スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★新曲「Sweet Refrain」フルOA!


 ついに新曲「Sweet Refrain」が、PerfumeLocksでフルOAされた!

 いやあ、やっぱり素晴らしいです、この曲は。

 ドラマの主題歌にふさわしいキャッチーで素晴らしいメロディを持ちながらも、思わずフロアを蹴って踊りたくなるようなダンスミュージックにもしっかりとなっている。

 まさに、カラオケで歌って良し、クラブで踊って良し、ライブで騒いで良しの、万能Perfume印ポップミュージック。

 「Magic of Love」がリリースされた時、多くのファンが「王道Perfumeソングが戻って来た」という感想を持ったようだけれど、今の時点で振り返ると、あの曲はちょっと大人し過ぎたかなあ‥‥。
 ‥‥そんな風に思わせるほど、この新曲は、僕の心と身体を熱くしてくれます。

    ★

 Perfumeのいわゆるシングル曲で、これほど興奮させられたのは、なんだか随分と久しぶりのような気がします(笑)。

 「悪くはないんだけど、カップリング(B面)曲の方が、興味深いよなあ」
 「やっぱ、Perfumeはシングルよりもアルバム曲だよなあ」

 ‥‥なんていう感想を、ずっと抱き続けてきたような気もしますわ。


 一方で、ヤスタカ先生はきゃりーに対して、「ファンションモンスター」のような、百点満点の「ポップ」ミュージックを提供していたわけで、
 それを横目で見ながら、
 「もうヤスタカ先生は、「ポップ」はきゃりーに任せて、Perfumeは「アート」方向なんかなあ」
 とちょっと諦め(?)に似た感情を、感じていたのも事実です(笑)。

    ★

 でも、ここに来て‥‥

 というか、あの「LEVEL3」を発表した直後というタイミングで、こんな「ド」の字が着くポップな曲を、ガツーンとかまして来てくれるなんて、相変わらず先の読めないお方です、ヤスタカ先生は‥‥。


 ラジオでPerfumeが、

 「長澤まさみさんの主演ドラマの曲だから、ヤスタカ先生が張り切って作った」

 なんていう冗談を言っておりましたが、それに乗っかると、なるほど、「長澤さん」に刺激されたヤスタカ先生の男性ホルモンが、この曲の素晴らしい推進力を生み出したのかもしれないです。
 
 ‥‥なんてね、ははは(笑)。


 ‥‥というか、マジでそういうことなのかもしれない、という気もちょっとはするのが、怖い(笑&汗)。

スポンサーサイト

Perfume★新曲「Sweet Refrain」は「LEVEL4」!?

 「LEVEL3」の発売やら、それに合わせたTV出演だのなんだので、新曲「Sweet Refrain」のことは、すっかり忘れておりました(笑)

 「都市伝説の女」というなんだかよく分からない(笑)タイトルのドラマの主題歌だそうだし、そもそもPerfumeが関わる「~の主題歌」にあまりイイ記憶が無い(?)ことも、なんとなくこの新曲のことを忘れさせる一因になっていたかもしれませんが‥‥。

 けれど、ドラマの放送開始と共に公開された、この曲のショートバージョンを聞いたのだけれど‥‥

 ええ? ちょっと、いいんじゃない、これ!

    ★

 AメロもBメロも、とてもキャッチーで美しいメロディ。

 ちょっとダブステップ風の味付けの箇所もあるけれど、全体的にはCapsuleの「クライダー」を思わせるような、爽やかなサウンド。

 そしてリフ部は、思わず床を蹴って躍り上がりたくなるほどダンサブル。

 こいつはヤスタカ印の、完全なる上質なポップミュージックだ。
 (まだ2分弱のショートバージョンだけど(笑))

    ★

 明らかに、「LEVEL3」とは方向性が違う。

 というより、重厚作「LEVEL3」を眉間にしわを寄せて聴いていた自分の身体から、ふっと力が抜けて、青い空に向かって登っていくような開放感すら感じさせてくれる。

 「ボクらを「LEVEL4」に連れて行ってくれる曲」というのは、ちょっと気が早いか(笑)。

    ★

 別に「LEVEL3」を否定するわけではないけれど、あのアルバムに欠けていたものが何かを、改めて気づかせてくれるなあ、この曲は。

 いや、「LEVEL3」からの、この振れ幅自体が、気持ちいいのかもしれない。

 それもまた、Perfumeファンの醍醐味、ということで(笑)


 で、完全版の発売はいつ?
 早く全曲が聞きたい!

Perfume★新曲「Handy Man」レビュー!


 ★ 以下は「Handy Man」のレビューです。未聴の方はパスして下さい ★


   ★     ★     ★


 事前の情報で、

 「Handy Manはダブステップらしい」

 だの、

 「いやいやEDMさ」

 だのと、数々の噂が飛び交っていましたが、実際に曲を耳にしてみると「Handy Man」は

 「一体どこかEDMなのさ」

 と言いたくなるほどの、屈折根暗のキテレツソングでありました(笑)。

      ★

 かつて西脇さんが「へし曲がっている」と評したヤスタカ先生らしい曲、といえばいえるのですが、それにしてもねえ‥‥
 初聴の時は、さすがの僕も少々唖然としてしまいました(笑)。

 A-sideである「Magic of Love」が、曲はもちろんのこと、Perfume本人たちのアーティスト写真やカバー、PV等の視覚的要素を含む全てを「オシャレ」で決めているのに、このB-sideは、それらを全てぶち壊してしまいかねないほどの、ヒネクレぶり(笑)。

      ★

 いや、確かにEDM風のフレーズも曲中にありますが、これがクセもの。

 本場のEDMが、ムキムキマッチョで汗を散らせながらアガるぜぇー、的なノリを表現しているのに、こちらは、恋に犯された女の子の心の有様を、そのグロテスクとも言える音響に投影しているよう。

 きゃりーの「インベーダーインベーダー」のダブステップ部が、インベーダーの侵略を視覚的に表現していましたが、こちらはそのEDM的心理版とも言えるかな。

      ★

 「コミュニケーション」もそうでしたが、ヤスタカ先生はなぜこういう風味の曲を、Perfumeのために書くのか?

      ★

 ここ最近は、その視覚的な要素の変化、つまりすっかり「美しく」になったルックスのおかげで、「キレイ」「かわいい」「おしゃれ」という形容詞が似合うようになったPerfume。

 ファンである僕らも、ついついそういう形容詞で彼女たちを捉えてしまいがちになっていましたが(笑)、この「Handy Man」という曲をドロップしたことで、

 「本当にそれがPerfumeの全てかい?」

 という一撃を、ヤスタカ先生から食らったような心境です(笑)。


 確かに、その「明るさ」や「可愛らしさ」が表に出る一方で、時折見せる「泥臭さ」や「どこか屈折した心理」「心の傷を隠すようなブラックなユーモア」も、彼女たちの魅力の一要素だったはず。

 この「Handy Man」は、それを忘れちゃいかんよ、というメッセージも込められた楽曲、なのかもしれません(笑)。


Perfume★「Magic of Love」初OA!


 新曲「Magic of Love」をフルで聴いての、まず第一印象は……。

 おしゃれだよなあ。
 それも、とても真面目で、浮ついた感じのない、しっかりとした、おしゃれ感。

 こういう感じ、昔にどこかで味わった気がするなあ……

 と思い返してみたら、僕の頭の中に思い浮かんできた言葉は……「渋谷系」(笑)。

 いや、かつて「渋谷系」と呼ばれた一連のサウンドと、「Magic of Love」が似ている訳ではないですよ。
 ただその「雑味無し」「センスの良さのだけで作ってみました」みたいな「後味感」が、似ている感じがするんですよね。

    ★

 おしゃれ、といえば、例の「おしゃれで世界征服だ」というとんでもない曲を、ヤスタカ先生は同時期にリリースしている訳ですが(笑)、あちらの方は「一体どこがおしゃれなんだ」と言いたくなるほどの、強烈な「コミカルソング」。
 いや、「ギャグソング」とでも呼んだ方がいいか。

 繰り返すけど、「Magic of Love」の方は、おふざけや軽さは一片も見当たらない、超真面目楽曲。
 この2作品、とても同じ作者の手によるとは思えないくらい。
 (いや、あの「インベーダー」の方も大好きなんですよ。それについては、また別に書く事にします(笑))

    ★

 で、「渋谷系」に話を戻すと、この「Magic of Love」のジャケット(初回限定と通常版のどちらもですが)を始めて観た時に、やはり同じような感想を持ったのですね。
 ヨーロピアンポップな感じが、なんか「渋谷系」を連想させるよなあ、と。

 もしかしたら、今回の新曲には(「渋谷系」という言葉ではないにしろ)何か共通の意識というか、キーワードみたいなものが、ヤスタカ先生を含めたスタッフに持たれている、ということなのだろうか。


 で、気になるのは、まだ発表されていないPVの方であります。

 今回は久々に、関監督がディレクションしているということで、関ファンの僕としてはとても期待大な訳ですが、果てさて、どんな仕上がりになっているのか。

 ジャケット、曲、そしてPVと、トータルなイメージを被せてくるのか。
 それとも「PVを観たら、曲の印象が全然変わってしまいました」的なひっくり返しをしてくれるのか……。

   ★

 ついでに気になるのは、A-sideの「Magic of Love」がこう来るとなると、B-sideの「Handy Man」は、どうしかけてくるのか?

 「Handy Man」なんていうタイトルからじゃ、まったく予想がつきません。
 まあ、いつものことだけど(笑)。

Perfume★新曲「Magic of Love」はピュレグミCM曲

 カンロ株式会社の本社というのが、実は僕の家の近くにあります。
その前の道路がちょっとした花見の名所になっておりまして、先日、東京の桜が全開になったおり、ふらふらとそのあたりを散歩しておりました。

 そして、カンロのビルの前を通った時、以前そこに掲げられていたPerfumeの大きなパネルが、いつの間にか外されているのを目にして、
 「ああ、Perfumeとカンロとのスポンサー契約は、もう切れたんだな」
 とちょっと寂しく思っていたんだけれど、まさかそれから数日後、そのカンロ(ピュレグミ)の新たなCM、そしてそのための新曲が発表されるとは。

 新曲のタイトルは「Magic of Love」。
 いつも通り(?)の、英語タイトルに戻ってきました。

 まだ、15秒程度のサビしか聞くことができないけれど、ちょっと大人なセンスの、いい感じの楽曲に聴こえます。
 (まあ、いつもどおり、全曲を聞かないうちの早合点な評価は禁物ですが)
 そして、黒を基調とした衣装もシックで(とくに宣伝写真がいいね)、正直、好みですわあ(笑)。

     ★

 でも、カンロさんも、良く二年目の契約をしてくれたもんだ、と思います。

 昨年度は、あのキリン(氷結)が同時スポンサーだったんで、正直、カンロさんの方はちょっとその影に隠れてしまった感じだったし、せっかくのCM曲(「コミュニケーション」)もB面扱いで、テレビでの披露も、カウントダウンTVスペシャルでの一回のみ。
 (まあ、キリンとカンロじゃ、企業規模は比べるまでも無いけれどね)

 なのに契約が継続ということは、カンロさんが宣伝キャラクターとしてのPerfumeを、気にいってくれているということなのかな。

 なんにしろ、ファンとしては嬉しいことなんで、こりゃ、昨年以上に「ピュレグミ」を食べないといかんですね(笑)。

 CMの放送も始まったみたいだし、またカンロ本社正面に、Perfumeのパネルが飾られるかな?
 余裕があったら、仕事帰りにでも寄って、確かめてきます(笑)。

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。