スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★「LIVEL3」アルバムレビュー!

 前作「JPN」の成功(作品的にも商業的にも)を受けての、2年ぶりのフルアルバム。

 「歌って踊る」グループが(K-POPを含め)世に溢れ返っていて、その全てが「キャッチーで明るく楽しく、みんなで踊ろ」の旗を立てて、ひとかたまりに進んでいっている流れのなか、このブームを作り出したと言っても過言でなく、かつ「JPN」でその先頭を突き進んでいたはずのPerfumeが、ポンとその潮流から飛び降りて、再び前人未到の荒野を進み始めた。

 ‥‥のかもしれないです。
 この「LEVEL3」で。

    ★

 「JPNが大好き」
 「JPNでPerfumeのファンになった」
  という人たちは、このアルバムに拒否反応を示すかもしれないなあ。

 ほんの小さな隙間さえ許さない、とばかりに、ぎっちぎちに詰め込まれた、肉厚で硬質なエレクトロサウンド。

 おそらくこのアルバムの中で最も知られているはずのポップな「Spring of Life」も、エレキでぎっちりサンドイッチされている。
 何も手が加えられていないはずの「未来のミュージック」でさえ、このアルバムの中に入っていると、その軽いメロディーとサウンドが、かえって無機質に聞こえてしまう。

 「JPN」全編に溢れかえっていたあの「甘さ」は一体どこへ? と問いたくなるほど。
 (僕個人はPerfumeに「甘さ」なんてまったく求めていないので、まったく構わないのだけれど(笑))

      ★

 CDの帯には「Perfmeが満を持して放つ、史上最強のダンスアルバム」とある(笑)。

 まあ、「ダンスアルバム」として扱っても、問題はないと思います(笑)。

 でも、昨今のEDM系アルバムのような、「みんなでビーチでアゲアゲに盛り上がろうぜ」的なノリは皆無。

 身体はビートに反応するかもしれないけれど、その硬質なサウンドで神経はヒリヒリと灼かれ、内省的な詩とメロディに、精神は気持ちのいい孤独感に落ち込んでいくみたい。

 「JPN」との落差に驚くと同時に、「サウンド自体は変化したかもしれないけれど、ヤスタカ先生の作り出すPerfumeミュージックって、本来そういうものじゃなかったかな」とも、ふと思う。


      ★

 唯一の例外は「PartyMaker」かもしれない。

 けれど、この曲はちょっとクセもの。

 決して「Perfumeと中田ヤスタカがEDMに挑戦」なんて代物じゃない(笑)。

 というか、僕はその中間部のあまりの類型的なEDM的展開に、思わず笑ってしまいました(笑)
 これはもう、パロディかジョークじゃないかと、初めは思ったくらい。

 聞けばこの長尺の曲は、Perfume側からヤスタカ先生に
 「ドーム公演でみんなに、踊って盛り上がる楽しさを知ってもらうため」
 に依頼されたものだということ。

 それで納得。
 つまり中間部のEDMパートは、「ここ最近の、流行りのクラブのノリは、こんな感じですよ」ということを、観客に知らせるための、いわば「劇中劇」ならぬ「音楽中音楽」。
 だから前半後半は、きっちりとヤスタカエレクトロで押さえられているんだよね。

     ★

 今回のアルバムで、僕のお気に入りは「Clockwork」と「DreamLand」。

 「Clockwork」は、コンクリート打ちっぱなしの部屋で、大音響に包まれながら、一人孤独に踊っていたい、と思わせるような、(さっきも書いたけれど)内省的ダンスミュージックの佳作。
 僕の中の理想のPerfumeミュージックというのは、もしかしたら、こういう曲かもしれないなあ。

     ★

 「DreamLand」は、これまでのPerfumeには無かった、壮大で美しい楽曲。

 ちょっとアレンジが大仰かな、という気もするけど、それも恐らく「ドーム公演」仕様なんでしょう。

 僕は「ドーム」という場所が大嫌いなんだけれど、もしあの空間で、この曲をしっかりと鳴り響かせてくれるというのなら、もう四の五の言わず、Perfumeの下に馳せ参じます(笑)。

  だってそれは、きっとエピックな瞬間になるに違いないから。

   ★    ★    ★

 このアルバムにちょっとマイナス点を付けるとしたら、ヤスタカ先生の肩にあまりに力が入り過ぎているように感じられること。

 いや、Perfumeに対して、これだけ熱を入れてくれるというのは、個人的にはとても嬉しいんですけれどね。

 でも、アルバムを一気に聴いて、すっかり疲れてしまったのも事実。

 それに、ヤスタカ先生がふっと力を抜いてくれた時の方が、案外「名曲」と呼ばれる曲が生まれているような気もするし。

 とにかくビートを強調したアルバムなんで、これの「ダンスリミック盤」など、出る訳はないですが、逆に「サイレントリミックス盤」なんていう、それこそミニマルミュージック風にリミックされたものを出してくれたら、面白いなあ‥‥
 ‥‥というのは、完全なる個人的嗜好です(笑)。

スポンサーサイト

Perfume★ニューアルバム「LEVEL3」ティザー映像公開

 「LEVEL3」のティザー映像が,Youtubeで公開されています。

 とは言っても、先行曲「1mm」のPVの撮影風景を撮ったもののようですが。

   ★

 あまりに短い映像なんで、気の早い感想などは気をつけなければいけませんが。
 
 ‥‥でも、それにしても、かなりかっこよさそう(笑)。

 すごくシンプルそうだけど、でも最高にクール。
 関監督&MIKIKO先生が、「1mm」のサウンド世界を、見事に視覚的に表現してくれているようだけれど、果たして完全版はどうだろう。

   ★

 それにしても、ティザーでさえこれなんで、今回の「LEVEL3」は、完全に「クール」で押し通してくるようですね、チームPerfumeは。


「可愛い」「キュート」でいくべきなのか、それとも「カッコイイ」「クール」でいくべきなのか。
「J-POP」でいくべきなのか、それとも「エレクトリック」でいくべきなのか。
「アイドル」でいくべきなのか、それとも「アーティスト」でいくべきなのか。

 ファンの間でも、そういう論争は、常に絶えないわけです。

 Perfume側自身も、インタビュー等を読む限り、そのあたりは自覚的で、多少の揺れ幅をキープしつつ、これまでバランスを取ってきたように思えます。

 今回の「LEVEL3」は、上記で言えば、ぐっと右側に寄ってきていそう、ということなんだけれど‥‥。


 それがPerfume側の「変化(様々な意味での)」によるものであり、今後の方向性を示したものなのか、それとも単純に、前作の「JPN」が左側にかなり寄っていたことの反動であるのかは、さすがに今の時点では判別はつきません。

 個人的には「面白いっ」って膝を叩かせてもらえれば、どちらでもいいんだけど(笑)。
 まあ、たかだか短いティザー映像だけで、「どうなんだ、どうなんだ」とやきもきさせられている時点で、すでにチームPerfume側の術中にはまっているのかもしれません(笑)。

      ★

 (P.S)

 なんでもヤスタカ先生が、あのガールズバンドのスキャンダルの新曲をプロデュースするとか。

 こいつはまったくの予想外。

 こちらも「LEVEL3」というわけか(笑)



Perfume★ニューアルバムから新曲「1mm」OA!

 PerfumeLOCKSで、ついにニューアルバムからの先行曲がOA。

 そのタイトルは「1mm」。

   ★

 う~ん‥‥

 ‥‥結論から書くと、いいんじゃない?。

 驚くほど無駄な音が一つも無い。ストイックで重めのサウンド。
 音響それ自体の存在感が、曲の意味の全てを語っているような感じ。

 ここ最近の「きゃりーmusic」にあった、意図的な軽薄さや商業主義的な匂いは、微塵も無い。

 いや、そういう装飾的なものを、逆に全て剥ぎ取ってしまったのか、とさえ思えるくらい、「音」の本質に迫ったような作品。

 FM放送なんかで聴くのはもったいない。
 優れた音響システムで、最大ボリュームで、全身で受け止めるようにして聴くのが、恐らくこの曲を最高に楽しむやり方なんじゃないかな。

 「だいじょばない」「HandyMan」そしてこの「1mm」という流れを考えると、「JPN」で完全に「歌モノ」に走っていたPerfumeサウンドが、再びエレクトリックミュージックに戻ってきたのか、とさえ思えてしまう。
 (まあ、そう結論づけるのはまだ早いですが(笑))

    ★

 すっきりとした音の構造が見渡せるようなサウンドは、どこか80年代のブリティッシュエレクトリックあたりをさせるけど、そういえば、その代表格のペットショップボーイズと、この前のソニマニで、Perfumeは同じステージに立ったばかり、というのは恐らくただの偶然(笑)。

 「PartyMaker」が(まだ全曲は聴けていないけど)どこかEDM風だったので、ちょっと不安だったのですが、個人的にはひと安心です。

    ★

 ただねえ‥‥

 これ、ビデオクリップもあるということで、いわゆる先行シングル扱いですか?
 
 老婆心ながら、大丈夫かな?(笑)
 なんでまた、これを選んだのだろう。
 (散々、楽曲を褒めておいて、なんですが(笑))

 J-POPの流行りの路線からは完全に外れているし、歌詞もさっぱり頭に入ってこなかったし、EDM的なアゲアゲな感じも皆無だし‥‥。
 これ聴いて、「LEVEL3を買ってみよう」と思う人が、今の日本にどれだけいるか‥‥。

 たまにチームPerfumeは考えすぎる傾向があるので、単純に一般受けのしそうな曲よりも、「新しいPerfumeをアピールするなら、これ」って感じで、「1mm」を選んじゃった気もしないではないですが(笑)。

 まあ、個人的には全然構わないです(笑)。

    ★

 で、Perfumeのホームページを見てみると、いつの間にやら「LEVEL3」のジャケ写や収録曲等の情報が解禁されています。

 いいですねえ。
 新曲が7曲も含まれているし、既発表のシングルも、しっかりREMIXがかけられていて、こちらも期待大。

 一曲目の「Enter the Sphere」は、もしかしたらアルバムイントロ的な楽曲なのかもしれませんが、それに続いて「SOL」と「MOL」のREMIXとは、あの「JPN」の冒頭の興奮を連想させますが、果たして?‥‥

    ★

 ちょっと驚きなのは、「HuryBury」が落とされて「ポイント」が入っていること。

 いや、去年にこのブログで、僕は2012年のPerfumeベストソングに「HuryBury」を上げてしまっていたので、これだとちょっと立場が無い‥‥(笑)。

 ‥‥というのは冗談ですが、「HB」はともかく、「ポイント」はライブでもまったくやる気配が無かったので(笑)、「23:30」のように忘れ去られた曲になってしまうのかと、ちょっと恐れていたんですよね。

 でも、こうしてアルバムリストに堂々と名を連ねてくれるとなると、ドーム公演で披露される可能性も、高くなってきたかな。


 さて、気がつけば、「LEVEL3」の発売まで、あとひと月と少し。

 夏フェスも終わって、自分の中のPerfumeスイッチをちょっとOFFにしていたのですが、そろそろテンションを上げる準備を始めておいた方が、良いようです。

Perfume★ニューアルバムそしてドームツアーの発表!

 大阪での対バンツアー最終日の終了後に、PerfumeからUstream配信があると聞いた時、
 
 「はは~ん、これは何か大きな発表があるな」
 
 と多くのファンが思ったはず。

 そこで僕も、21:30分から始まるというUstreamの配信を、PCの前で待ち受けたのですが‥‥

      ★

 放送開始だという21:30分を過ぎても、一向に何も映らない‥‥

 サーバーへのアクセスが集中しているためなのか、それとも現地で何かトラブルがあって遅れているのか、さっぱり状況が分からぬまま、ひたすら待ち続けます。
 ところが、10分を過ぎても、15分を過ぎても、画面は「しばらくお待ちください」のまま、うんともすんとも言わない‥‥

 「こりゃ、もうダメかな」

 とほぼ諦めてかけていた21:50分頃、突然に映像が。

 ライブ会場のステージの上で、Perfumeの三人(というか西脇さん)が、観客に向けて、なにやら対バンツアーの感想らしきものを喋っています。

 ‥‥一体、いつから放送が始まったのやら。
 とりあえず、やれやれと画像に注目すると、早くも「ここでお知らせがあります」という予想通りの宣言。

 その内容は‥‥

    ★

 まず、ひとつ目は、ニューアルバム発表のお知らせ。

 タイトルは「LEVEL 3」。
 来秋に発売予定、とのこと。

 うーん、やはり来たか。
 完全に予想通りです(笑)

 ただ、秋っていつさ。
 9月? それとも11月?
 
 今が6月で、すでにタイトルも決まり、録音も終えているということなので、期待を込めて9月としましょう。
 それでもまだ、3ヶ月も待たされることになるなあ。
 ふぅ~。

 まあ、現時点での情報はそれだけ。さらなる追加情報を気長に待ちましょうか。


  ★  ★  ★

 そして2番目のお知らせは‥‥。

 ドームツアーの開催! 

 12月に、大阪と東京で2公演づつ、計4公演行うとのこと。


 まあ、ニューアルバムの発表があるなら、それを引っさげてのツアーもあるだろうな、とは予想していましたが‥‥

 そうですか、ドームツアーですか‥‥

    ★

 2010年の「東京ドーム公演」。

 その現場にいた僕の感想は、正直言って、
 「ドームはPerfumeがいるべき場所ではない」
 というものでした。

 会場のあまりの広さゆえ、Perfumeライブにとって重要な視覚面の効果と音響が得られない、というのがまずその理由。
 そして何より重要なPerfumeと観客とのコミュニケーションも、その距離感ゆえ、不足気味になってしまうということ。
 (僕のいた位置から肉眼で観ることのできない他のエリアに彼女たちが行ってしまった時に、ただスクリーンを見つめるしかなかった時の、あの虚しさ‥‥)

 一人の観客としても、他の観客との一体感はとても希薄となります。
 僕はアリーナにいたのですが、スタンド席にいる観客はまるでただの壁にしか見えず、彼らと何かを共有した、という感じはまったく得ることができませんでした。

 ただ、2010年の「東京ドーム」は、「Perfume結成十周年を祝うイベント」の場として、その存在意義はあったと思っています。
 僕自身にとって、汗一つかかない、寒々としたライブだったけれど。

    ★

 けれど、その「ドーム」という場所で、Perfumeは「ライブ」を4公演行う、と発表しました。

 正直、個人的には複雑な心境です。

 少数の幸運なファンしか参加できない「対バンツアー」のあとの、それを補填するような大規模会場でのライブなのか、という皮肉な考えが浮かばなくもありません。

 でもまあ、チケットが手に入れば、もちろん行きますよ。
 これでもPTAですからね(笑)。

  大阪のチケットが手に入れば、新幹線に乗って遠征だってしますさね。


 でも、「頑張って。応援しています」という心境には、正直、今のところはなれないです。

 「今度は失望させないでくれよ」というのが、今は精一杯かもしれない‥‥。


 ただ、「東京ドーム」の後のラジオ番組で、

 「もっといいライブにできるはずだった。ごめんなさい」

 と言った際の樫野さんの涙は、信じてはいますけれどね(笑)。


Perfume★Global Compilation “LOVE THE WORLD”

 さて、「Global Compilation “LOVE THE WORLD”」をゲットしました。

 このアルバム対する個人的な期待の焦点は、中田ヤスタカ先生の手になる、2曲の新リミックスです。

 では、今回はその2曲について……

       ★

「チョコレイト・ディスコ (2012-Mix)」

 これは、アルバム発売前に行われたクラブイベント「TAKENOKO」で聴いたバージョンと、おそらく同じものだと思います。
 つまり、ヤスタカ先生は、フライングをしていたという訳で(笑)

 で、改めて、自宅の落ち着いた環境で聴いた「2012-Mix」の印象ですが、かなりラフというか、まるでクラブのDJブースでの一発録りで録音されたトラックのよう。
(最近の高性能なDDJコントローラーを扱える人なら、このレベルのリミックス作業は、さほど難しくなさそうにも思える)

 あの「HuryBurly」の、恐ろしく緻密なインストを制作した人の作品とは、ちょっと思えないくらいですが(笑)、まあ実は、そのラフな感じが狙いなのかもしれません。
 事実、ヤスタカ先生は自身のDJでもこのリミックス版はプレイしているので、案外お気に入りの作品なのかも。

      ★

「MY COLOR (LTW-Mix)」

 実はこの「MY COLOR」のリミックスが、「Global Compilation」のリストとして発表された時、僕はいまひとつピンとこなかったのですね。

 要するに、なぜにこのタイミングで、この曲のリミックスを?
 他にもリミックスしがいがありそうな曲は、いくらでもあるのに……

      ★

 けれど、こうしてそのバージョンを聴いてみると、「ああ、なるほど」と僕の中では腑に落ちる点がいくつかありました。
 (まあ、僕が勝手に腑に落ちているわけなんでしょうけど(笑))

 このリミックスバージョン、聴いてもらえればすぐに分かる通り、オリジナルよりかなり「おしゃれ」な感じに仕上がっている。
 ある意味、その雰囲気は「Have a stroll」や「ポイント」にも似てきている。

 どうして、こんなカフェミュージック的(by 樫野)な曲に、ヤスタカ先生は仕立てあげてきたのか?

     ★

 ご存じのとおり、「MY COLOR」は、先ごろの「JPN」ツアーでは、新人ながらも本編のトリを務める、という大役を仰せつかっています。
 そればかりか、夏フェスのいくつかでも披露され、Perfumeライブの新たな顔曲、みたいにもなってきました。

 そのステージングはというと、例の「外内外外」等の振りを与えられたため、良く言えば「観客参加型」、悪く言えば「お遊戯曲」(笑)という印象を、僕らに強く印象づけるものになっています。

 それはそれで、観客にとって楽しい曲とはなっていると思うけれど、一方で、観客側の、曲に対する自由な想像力を奪ってもいるとも言える。

 そのことを、「JPN」ライブを2回観戦されているヤスタカ先生は、どう捉えたか?

      ★

 「あれ? 俺はもっと、おしゃれな曲を作ったつもりなんだけどな?」
 と思われても、不思議ではないかも(笑)。

 そこで、揺り戻しでは無いけれど、「この曲にはさ、もっとこういう面もあるんだぜ」ということを言いたいがために、あえてこの「MY COLOR」のリミックスを出してきた、と考えられなくもないのでは?

 少なくとも、この「MY COLOR (LTW-Mix)」には、あの「外内外外」は似合わない。
 いや、似合わないどころか、「外内外外」を絶対できないように、そのポイントをことごとく潰しているようにも思える(笑)。

      ★

 まあ、ヤスタカ先生の真意はともかくとして、「JPN」に収録されて「レーザービーム」と「GLITTER」に続いての、Perfume曲のリミックスの発表。

 リミキサーとしての評価も高いヤスタカ先生にしては、これまでPerufmeのリミックス制作が少なすぎた、とも僕は思っているので、これからもバンバン、リミックス版を発表してもらいたいもんです。

 あ、もちろん、さらなるオリジナル新曲も、よろしくです(笑)

 (そろそろ次のオリジナルアルバムなんて、期待のしすぎ?)

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。