のマスコミの方、一度、ヤスタカ先生に「Perfumeについて」のインタビューを企画してみてくれませんかねえ。
 興味深い話がいっぱい聞けるとおもうのだけれど。
 よろしくお願いします。
 (このお願いは前にもしたような……)

    ★

 さて、明日はサマソニ(東京)に行ってきます。

 なんでも衣装担当さんが、同じステージに立つリアーナに対抗意識を燃やして、ステージ衣装を作成したとか。
マジか……。
 そいつも楽しみです(笑)。

Perfumeのオールナイトニッポン

 「JPN」プロモーションのための怒涛のメディア出演が、どうやら一段落したらしいPerfume。

 それを追いかけるこちらも大変で、TV番組はなんとか全てフォローできたが(おかげでHDレコーダーの中がパンパンだ)、ラジオまではとても手が回らなかった。

 「School of Lock」は毎回チェックしているからいいとして、その他は「オールナイトニッポン」だけ。
 録音して後で聴くことも考えたが、なんとなく生の臨場感を味わいたくて、深夜の2時間、三人と付き合うことにしました。

 (AMラジオを自分の意思で聴くなんて、何年ぶりのことだろうか……)

  ★

 Perfumeが3人だけで、それも深夜の2時間枠を使い切る……。

 これはもうガールズトーク炸裂か、はたまた大暴走トークになるかと変な期待(?)を持っていたのだが、結論を言えば、さほど脱線もせず、そこそこまとまった番組になっていたという印象。

 それでも、2時間を飽きさせずに耳を傾けさせたのは、やはり3人のトークのうまさに負うところなんだろう。
 ごく自然に、まるで3人が内輪だけで喋っているように見えて、ちゃんとラジオの向こう側の人間のことを考えている喋り……というスタイルは、他のラジオ番組やライブでもすっかりおなじみ。
 こういうトークは、できそうでできない、のだろうな。

 ただ、放送時間の大部分を「Perfumeの11年を振り返る」的なコーナーに使ってしまったのは、ちょっと残念というか、まるで過去のラジオやTV番組のデジャブのようだった(笑)。

 この3人なら、何もテーマを与えなくても、勝手にトークをどんどん盛り上げていけると思うのだが、きっと番組のスタッフは、2時間果たして持つのだろうか、まず話のきっかけが必要だろう、と考えてこの「振り返る」コーナーを設けたのだと思う。
 しかし、その気遣いが返ってあだになったか(笑)、ひとつのフリのどんどんと話が広がってしまい、結局、番組時間の大半をこれに費やしてしまった。

 過去の出来事を語る、ということで、どこかで聴いたようなエピソードが出てくるのはしょうがないとして、まあそれでも、始めて知ることのできた話もあり、これはこれで面白かった。

 Perfumeの3人が、初めて中田ヤスタカ先生に会った時の印象は、ただ「怖かった」……という話は、これまでに何度も語られてきた。
 しかし、それを「ヤスタカ先生が実際の年齢よりも大人に見せようとしていたからじゃないか」、という風に考えることができるようになったのは、彼女たちが大人になった証なんだろうな。

 ただの「怖い人」「電池を食べてる人」としか思えなかったヤスタカ先生の心の内側までにも思いがおよぶようになれば、おのずと先生との関係も変わるだろうし(実際、変わっているのだろう)、それがPerfumeの音楽にも影響を与えることになるんだろう。
 (ただ、相変わらずヤスタカ先生をデスる「癖」だけは、抜けきれていないようだが(笑))

 しかし、僕はこの出会いのエピソードを聴くたびに、いつもおかしみがこみ上げてくるのを抑えられない(笑)。
 大人に見せようと、サングラスをかけたりし、いわば突っ張っていたヤスタカ青年の前に、田舎(失礼!)から出てきたばかりの、やたら元気はいいが、なんだかあか抜けない女子中学生の3人組が現われたとき、彼は一体どんな顔をしたのだろうか。
 そして、まさかその出会いが「伝説」の始まりになるだろうとは、彼も、そして3人の女の子たちも、思いもよらなかったかったことだろう。

 ……話がすこしそれました。

 もし再び「オールナイトニッポン」を担当する機会が与えられたら、今度はもう少し彼女たちを「放し飼い」にしてもいいと思います。
 まあ、僕がそんなことを言わなくても、プロである番組スタッフの方々は、そのことをすでに理解してもらえているとは思うけれど。

 ただ、再出演を通り越して、毎週の、それも平日のレギュラーにでもなられたら、睡眠不足でこちらの身が持たないけれど(笑)。


RadioでPerufme!

 昨晩のPerfumeLocksは凄かった。

 久しぶりの「気になる姫」の登場だったが、6月9日(ロックの日)ということで、姫はロックバージョンでご降臨。それが凄まじかった。
 僕には映画「デトロイトメタルシティ」で松山ケンイチ氏が演じたクラウザーさんにしか聞こえなかったな、あれは。

 よくまあ、22歳の女性が、あんな声、あんなハイテンションで演れるもんだ(笑)。
 やはり西脇さんは天才だね。
 ほんと、ラジオで残念だった。実際にどんな顔で「気になる姫」をやっているのか、一度見てみたい。

 とはいえ、カメラが回ったりすると、恥ずかしがってできなくなるんだよな、恐らく。
顔が見えないラジオだから、あんなことができる。
それは他の二人も同様。まあ、彼女たちの、そういうところがいいんじゃないか(笑)

 でも、なんか安心しました。
 あんなキャラが演じられるってことは、西脇さんの精神状態が凄くいい証拠だからね。
 つまり、仕事面が乗っているということ。
 チームPerfumeが現在何を計画しているかは分かりませんが、期待しましょう。


 で、PerfumeLocksの後半は、海外のファンから届いた番組へのメール(なのか?)の紹介。

 僕の記憶の範囲内では、こういう風に海外在住のファンに、三人組が公の場で直接答えるというのは初めてじゃないかと思う。
 これも、彼女たちが「海外」を意識しだしている証拠なのか?

 アメリカ在住のメアリーさん(だっけ?)からの、英文を翻訳ソフトで日本語に直しただけのメールを(つまり日本語としてかなりへんてこな文章を)、そのまま読んでしまうのもこの三人組らしいが、まあ確かに、言いたいだろうことは伝わる(笑)。
 当のメアリーさん(?)は、三人組が自分のメールをラジオで読んでくれたなんて、恐らく知りもしないだろう。それとも、彼女に返信を返してあげたのだろうか。

「どうやってPerfumeのことを知ったんだろう?」「ネットの動画?」みたいな発言があったが、もちろんその通りですよ。
 動画サイトに決まっています。

 動画サイトを通じて(というかそれしか情報を得る手段が無いんだが)、海外にも多くの香水ファンがいることは、これはもうまぎれもない事実。

 日本に住んでいる僕らは、こうしてラジオやテレビで、彼女たちの振舞いに接すことができるし、生のライブも見ようと思えば見れる。
 でも、海外のファンはネットという限定された世界で、それも言葉が違うという環境の中で、Perfumeに関する情報を必死にすくいあげ、それを噛みしめ、Perfumeに「I Love You」を送っている。

 きっと彼らは、パソコンの小さな画面の前で、いつか自分たちの目の前で彼女たちがパフォーマンスを行ってくれることを、じっと夢見ているに違いない。

 海外ライブが実現し、そんなファンの前に三人組が姿を現した時、彼らは一体どんな感動を覚えるんだろうか。
 こんな日本で何十回も彼女たちのライブを見慣れた、すれたファンには想像もつかない、それは感動なんだろう。

 だからもしPerfumeが「日本を三カ月間離れて、海外ツアーをやっていきます」と決めたとしても、僕は賛成なんです。
 地域によっては、もしかしたらそれが最初で最後かも知れないライブを、海外の熱心なファンの前で行って欲しい。

 あ、もちろん、海外ツアーのDVDは作ってね。
 それを見ながら、僕たちは海外のファンの感動を、追体験(疑似体験)するんです、恐らく(笑)。


(おまけ)
 アメリカ在住の香水ファンで、thispenguinという人がいて、YouTube上でPerfumeのカバーやRemix動画を披露し、Perfumeのライブを観るために日本に何回もやってきているのだけれど、前回の「東京ドーム」の来日の際に体調を崩されたとかで、それ以降、Perfume関連の動画アップが一切なされていません。
 どなたか、thispenguin氏の近況をご存じの方、情報をくれませんかね。よろしくお願いします。


プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。