スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAPSULE★NEWアルバム「CAPS LOCK」レビュー

 これまで、PerfumeのアルバムとCAPSULEのアルバムが、ほぼ同じ時期に発表されるということは無かったわけです。
 
 めったにない、この2大ヤスタカワークスの天文学的大接近(?)に、僕は大いなる興味を抱いていたのですが、果たして‥‥

    ★

 正直言って、Perfumeの「LEVEL3」の発売直後は、「「LEVEL3」と「CAPS LOCK」は、非常に似た雰囲気の作品になるのでは?」と推測しておりました。

 なぜなら「L3」は、ここ数作のCASULEのアルバムで得た成果を、ごそっと盛り込んだような内容になっていたからです。
 それにより、ついに(?)PerfumeとCAPSULEの世界は共通項を見出し、兄弟(姉妹)のような関係を結ぶのではないか、と。


 ‥‥ところが、目(耳)の前に現れた「CAPS LOCK」は、「L3」とは似ても似つかぬ音世界を持った作品だったわけです、これが。

    ★

 正直、衝撃的でありました。

 アルバムを埋め尽くすのは、余分なものを全てそぎ取ってしまったような、「純音楽」とでも呼びたくなるようなコアな作品群。


 「きゃりー」がヤスタカワールドに登場してから、ヤスタカ先生はその内なるポップな部分というか、コマーシャル(商業主義)な部分のほとんどを、彼女に捧げてしまったのは、分かっておりました。

 一方で、クラブミュージック(ダンスミュージック)の追求は、ずっとCAPSULEの役目だった訳で、ここ最近、Perfumeはその中間地点のような場所で、振り子のように揺れ動いていたようにも感じます。


 しかし、ヤスタカ先生は「LEVEL3」で、そのクラブミュージックな部分すらも、Perfumeに全て投げ与えてしまったのか。

 そうとでも思いたくなるほど、「CAPS LOCK」の音楽たちは、ライブ会場やらクラブでかかることなど全く想定されていない、恐ろしくパーソナルな「作品」になっている。

 そうなんですよね、「歌」とか「曲」ではなく、「作品」と呼びたくなるような音楽ばかり。

   ★

 今や、J-POP界の2大モンスターとなってしまった、きゃりーとPerfume。

 その双方に楽曲を提供し続けるということがどんなことなのか、素人のボクには完全には想像がつきませんが、恐らくいろんな人間が、いろんなことを言ってくるだろうということは、分かるような気がする。

「ああ、分かってますよ。あの白い犬のCMに打ち勝つような、キャッチーなCMソングが必要なんですよね」
「2大ドーム公演で盛り上がるような楽曲が欲しい? OK,、OK、任せて」

 ‥‥なんて言うのは、まだいい方で、いらないプレッシャーをかけるようなことを言ってくる人間だって、きっといるはず(笑)。

 そういう外野の声を消化しつつ、それらの「仕事」をきちんとやり終えたあと、

「もういいだろ。好きに、やりたいようにやらせてくれよ」

 とばかりに、楽器(PC)の前に座り込んだ結果、この「CAPS LOCK」は出来上がった。
 ‥‥なんて、勝手に僕は想像しています(笑)。

 いわゆる「ポップミュージック」やら「ダンスミュージック」の縛りからは完全に開放されて‥‥
 どころか、「CAPSULE」であることからも、自らを開放してしまったようにさえ、ボクは感じる。
 (だから、こしじまとしこさんのヴォーカルさえ、もはや楽器の一部)

 ただの「音楽作品」がそこにあるだけ。

 あれだけおしゃれに決めていたジャケットも、今回はだたの白黒の「C」一文字。
 曲名も、「SHIFT」「ESC」「SPACE」と続くように、もはや意味を成していない。
 付けただけで、曲名と内容は、もはや何の関係も無し。

 まるでそれ以上は「音楽の邪魔になる」とでも言うように。

 そして、「音楽家」中田ヤスタカのコアにあるものがどんなものなのか、僕らは知らされる。

    ★


 ここからは「感想」。

 この「CAPS LOCK」に含まれている「音楽作品」群が、どれもこれも、僕の耳にはとても心地よい。

 正直に告白してしまおう。

 純粋に「聴く」音楽アルバムとしてなら、「LEVEL3」よりも、この「CAPS LOCK」の方が、僕にとっては遥かに刺激的で、同時に気持ちがいい、です。

 (まあ、Perfumeのアルバムというのは、所詮「ライブのためのサウンドトラック」であり、恐らく「LEVEL3」の真価は、12月の京セラドームで観せてもらうことになるんだろうけれど)

 もし、Perfumeの三人だけでなく、中田ヤスタカという人が作る音楽に少しでも興味のある人ならば、このアルバムは必聴です。

スポンサーサイト

きゃりーぱみゅぱみゅ★「なんだこれくしょん」レビュー

 キャッチーで、チープで、インパクト勝負で、ちょっと下品で、あざとくて、ギミック満載で、グロテスクなところさえある。
 そして何より、商業主義的。

 早い話、今挙げた全てが、このアルバムへの賛辞にもなるし、批判の言葉にもなる。

 でも、そもそも「ポップミュージック」って、そういうものじゃない?

 そして、それら全てを、ほぼ完璧に達成しているのは、中田ヤスタカ先生の圧倒的なサウンドワーキングの成果。

 だとすると、これは「ポップミュージック」の見本市みたいなアルバム。

     ★

 特に、そのキャッチーさは驚異的!

 どの曲も、あっという間にそのサビが頭に入ってきて、ぐるぐる周り始める。
 小学生でさえ、きっと、すぐに踊り始めるくらい。
 今の日本でこんな芸当ができるのは、中田ヤスタカという人くらいなんじゃないだろうか。

 ただ、一枚のアルバムとして頭から聴いていくと、その一曲一曲のキャラの強さというか、毒パワー(?)みたいなものに、僕はちょっと食傷気味になったのも事実です(笑)。

     ★

 けれど、アルバム最後に、用意された「おとななこども」という曲。

 ギミック無しの、切なくてとても美しい「ポップミュージック」。
 (ヤスタカ先生が、きゃりーに語りかけているような歌詞にも注目)

 僕は完全にノックアウトです(笑)。

 最後の最後に、これはずるいよ、ヤスタカ先生(笑)。

 (こんな曲をPerfumeにも作ってよ、とファンの一人はかるく嫉妬(笑))


中田ヤスタカ★個人的な「楽曲大賞2012」

 今年こそ応募してみようと思っていた、「中田ヤスタカ楽曲大賞」でしたが、またまた締切日を忘れてしまい、応募できませんでした。

 そこで、個人的に「中田ヤスタカ楽曲大賞2012」を選んでみたいと思います。

     ★

一位「ファッションモンスター(きゃりー・ぱみゅぱみゅ)」

 この2012年という一年だけで、あっという間にスターダムにのし上がったKPP。
 ボクもデビュー時から注目はしていましたが、まさかここまでの「商業的」な成功を収めるとは……。
 しかし振り返ってみれば、2012年という年が、ぴたりと彼女に照準が合っていたのも事実。

 そしてこの短期間に、「PONPONPON」「つけまつける」といった、恐らく将来に渡って彼女の代表作として語られるだろう楽曲を次々と生み出してしまった、ヤスタカ先生の才能も爆発した一年でした。
 
 年末に行われた「レコード大賞」とやらが、某グループの二年連続受賞となったことで、審査関係者サイドから、何やら不満めいた発言が出たとか出なかったとか。
 そんなことでもめるなら「つけまつける」を選べばよかったのに、とマジで思ったものです。

 じゃあ、なんでここでは「つけまつける」ではなく「ファッションモンスター」を選んだのかというと、これはもう個人的な好み(笑)。
 狙いとはいえどこか「幼稚さ」がみえる「つけ」よりも、断然カッコイイ「FM」の方を、僕は推します。
 前にも書いたけれど、ヤスタカ先生の考える「ポップ」というものが、この曲には結晶されているように思うしね。
 (ついでに言えば、PVの楽しさも一級品)

      ★

二位「JPNスペシャル(Perfume)」

 ご存知、Perfumeの「JPN」ツアーライブのために書き下ろされた、インストルメンタル。

 一聴すると同じようなフレーズの繰り返しであるようだけれど、それが深い奥行を伴いながら、まるで万華鏡のように複雑に変化していく驚異の構成。
 そしてうねるようなリズムの躍動感と、爆発的で重厚な音圧が、ボクらをとんでもないクライマックスへと導いていく。
 これに関監督の映像と、Perfumeのパフォーマンスが加わるんだもの。
 ほかに何が必要?(笑)

   ★

三位「Transparent(Capsule)」

 アルバム「STEREO WORXXX」の最後を飾る一曲。
 最近とみにインストルメンタル的な楽曲が増えてきたCapsuleにはめずらしく、歌モノで、それも日本語の歌詞を持っている。

 この曲には、なんのタイアップも付いていない。
つまりヤスタカ先生が各種の制約を受けない状態で、いま、こういったロックスタイルとも言える楽曲を書いたことに、ボクは驚きもしたし、感動もした。
 残念ながらクラブ等のライブでは披露してくれていないけれど、是非ライブでも聴いてもみたい……いや、踊ってみたい一曲。
 
   ★

四位「Hurly Burly(Perfume)」

 「Perfumeを通してJ-POPを再構築してみる」というヤスタカ先生の作業が、Perfumeが「徳間レーベル」を離れたことにより一区切りがつき、さてこの2012年という一年は、ヤスタカ先生がPerfumeサウンドの新たな方向性を探り続けた年だったように思います。

 そんな中で、ボクのイチオシは「Hurly Burly」。
 「ハリバリなんて、おなじフレーズの繰り返しじゃない」と思われる方は、是非インストルメンタル版で再試聴を。
 その音の複雑さというか、ヤスタカ先生の音作りに対するこだわりみたいなものに、改めて気づくと思います。

 日本語で歌っているということを除いてしまえば、いわゆるJ-POPの枠からは外れかけているように思える「Hurly Burly」と、そして「Spending All My Time」。
 さて、これらに続く2013年のPerfumeの楽曲はどんなものになるの?……と思っていたら、「未来のミュージアム」の発表だったんですが、まあこれは何度も書いてますが、スピンオフみたいなものなので……。
  
以上、個人的な「中田ヤスタカ楽曲大賞」でした。

 
プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。