スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★ドームツアー「LEVEL3」レビュー

 今回のドームツアーですが、最終的には全4公演の内、大阪京セラドーム1公演と、東京ドーム2公演に参戦しました。
 大阪と東京の最終日はスタンド席から、東京初日はアリーナからで、全てファンクラブ席です。
本音を言えば、全てアリーナから観たかったですが、まあ色々な位置から観ることができたので、総括的レビューを書くには適しているかな、と自分を納得させて(笑)、では書かせてもらいます。


  ★

 まず、大阪の会場に入って驚いたのは、そのステージの形。
 僕の頭の中には、あの2010年の東京ドームの十字型のステージのイメージが強く残っていたので、てっきり今回は、それに手を加えるような形になるんだろうと、なんとなく思い込んでいたんですよね。
 それが全く違った。

 正面奥があくまでもメインステージで、その前に、ちょっと変わった形のサブステージ群とキャットウォークが広がる形。
 よく見ると、09年のトライアングルツアー、そして11年のJPNツアーのステージの拡大変形版ということが、分かってくる。
 いや、アリーナ席後方に(最初は幕で隠してあるけど)さらにサブステージがあるということは、JPNの埼玉スーパーアリーナ公演の進化版かな。

 2010年東京ドームは、とにかく広い会場だということで、隅々の観客にも近づけるようにと、キャットウォークを十字に思い切り広げたのはいいけれど、その結果、3人のパフォーマンスが拡散してしまった、という問題があった。
 その時の反省(?)を生かし、今回のツアーも会場の規模は大きいけれど、無用なチャレンジはせず、これまで自分たちがやってきたスタイルをベースとしたライブをしよう、というチームPerfumeの意図が、このステージからだけでも読み取れるような気が。

 結果から書いてしまうと、このステージセットは、ある意味成功だったと思います。
 サブステージ間の距離も、各所にPerfumeの3人が散っていても、2010年の時よりは近く、お互いがお互いのパフォーマンスを確認しながらやっている感じだったし、観客の側も、例え一人に目が行っていても、他の二人をなんとなく意識できるような、ぎりぎりの距離感。
 ちょっと面白かったのは、MCの時に、サブステージの端と端に散った三人が、マイクを通さずに肉声で、お互いを呼び合うというおふざけをやっていたこと。
 そんなことは、2010年の時はできなかったでしょうね、恐らく。

 ただその結果、パフォーマンスの中心軸というか重心は、どうしてもアリーナ前方に偏ってしまったのは否めない。
 それはもう、肉体で実感しています。
 東京初日、僕はアリーナCブロックにいたけれど、まるで天国の真っ只中にいるような感じでした。常に自分が大きなPerfumeワールドに包まれているような感覚。
 それと比べると、スタンドにいた残り二日は、その天国を外から眺めている感じ、とでも書けばいいかな。
 それくらいの差です。
 さっきも書いたアリーナ後方のサブステージやら、移動するパフュームカーもあったけれど、それで補填できるような差じゃない。

 でもまあ、しょうがない。Perfumeがドーム規模の会場でライブをやるなら、今回のようなステージセットが、最善の方法なんでしょう。
 僕はこのブログに何回か書いているけれど、そもそもドーム会場という場所が、Perfumeのパフォーマンスにとって良き会場ではない、という考えには変わりありません。
 仮に今回のステージセットを、横浜アリーナクラスの会場に持ち込んでライブをやったとしたら、会場全体が天国になりますよ、それは間違いない(笑)。

     ★

 さて、物理的な会場の話は終わりにして、後は中身のこと。

 ファンの多くが分かっていたし、Perfume本人たちもライブ中のMCで語っていた通り、今回のドームツアーは、アルバム「LEVEL3」の楽曲が、セットリストの大半を占めておりました。
 いや、正確には、ドームツアーのサウンドトラックとして、「LEVEL3」が作られたようなものだから、そうなるのも当然か。

 ただ、「LEVEL3」は発売時、珍しくもPerfumeサイドから「ダンスミュージックアルバム」と宣伝されていたので、
「こりゃあ、ドーム会場を、レイブパーティみたいにしてしまう気なのかあ?」
と、僕は事前に変な期待を持っていたのですが(笑)、そうではなく、観客の下半身を動かせるというよりは、どちらかと言えば視覚に訴えるライブになっていたなあ、というのが正直な感想であります。
(大阪では事前に「ジャンプしないで下さい」という注意書きまでもらっていたし(笑))

 あの「PartyMaker」も、「こいつで客を煽りに煽って、ドームを巨大クラブにするつもりなんだろう」と事前に思ってたんですが、実際は、派手な仕掛けを使った完全な視覚重視のスペシャルステージでした。
 いやね、正直、「PM」を使って、新たなPTAコーナーを作るんじゃないか、くらいの予想を立てていたんですがね、まあハズレです。
 (東京公演の前々日に、クラブageHaでヤスタカ先生が「PM」をかけていたのですが、その時の方が、よほど観客は踊り狂っておりました。ま、当たり前か(笑))

 ライゾマティクスがスタッフに加わって以降、視覚効果に重きを置くようになったPerfume。
 三人の繊細なコレオグラフなど観客席から観ることのできない、ドーム公演ならなおの事、その視覚効果の数々に、様々な工夫を施し、かつかなりの完成度で持ってきたのは、まあさすがと思います。
 その場、つまり会場にいるファンの3D映像を速攻で作成して、それをやはり映像のPerfumeがつまみあげる、なんていうライゾマさんらしい仕事には、まあ正直驚きました。
 (例のヨーロッパ等で披露した、プロジェクションマッピングも、やはり持ってきましたね。映像では散々観てきたはずなのに、改めて生で観ると、その美しさには圧倒されます。ただし、近くから、という条件付きですが。遠方のスタンド席からだと、ああ、やってるなあ、くらいで、ちょっときつい)
 
      ★

 そんな視覚効果満載のライブでしたが、さて、振り返ってみると、自分の頭に残っているのは、いつものグダグダトークだったり、PTAコーナーだったりしているのが、不思議です。
 いや、今回のドームツアーが、それだけPerfumeらしいステージだった、ということなんでしょうね。

 中田ヤスタカの斬新な音楽があり、MIKIKO先生の天才的な発想のコレオと演出があり、スタッフの持ち込む最新鋭の技術がその背景を支えているせいか、Perfumeというのは「常に時代の先を行っているグループ」みたいな印象もありますが、一方で、とても保守的な面もあるグループなんだよなあ、ということを、今回のツアーで改めて認識させられました。

 あれだけの新しい技術、演出、音楽を取り入れながらも、じゃあそれで、むちゃくちゃな新しいライブをやろう、ということは絶対にしない。
 長い時間をかけて彼女たちが築き上げてきたライブの「スタイル」が、ガンとしてその土台にあって、それさえ守れれば、最新テクノロジーやらなんやらはトッピングとしてどうぞ、的な堅実さ。
 その「土台」がぐらつきそうになったからこそ、あの「2010東京ドーム」で彼女たちはテンパってしまったんでしょう。
 海外公演が、望まれながらも、その実現までこれだけの時間がかかってしまったというのも、その「土台」が海外でも成立できるか、確証がなかなか持てなかったから。
 今回のツアーは、入念な準備の上に「土台は揺らがない」という確信を得られたからこそ、まるでレギュラーライブのようなあのリラックス感が生まれていたんでしょう。

        ★

 最後に、ないものねだりを承知で、ちょっと言わせれもらえば、失敗覚悟でいいんで、これまでのライブスタイルを捨てた、新しいライブなんてものに挑戦してもらいたい、という気持ちもあります。

 いや、チームPerfume自身も、そういうことを考えていない?

 今回のドームツアーのラスト.
 あえてアンコールというお約束ごとを捨てた「DreamLand」に、ちょっとそういう匂いを感じたんですが(笑)。

 まあ、ドーム公演のような「絶対に失敗できない」ライブじゃ、冒険もしづらいので、小規模なライブで、例えば昨夏の「氷結サマーナイト」みたいな舞台を作って、なんかやらかしてもらえまんかね。


    ★    ★    ★


 ちょっと、今回のライブで気になったこと。

 東京最終日の最後、西脇さんがMCで、(正確な言葉は忘れたんだけど)また「Perfumeを見捨てんでね」的なことをポロっと漏らしていたんですよね。
 (09年の代々木体育館ライブでの発言の、デジャブですわ)

 まあ、やたら元気で自信満々だと思ったら、急に不安な表情を見せたりというのは、あの方にはよくある事なんで、あまり気にしてもしょうがないですが。

 ご本人が唱えている例の「25歳理論」までもうじきだ、ということも、ちょっと気にはなっていますが、こうなったら景気づけに、「25歳記念生誕祭」みたいになバカ騒ぎライブでも、PTAを集めて決行してくれませんかね。
スポンサーサイト

Perfume★京セラドーム大阪公演 レポート?

 え~、大阪遠征をしまして、Perfumeの「京セラドーム大阪公演」を観てまいりました。

 レポートというか、ざっとした感想などを書きたいと思いますが、いつもの通り、事務所サイドから「ネタバレNG」のお触れが出ていますので、できるだけ具体的な内容には触れずに、ちょっと書いてみます。

 また、あくまでも白紙の状態で、「東京ドーム」公演に臨みたいという方は、パスして下さい。
 よろしく。


      ★    ★       ★


 さて、3年前の2010年の「東京ドーム公演」。
 
 僕はあのライブを、ボクシングに例えれば、まだ経験の足りない若手のボクサーが、初めて世界チャンピオン戦に挑戦したようなものだったと考えています。
 (チームPerfume全体が若手ボクサー、ということですが)

 とにかく大舞台だし、相手はこれまで戦ったことのない強敵だしで、なんとか相手を倒そうと、大振りのパンチを繰り出すのはいいけれど、いつの間にか自分のファイティングスタイルを見失って、終わってみれば、どこか力及ばず……。


 いわばその時のリベンジである今回のドームツアーは、過去の反省を生かして、(またボクシングに例えれば)「とにかく自分たちのスタイルをしっかり保って戦おう」とチームはまず考えたんじゃないんでしょうか。
 ガードもしっかり作って、その上で、確実で自信のあるパンチを、ひとつひとつ打っていこう、的な(笑)。
 (なぜそう感じたか、詳しいことは今回は書けませんが)

          ★

 そして、この3年間のチームPerfumeの経験の積み重ねも、やはり大きかったかな。
 
 とくに印象的だったのは、あのドームクラスの会場独特の歓声に対する処理。
 例の「わーっ」というよりは、「ゴーッ」と表現した方がいいような、アレに対する対応。

 おそらく3年前は、その不慣れな歓声に圧倒され、もしくは恐怖感すら感じ、観客と丁寧にコミュニケーションをしていくという、彼女たちのペースが完全に乱されていたように感じました。
 けれど今回は、なんと、その「ゴーッ」感を、逆に遊んでしまうという、たくましさを見せてくれました(笑)。

 それだけで、「ああ、Perfumeも大きくなったんだなあ」と。

          ★

 さらに、一発勝負でなく、4回公演というのも大きいというか、そういう「余裕」を生み出せた要因のひとつなんでしょうね。
 なにかうまくいかないことがあっても、残りの公演で修正できる、という。

 いや、実際のところ、チームPerfumeは,この大阪公演での客の反応を見て、次の東京ドーム公演では、何らかの変更や修正を加えてくるだろうことは、間違い無いと思います。

 3年前は初顔合わせだった「ライゾマティクス」とのコンビネーションも、さすがにこなれたものになってきているし。

          ★

 さて、今回の大阪公演を、自分はスタンド席から見たのですが、予想はしていたのだけれど、まあPerfumeの3人が遠い、遠い(笑)。

 双眼鏡も持っていったのだけれど、それでもステージ上の彼女たちの表情を確認することすらできず、途中からは使うのをあきらめて、ビッグスクリーンの映像頼り‥‥(苦笑)。

 そういう理由もあるし、(またまた詳しく書けないけれど)他の理由からも、今回のドームツアーは、絶対にアリーナ席の方がいい! と個人的には思いますわ。

 3年前の東京ドームの時は微妙で、アリーナが絶対いいとは言い切れなかったけどね。


 ‥‥つうか、まだ「東京ドーム」のチケットは届いてない。
 ここまで煽っておいて、再びスタンド席だったら、ははは‥‥。


Perfume★「ROCK IN JAPAN 2013」Perfume以外その他あれこれ

 今回の「RIJ」は、8/3、4の二日間に参加してまいりました。

 その中で、(Perfume以外の)気になったいくつかのアクトのレポートを書いておきます。

      ★

【BABYMETAL】

 今回の「RIJ」で、個人的にはベストインパクトでありました(笑)。
 以前にPerfume司会のMJで観たことはあったのだけど、その時は、
「ああ、なるほどね、メタルをやるアイドル。確かにその通りですね」
 くらいの感想しかなかったのですが‥‥
 
 いやあ、やばいです。
 いわゆる「ライブを観ると印象が完全に変わる、」というタイプです、この子たちは。
 とにかくステージングの印象は強烈。
 ちょっとゴスロリ風の格好をした14、5歳の女の子たちが、ステージを駆け巡ったり、メタルビートに合わせてヘッドバンキングするなんていう姿を、「ちょっといけない感じもするけど、面白い」なんて思ってしまうと、ツボにはまってしまって、やばそうです。
 かなり中毒性が高いことは、間違いなさそう。

 「それにしても、ステージ上のアクション(ダンス)がいいなあ」
 と思ったら、振り付けはなんと、MIKIKO先生(笑)。
 実はアミューズだし、三人組だしで、Perfumeファンには、やばいやばい(笑)。

 個人的には「もうすぐブレイクしそうなグループ」だと感じましたが、一方で「期間限定活動」だという話も。
 だとしたらもったいないなあ‥‥。

 ちなみに、「ベィビィメタル」ではなく「ベビ-メタル」と発音するそうですよ、樫野さん(笑)。


【9nine】

 BABYMETALに続いて、9nineを観戦。
 こうなってくると、自分がロックフェスにいるんだかなんだか分からなくなってきますが(笑)。

 ただ、BABYMETALと違って、こちらは意外と正統派アイドルのライブ。
 「きっと大昔のPerfumeも、こんなステージをやっていたんだろうなあ」と思いながら、ステージを眺めておりました。
 Perfumeは、そこから突然変位のような進化を遂げて、「RIJ」の大トリの舞台に立ったわけで、そう考えると、もうひとつ、なにかインパクトが欲しいかなあ。
 (まあ、海荷ちゃんとちゃあぽんは、可愛かったですよ(笑))


【SPECIAL OTHERS】

 知る人ぞ知る、大本さんのフェイバリットバンド。
 かつてPerfumeと「対バン」ライブをやったことがあるなんて、最近のPerfumeファンは知らないかもなあ。
 個人的には、グラスステージの大味なPAよりも、もう少し小さめのステージで聴きたかったけど、まあいいでしょう(笑)。
 蛇足ですけど、グラスステージの巨大なPAは、近いと耳が痛いくらいに音がでかいし割れるし、離れると風の影響で音が揺れる、という「音」を楽しむにはちょっとやっかいな代物なんですよね。
 (Perfumeの時は、もろPAの前にいたので、もう音楽を聴くなんていう状況じゃなかった‥‥)
 まあ、それを割引いても、スペアザさんのサウンドはやっぱ良い。
 ちょっとジャズっぽい、16ビートで踊る、その心地よさ。


【平井堅】
 「RIJ」のステージに立つのは、数年ぶりのことだとか。
 ステージの上のご本人は「アウェイと思っています」とおっしゃっていたが、いやいや、いいライブでした。
 というか、さすが。
 歌声ひとつだけで、数万人の観客を魅了してしまう、その実力。
 何も拳を突き上げて、踊りまくるだけが、音楽の楽しみかたじゃないよなあ。
 グラスステージの草に上に腰を下ろして、ビール片手にその美声に耳を傾ける、というのも、フェスの楽しみ方のひとつなんじゃないでしょうか。
 是非、来年も出ていただきたい、そう思えるアーティストでした。


【10FEET】

 この後に出演するPerfumeがMCで「ROCKっていうものの捉えかたが変わっている」と語ることになるのだけれど、まるでそれを予感していたかのように「いやいや、変わらないROCKの価値観ってものもあるんだぜ」と言っているようなステージ。
 個人的にはそんなに得意なジャンルのバンドではないし、一般的に知られたヒット曲だってそうあるグループじゃない(すいません)と思っているけど、非常にシンプルな価値観を、がっしりとキープし続けている、いいバンドのいいライブだったと思います。
 RIJはモッシュやダイブ絶対禁止なんだけれど、「代わりに靴を投げてくれ!」とヴォーカルが叫ぶと、無数の靴が天を舞う光景には、思わず笑ってしまいました(笑)。
 靴を無くした人は、どうやって帰るんかね。


【Capsule】

 クラブなどでCapsuleのライブは何度も観ているし、どうしようかと思ったのですが、裏の「アジカン」や「バンプ」に客と取られるだろうな、ということで「応援」の意味も込めて、レイクステージのトリであるライブを見に行きました。

 案の定というか、観客は会場の半分ほど。
 ただそれでも集まっている連中は、がっちりとしたCapsuleファンたちばかりのようで、ライブが始まれば、「ここはクラブか?」と思いたくなるほどの、タテノリで盛り上げまくります。
 としこさんも樫野さんばりのミニスカートで、細いおみ足を惜しげなく披露してくれました(笑)。
 ヤスタカ先生のDJブース全面が、巨大なLEDモニターになっていて、そこに映像を写す仕掛けになっていたのですが、ライブ終了と同時に、そこに「CAPSULE」という巨大な文字が。
 それが印象的だったのですが、どうやらCapsuleはレーベルを移籍して、グループ名も大文字「CAPSULE」に変更するとのこと。
 待望のニューアルバムも、秋に出るらしいです。
 「LEVEL3」もあるし、こちらも楽しみ。


Perfume★「ROCK IN JAPAN 2013」レポート(第一弾)!

 先ほど、ひたちなかから帰ってきました。

 とりあえず、時間も無いので(笑)、簡単なレポート(というより感想かな)をまず第一弾としてアップさせてください。
(「ROCK IN JAPAN 2013」のロングレポートはまた後日に)

    ★

 すっかり陽の落ちたグラスステージに登場したPerfumeの三人が身にまとっているのは、まぶしいほどの白を基調に、ゴールドを散りばめた衣装。

 なんでも本人たちによると、2007年のサマーソニックで着た衣装を模したデザインだそう。
 つまり、この6年間のフェスのステージを、ある意味で総括しようという気構えが、そこに現れている?

    ★

 そんな彼女たちの内に秘めた想いはあるにせよ、ライブステージそのものは、いつもと変わらずに、ある意味「淡々と」進んでいく。

 RIJの大トリなんだから、なにかスペシャルなもの(プロジェクションマッピングとか)を用意してくるんじゃないか、というこちらの変な期待を、まるで肩透かしするかのように。

 それでも、エレクトワールドやマカロニ、SEVENTH HEAVEN などをセットリストに入れてきたのは、先ほどの「総括」の意味が込められているのかもしれないなあ。

 でも、かつてこの同じステージで、これらの楽曲を演じてきた彼女たちと比較すると、この夜の彼女たちは、なんていのかな、そう「貫禄」が違う(笑)。
 その堂々とした姿を見ていると、「ああ、2008年のRIJの初登場から、もう5年もたったのだな」と、僕などはしみじみ思ってしまいます。

    ★

 「淡々と」とはいうものの、「5年の想い」は端々ににじみ出てくる。

 「マカロニ」を生歌で披露したのも、そういうことがあってのことかもしれない。

  MCも、つい、昔のことに話題が行ってしまう。
 フェスのMCで、かつてマネージャーのもっさんが、広島に帰ろうとしていた彼女たちを引き止めてくれた、というようなエピソードを話すのは、初めてじゃないだろうか。
 だから、いま、この場にいられると。
 そして、込み上げる想いに、西脇さんがたびたび声を詰まらせたことも、フェスでは珍しいことかもしれない。

   ★

 一方、一観客である僕は、かなりステージ近くにポジションを取ったものの、あまり騒がず、暴れず、場を盛り下げない必要最小限の動きだけで、じっとステージを見つめておりました。

 まわりで大騒ぎをしている連中は、「こいつ地蔵か」と思ったかもしれませんが(笑)、いやなんかね、じっとこの光景を見つめていたい、目に焼き付けておきたい、という気に、させられてしまった、というところです。
 (「FAKE IT」のような、場がぐちゃぐちゃになるような激しい曲が、今回のセットリストから外されていた、ということもあるかもしれませんが)
 
   ★

 フェスでの初めてとなるアンコール(トリの特権だ)は、「Dream Fighter」。
 
 イントロを聞いた瞬間、
「ああ、この曲を最後にやるのはヤバイぞ」
と思ったのですが、案の定、西脇さんなど、もう込み上げる想いが抑えきれなくなってきているのが、僕の位置からもなんとなく分かりました。
 そのせいで、いつもはバシっと決める最後の挨拶も、この夜はなんだかグダグダ(笑)。
 (最後のアンコールで、今回のスペシャル感がやっと出たかな?(笑))

 ステージ終了と共に、打ち上がったド派手な花火の下で、ひたちなかでの6年目は夏は終了です。


   ★   ★   ★

 (P.S)「その1」

 例のドーム公演のチケットですが、システムのミスとやらで、再結果が送られてきました。
 東京と大阪、共に「当選」です。
 友人たちも当選した模様。
 とりあえず、ひと安心。
 まったく、人騒がせだぜ(笑)。


     ★

 (P.S)「その2」

 NHKが制作した、Perfume「ワールドツアー1st」を追ったドキュメンタリーに、台湾のファンとして紹介されていたChouさん(塾の講師をされていた女性)が、闘病の末、お亡くなりになられたと聞きました。
 謹んでお悔やみ申し上げます。



Perfume★ドーム公演チケット争奪は泥沼化?


 え~、Perfumeのドーム公演の、ファンクラブ先行チケット抽選の結果が来ました。

 結論から言うと、‥‥全滅でした。

 4公演、全てに申し込んだのですが、全て「落選」。


 「まあ、全公演は当たらないかもなあ」
 と、たかをくくっていたのですが、まさか全滅とは‥‥。

    ★

 あわてて、知り合いのPerfumeファンの幾人かに連絡を取り、抽選結果を聞いてみたのですが‥‥。


 自分:  4公演応募 当選0
 知人A: 4公演応募 当選0
 知人B: 4公演応募 当選0
 知人C: 4公演応募 当選0
 知人D: 2公演応募 当選0

 え~、以上のように、ぞっとする結果が返ってまいりました(笑)。


 運のない連中ばかりが僕の周りに集まっているのか。
 それとも、チケットは10倍以上の確率となってしまっているのか。
 (これだけの数値じゃ、統計になりませんね‥‥(笑))

    ★

 まあ、本公演までまだ4ヶ月もあるし、個人的にはなんとかなる(なんとかする)と思ってますが、チケット争奪でばたばたはしそうです。

 それにしても、ロックインジャパン前夜だとういうのに、テンション下げてさせてくれるなあ(笑)。

 まあ、以前に「ドームはPerfumeライブにとって適切な場所ではない」とかなんとか、このブログに書いたバチが当たったのかもしれませんが(笑)。


 とりあえず、ファンクラブ対象席を増やしての二次募集、などという配慮を、アミューズの皆さん、お願いします(笑)。


プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。