スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume★ドームツアー「LEVEL3」レビュー

 今回のドームツアーですが、最終的には全4公演の内、大阪京セラドーム1公演と、東京ドーム2公演に参戦しました。
 大阪と東京の最終日はスタンド席から、東京初日はアリーナからで、全てファンクラブ席です。
本音を言えば、全てアリーナから観たかったですが、まあ色々な位置から観ることができたので、総括的レビューを書くには適しているかな、と自分を納得させて(笑)、では書かせてもらいます。


  ★

 まず、大阪の会場に入って驚いたのは、そのステージの形。
 僕の頭の中には、あの2010年の東京ドームの十字型のステージのイメージが強く残っていたので、てっきり今回は、それに手を加えるような形になるんだろうと、なんとなく思い込んでいたんですよね。
 それが全く違った。

 正面奥があくまでもメインステージで、その前に、ちょっと変わった形のサブステージ群とキャットウォークが広がる形。
 よく見ると、09年のトライアングルツアー、そして11年のJPNツアーのステージの拡大変形版ということが、分かってくる。
 いや、アリーナ席後方に(最初は幕で隠してあるけど)さらにサブステージがあるということは、JPNの埼玉スーパーアリーナ公演の進化版かな。

 2010年東京ドームは、とにかく広い会場だということで、隅々の観客にも近づけるようにと、キャットウォークを十字に思い切り広げたのはいいけれど、その結果、3人のパフォーマンスが拡散してしまった、という問題があった。
 その時の反省(?)を生かし、今回のツアーも会場の規模は大きいけれど、無用なチャレンジはせず、これまで自分たちがやってきたスタイルをベースとしたライブをしよう、というチームPerfumeの意図が、このステージからだけでも読み取れるような気が。

 結果から書いてしまうと、このステージセットは、ある意味成功だったと思います。
 サブステージ間の距離も、各所にPerfumeの3人が散っていても、2010年の時よりは近く、お互いがお互いのパフォーマンスを確認しながらやっている感じだったし、観客の側も、例え一人に目が行っていても、他の二人をなんとなく意識できるような、ぎりぎりの距離感。
 ちょっと面白かったのは、MCの時に、サブステージの端と端に散った三人が、マイクを通さずに肉声で、お互いを呼び合うというおふざけをやっていたこと。
 そんなことは、2010年の時はできなかったでしょうね、恐らく。

 ただその結果、パフォーマンスの中心軸というか重心は、どうしてもアリーナ前方に偏ってしまったのは否めない。
 それはもう、肉体で実感しています。
 東京初日、僕はアリーナCブロックにいたけれど、まるで天国の真っ只中にいるような感じでした。常に自分が大きなPerfumeワールドに包まれているような感覚。
 それと比べると、スタンドにいた残り二日は、その天国を外から眺めている感じ、とでも書けばいいかな。
 それくらいの差です。
 さっきも書いたアリーナ後方のサブステージやら、移動するパフュームカーもあったけれど、それで補填できるような差じゃない。

 でもまあ、しょうがない。Perfumeがドーム規模の会場でライブをやるなら、今回のようなステージセットが、最善の方法なんでしょう。
 僕はこのブログに何回か書いているけれど、そもそもドーム会場という場所が、Perfumeのパフォーマンスにとって良き会場ではない、という考えには変わりありません。
 仮に今回のステージセットを、横浜アリーナクラスの会場に持ち込んでライブをやったとしたら、会場全体が天国になりますよ、それは間違いない(笑)。

     ★

 さて、物理的な会場の話は終わりにして、後は中身のこと。

 ファンの多くが分かっていたし、Perfume本人たちもライブ中のMCで語っていた通り、今回のドームツアーは、アルバム「LEVEL3」の楽曲が、セットリストの大半を占めておりました。
 いや、正確には、ドームツアーのサウンドトラックとして、「LEVEL3」が作られたようなものだから、そうなるのも当然か。

 ただ、「LEVEL3」は発売時、珍しくもPerfumeサイドから「ダンスミュージックアルバム」と宣伝されていたので、
「こりゃあ、ドーム会場を、レイブパーティみたいにしてしまう気なのかあ?」
と、僕は事前に変な期待を持っていたのですが(笑)、そうではなく、観客の下半身を動かせるというよりは、どちらかと言えば視覚に訴えるライブになっていたなあ、というのが正直な感想であります。
(大阪では事前に「ジャンプしないで下さい」という注意書きまでもらっていたし(笑))

 あの「PartyMaker」も、「こいつで客を煽りに煽って、ドームを巨大クラブにするつもりなんだろう」と事前に思ってたんですが、実際は、派手な仕掛けを使った完全な視覚重視のスペシャルステージでした。
 いやね、正直、「PM」を使って、新たなPTAコーナーを作るんじゃないか、くらいの予想を立てていたんですがね、まあハズレです。
 (東京公演の前々日に、クラブageHaでヤスタカ先生が「PM」をかけていたのですが、その時の方が、よほど観客は踊り狂っておりました。ま、当たり前か(笑))

 ライゾマティクスがスタッフに加わって以降、視覚効果に重きを置くようになったPerfume。
 三人の繊細なコレオグラフなど観客席から観ることのできない、ドーム公演ならなおの事、その視覚効果の数々に、様々な工夫を施し、かつかなりの完成度で持ってきたのは、まあさすがと思います。
 その場、つまり会場にいるファンの3D映像を速攻で作成して、それをやはり映像のPerfumeがつまみあげる、なんていうライゾマさんらしい仕事には、まあ正直驚きました。
 (例のヨーロッパ等で披露した、プロジェクションマッピングも、やはり持ってきましたね。映像では散々観てきたはずなのに、改めて生で観ると、その美しさには圧倒されます。ただし、近くから、という条件付きですが。遠方のスタンド席からだと、ああ、やってるなあ、くらいで、ちょっときつい)
 
      ★

 そんな視覚効果満載のライブでしたが、さて、振り返ってみると、自分の頭に残っているのは、いつものグダグダトークだったり、PTAコーナーだったりしているのが、不思議です。
 いや、今回のドームツアーが、それだけPerfumeらしいステージだった、ということなんでしょうね。

 中田ヤスタカの斬新な音楽があり、MIKIKO先生の天才的な発想のコレオと演出があり、スタッフの持ち込む最新鋭の技術がその背景を支えているせいか、Perfumeというのは「常に時代の先を行っているグループ」みたいな印象もありますが、一方で、とても保守的な面もあるグループなんだよなあ、ということを、今回のツアーで改めて認識させられました。

 あれだけの新しい技術、演出、音楽を取り入れながらも、じゃあそれで、むちゃくちゃな新しいライブをやろう、ということは絶対にしない。
 長い時間をかけて彼女たちが築き上げてきたライブの「スタイル」が、ガンとしてその土台にあって、それさえ守れれば、最新テクノロジーやらなんやらはトッピングとしてどうぞ、的な堅実さ。
 その「土台」がぐらつきそうになったからこそ、あの「2010東京ドーム」で彼女たちはテンパってしまったんでしょう。
 海外公演が、望まれながらも、その実現までこれだけの時間がかかってしまったというのも、その「土台」が海外でも成立できるか、確証がなかなか持てなかったから。
 今回のツアーは、入念な準備の上に「土台は揺らがない」という確信を得られたからこそ、まるでレギュラーライブのようなあのリラックス感が生まれていたんでしょう。

        ★

 最後に、ないものねだりを承知で、ちょっと言わせれもらえば、失敗覚悟でいいんで、これまでのライブスタイルを捨てた、新しいライブなんてものに挑戦してもらいたい、という気持ちもあります。

 いや、チームPerfume自身も、そういうことを考えていない?

 今回のドームツアーのラスト.
 あえてアンコールというお約束ごとを捨てた「DreamLand」に、ちょっとそういう匂いを感じたんですが(笑)。

 まあ、ドーム公演のような「絶対に失敗できない」ライブじゃ、冒険もしづらいので、小規模なライブで、例えば昨夏の「氷結サマーナイト」みたいな舞台を作って、なんかやらかしてもらえまんかね。


    ★    ★    ★


 ちょっと、今回のライブで気になったこと。

 東京最終日の最後、西脇さんがMCで、(正確な言葉は忘れたんだけど)また「Perfumeを見捨てんでね」的なことをポロっと漏らしていたんですよね。
 (09年の代々木体育館ライブでの発言の、デジャブですわ)

 まあ、やたら元気で自信満々だと思ったら、急に不安な表情を見せたりというのは、あの方にはよくある事なんで、あまり気にしてもしょうがないですが。

 ご本人が唱えている例の「25歳理論」までもうじきだ、ということも、ちょっと気にはなっていますが、こうなったら景気づけに、「25歳記念生誕祭」みたいになバカ騒ぎライブでも、PTAを集めて決行してくれませんかね。
スポンサーサイト

Perfume★京セラドーム大阪公演 レポート?

 え~、大阪遠征をしまして、Perfumeの「京セラドーム大阪公演」を観てまいりました。

 レポートというか、ざっとした感想などを書きたいと思いますが、いつもの通り、事務所サイドから「ネタバレNG」のお触れが出ていますので、できるだけ具体的な内容には触れずに、ちょっと書いてみます。

 また、あくまでも白紙の状態で、「東京ドーム」公演に臨みたいという方は、パスして下さい。
 よろしく。


      ★    ★       ★


 さて、3年前の2010年の「東京ドーム公演」。
 
 僕はあのライブを、ボクシングに例えれば、まだ経験の足りない若手のボクサーが、初めて世界チャンピオン戦に挑戦したようなものだったと考えています。
 (チームPerfume全体が若手ボクサー、ということですが)

 とにかく大舞台だし、相手はこれまで戦ったことのない強敵だしで、なんとか相手を倒そうと、大振りのパンチを繰り出すのはいいけれど、いつの間にか自分のファイティングスタイルを見失って、終わってみれば、どこか力及ばず……。


 いわばその時のリベンジである今回のドームツアーは、過去の反省を生かして、(またボクシングに例えれば)「とにかく自分たちのスタイルをしっかり保って戦おう」とチームはまず考えたんじゃないんでしょうか。
 ガードもしっかり作って、その上で、確実で自信のあるパンチを、ひとつひとつ打っていこう、的な(笑)。
 (なぜそう感じたか、詳しいことは今回は書けませんが)

          ★

 そして、この3年間のチームPerfumeの経験の積み重ねも、やはり大きかったかな。
 
 とくに印象的だったのは、あのドームクラスの会場独特の歓声に対する処理。
 例の「わーっ」というよりは、「ゴーッ」と表現した方がいいような、アレに対する対応。

 おそらく3年前は、その不慣れな歓声に圧倒され、もしくは恐怖感すら感じ、観客と丁寧にコミュニケーションをしていくという、彼女たちのペースが完全に乱されていたように感じました。
 けれど今回は、なんと、その「ゴーッ」感を、逆に遊んでしまうという、たくましさを見せてくれました(笑)。

 それだけで、「ああ、Perfumeも大きくなったんだなあ」と。

          ★

 さらに、一発勝負でなく、4回公演というのも大きいというか、そういう「余裕」を生み出せた要因のひとつなんでしょうね。
 なにかうまくいかないことがあっても、残りの公演で修正できる、という。

 いや、実際のところ、チームPerfumeは,この大阪公演での客の反応を見て、次の東京ドーム公演では、何らかの変更や修正を加えてくるだろうことは、間違い無いと思います。

 3年前は初顔合わせだった「ライゾマティクス」とのコンビネーションも、さすがにこなれたものになってきているし。

          ★

 さて、今回の大阪公演を、自分はスタンド席から見たのですが、予想はしていたのだけれど、まあPerfumeの3人が遠い、遠い(笑)。

 双眼鏡も持っていったのだけれど、それでもステージ上の彼女たちの表情を確認することすらできず、途中からは使うのをあきらめて、ビッグスクリーンの映像頼り‥‥(苦笑)。

 そういう理由もあるし、(またまた詳しく書けないけれど)他の理由からも、今回のドームツアーは、絶対にアリーナ席の方がいい! と個人的には思いますわ。

 3年前の東京ドームの時は微妙で、アリーナが絶対いいとは言い切れなかったけどね。


 ‥‥つうか、まだ「東京ドーム」のチケットは届いてない。
 ここまで煽っておいて、再びスタンド席だったら、ははは‥‥。


Perfume★「Sweet Refrain」PVが(shortで)公開!


 「Sweet Refrain」のPVが(shortバージョンだけど)公開!


    ★

  やばい!

  久々にPerfumeのPVで興奮しました!
 

  これは関さんの監督作品か?

  もともとPVの品質レベルはやたらと高いPerfumeだけど、これはその中でも
 最高傑作の部類に入るんじゃないか?

  ‥‥と、ショートを観ただけで思わせてしまうほどの出来!


  初め、アーティストフォトが公開されたとき、その紫のドレスのような衣装は、
 この曲のイメージに合わないんじゃないかと思ったのだけれど、なるほど、この
 映像でこの衣装なら、完全に納得です。

  いやあ、早くフルバージョンが観たい!

Perfume★新曲「Sweet Refrain」フルOA!


 ついに新曲「Sweet Refrain」が、PerfumeLocksでフルOAされた!

 いやあ、やっぱり素晴らしいです、この曲は。

 ドラマの主題歌にふさわしいキャッチーで素晴らしいメロディを持ちながらも、思わずフロアを蹴って踊りたくなるようなダンスミュージックにもしっかりとなっている。

 まさに、カラオケで歌って良し、クラブで踊って良し、ライブで騒いで良しの、万能Perfume印ポップミュージック。

 「Magic of Love」がリリースされた時、多くのファンが「王道Perfumeソングが戻って来た」という感想を持ったようだけれど、今の時点で振り返ると、あの曲はちょっと大人し過ぎたかなあ‥‥。
 ‥‥そんな風に思わせるほど、この新曲は、僕の心と身体を熱くしてくれます。

    ★

 Perfumeのいわゆるシングル曲で、これほど興奮させられたのは、なんだか随分と久しぶりのような気がします(笑)。

 「悪くはないんだけど、カップリング(B面)曲の方が、興味深いよなあ」
 「やっぱ、Perfumeはシングルよりもアルバム曲だよなあ」

 ‥‥なんていう感想を、ずっと抱き続けてきたような気もしますわ。


 一方で、ヤスタカ先生はきゃりーに対して、「ファンションモンスター」のような、百点満点の「ポップ」ミュージックを提供していたわけで、
 それを横目で見ながら、
 「もうヤスタカ先生は、「ポップ」はきゃりーに任せて、Perfumeは「アート」方向なんかなあ」
 とちょっと諦め(?)に似た感情を、感じていたのも事実です(笑)。

    ★

 でも、ここに来て‥‥

 というか、あの「LEVEL3」を発表した直後というタイミングで、こんな「ド」の字が着くポップな曲を、ガツーンとかまして来てくれるなんて、相変わらず先の読めないお方です、ヤスタカ先生は‥‥。


 ラジオでPerfumeが、

 「長澤まさみさんの主演ドラマの曲だから、ヤスタカ先生が張り切って作った」

 なんていう冗談を言っておりましたが、それに乗っかると、なるほど、「長澤さん」に刺激されたヤスタカ先生の男性ホルモンが、この曲の素晴らしい推進力を生み出したのかもしれないです。
 
 ‥‥なんてね、ははは(笑)。


 ‥‥というか、マジでそういうことなのかもしれない、という気もちょっとはするのが、怖い(笑&汗)。

CAPSULE★NEWアルバム「CAPS LOCK」レビュー

 これまで、PerfumeのアルバムとCAPSULEのアルバムが、ほぼ同じ時期に発表されるということは無かったわけです。
 
 めったにない、この2大ヤスタカワークスの天文学的大接近(?)に、僕は大いなる興味を抱いていたのですが、果たして‥‥

    ★

 正直言って、Perfumeの「LEVEL3」の発売直後は、「「LEVEL3」と「CAPS LOCK」は、非常に似た雰囲気の作品になるのでは?」と推測しておりました。

 なぜなら「L3」は、ここ数作のCASULEのアルバムで得た成果を、ごそっと盛り込んだような内容になっていたからです。
 それにより、ついに(?)PerfumeとCAPSULEの世界は共通項を見出し、兄弟(姉妹)のような関係を結ぶのではないか、と。


 ‥‥ところが、目(耳)の前に現れた「CAPS LOCK」は、「L3」とは似ても似つかぬ音世界を持った作品だったわけです、これが。

    ★

 正直、衝撃的でありました。

 アルバムを埋め尽くすのは、余分なものを全てそぎ取ってしまったような、「純音楽」とでも呼びたくなるようなコアな作品群。


 「きゃりー」がヤスタカワールドに登場してから、ヤスタカ先生はその内なるポップな部分というか、コマーシャル(商業主義)な部分のほとんどを、彼女に捧げてしまったのは、分かっておりました。

 一方で、クラブミュージック(ダンスミュージック)の追求は、ずっとCAPSULEの役目だった訳で、ここ最近、Perfumeはその中間地点のような場所で、振り子のように揺れ動いていたようにも感じます。


 しかし、ヤスタカ先生は「LEVEL3」で、そのクラブミュージックな部分すらも、Perfumeに全て投げ与えてしまったのか。

 そうとでも思いたくなるほど、「CAPS LOCK」の音楽たちは、ライブ会場やらクラブでかかることなど全く想定されていない、恐ろしくパーソナルな「作品」になっている。

 そうなんですよね、「歌」とか「曲」ではなく、「作品」と呼びたくなるような音楽ばかり。

   ★

 今や、J-POP界の2大モンスターとなってしまった、きゃりーとPerfume。

 その双方に楽曲を提供し続けるということがどんなことなのか、素人のボクには完全には想像がつきませんが、恐らくいろんな人間が、いろんなことを言ってくるだろうということは、分かるような気がする。

「ああ、分かってますよ。あの白い犬のCMに打ち勝つような、キャッチーなCMソングが必要なんですよね」
「2大ドーム公演で盛り上がるような楽曲が欲しい? OK,、OK、任せて」

 ‥‥なんて言うのは、まだいい方で、いらないプレッシャーをかけるようなことを言ってくる人間だって、きっといるはず(笑)。

 そういう外野の声を消化しつつ、それらの「仕事」をきちんとやり終えたあと、

「もういいだろ。好きに、やりたいようにやらせてくれよ」

 とばかりに、楽器(PC)の前に座り込んだ結果、この「CAPS LOCK」は出来上がった。
 ‥‥なんて、勝手に僕は想像しています(笑)。

 いわゆる「ポップミュージック」やら「ダンスミュージック」の縛りからは完全に開放されて‥‥
 どころか、「CAPSULE」であることからも、自らを開放してしまったようにさえ、ボクは感じる。
 (だから、こしじまとしこさんのヴォーカルさえ、もはや楽器の一部)

 ただの「音楽作品」がそこにあるだけ。

 あれだけおしゃれに決めていたジャケットも、今回はだたの白黒の「C」一文字。
 曲名も、「SHIFT」「ESC」「SPACE」と続くように、もはや意味を成していない。
 付けただけで、曲名と内容は、もはや何の関係も無し。

 まるでそれ以上は「音楽の邪魔になる」とでも言うように。

 そして、「音楽家」中田ヤスタカのコアにあるものがどんなものなのか、僕らは知らされる。

    ★


 ここからは「感想」。

 この「CAPS LOCK」に含まれている「音楽作品」群が、どれもこれも、僕の耳にはとても心地よい。

 正直に告白してしまおう。

 純粋に「聴く」音楽アルバムとしてなら、「LEVEL3」よりも、この「CAPS LOCK」の方が、僕にとっては遥かに刺激的で、同時に気持ちがいい、です。

 (まあ、Perfumeのアルバムというのは、所詮「ライブのためのサウンドトラック」であり、恐らく「LEVEL3」の真価は、12月の京セラドームで観せてもらうことになるんだろうけれど)

 もし、Perfumeの三人だけでなく、中田ヤスタカという人が作る音楽に少しでも興味のある人ならば、このアルバムは必聴です。

プロフィール

Cap-G

Author:Cap-G
Perfumeファンブログです。

アイドルになど興味が無かったはずなのに、いつの間にやらファンクラブ会員。

愛するもの
 →スノーボード、夜のドライブ、野良猫、そしてPerfume

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。